Checkra1nのiOS 15.x対応はクリスマス以降に作業開始か?開発メンバーであるSiguza氏が報告

(14)

BootROM Exploitを利用した脱獄ツール「Checkra1n」ですが、iOS 15.xへの対応は行われておらず、現時点ではiOS 15.xの脱獄は不可…という状態に。
この点について、Checkra1nの開発メンバーであるSiguza氏より気になる報告が行われています!

スポンサーリンク

Checkra1nのiOS 15対応は…

Checkra1nで利用されているBootROM Exploit「Checkm8」はiOSアップデートによる修正が不可能なため、A11以下のデバイスではバージョン問わず実行することが可能です。
ただし、iOS 15.xではファイルシステムに変更が入っており、これが原因となってCheckra1nでの脱獄が現状不可となってしまっています。

ファイルシステムの変更って?

iOS 15.xではファイルシステム(rootFS)に変更を加えるとデバイスがクラッシュし、DFUモードへ移行してしまう…という仕様になりました。
そのため、iOS 13 / 14の脱獄で利用されていたrootFSの再マウント手法がそのままでは使えなくなってしまった…という状況となり、iOS 15.xでは新たな手法が求められていました。

Siguza氏から報告

この点について、Siguza氏よりDiscordにて解説が行われており、対応についても報告が行われています。
それによれば、現時点ではSSH関連は解決した状態まで来ているそうで、まだ必要な作業や確認作業は残っているものの、あと1週間程度の作業で完了できると考えている様です。

upcoming-checkra1n-support-ios15x-done-5-7-days-but-least-until-christmas-siguza-1

ただし…

ただし、Siguza氏は「少なくともクリスマスまでは時間がない」とのことで、実際に続きの作業が開始されるのはクリスマス以降になりそうです。

この問題…どうなるか不安だったところなのですが、とりあえずどうにかなりそうで…良かった!
とりあえずCheckra1nが先行して本問題を解決してくれれば、別のExploitがリリースされた際など、Unc0verやTaurineといった脱獄でも流用できる可能性もあるため、そちらへの期待も…しちゃうよねっ!

コメント

  1. ハード面の問題だから修正のしようがないとされてたけど、appleもあの手この手で手こずらせてるな

    • システムが変更されてもrootは取れるが変更できないというもどかしさ

  2. 圏外病のiPhone 7最新バージョンで初期化してアクティベーション出来なくて初期画面で立ち尽くしてる
    Checkra1nで何とかならんかなと期待して待ってる

    • 勘違いしてると思うんだけど
      Checkm8の脆弱性自体はあるから
      checkm8-nonce-setter使えばiOS脱獄しなくてもダウングレードできるよ

    • 昨日調子悪くてアクティベーションに10分はかかった

  3. Siguzaさんもクリスマスは忙しいよな…

  4. おー!

  5. 春よ来い。

  6. 問題はA15で使えるか…

    • A11までしか使えないので無理ですよ

  7. 14.3 iPhoneXが再起動でりんごになり、15.1で正座待機中!
    早く来い来い、Checkra1n!!

  8. iPhone7で最近unc0verからcheckra1nに変えたけどkernel_taskがメモリ爆食いする既知のバグあるらしいからそれも直るといいな

  9. 1月後半なっちまったぜがんばれ

    • やっぱ開発者忙しいのか

タイトルとURLをコピーしました