【checkn1x】Windows機でも使用可能な「Checkra1n」用LinuxをUSBメモリに作成する方法

(98)

USBメモリにLinux環境を作成し、そちらからBootROM Exploit脱獄ツール【checkra1n】を使用する…といえばbootra1nがありますが、不具合が出ていたりなど、少し不安定な場面も。

そこで、比較的安定しており、最近の主流となっている【checkn1x】についてご紹介…!
bootra1n同様にUSBメモリにcheckra1n用Linuxをインストールし、Windows機でも実行出来るようになっています。

スポンサーリンク

checkn1x

checkn1x】はbootra1n同様、checkra1nを使用するために必要最低限のLinux環境をパッケージ化した、低容量のcheckra1n用Linuxといったイメージの物です。

Windows機でも、USBメモリにインストールしたcheckn1xを起動することでcheckra1nが使えるため、MacやLinux環境を持っていないという方にオススメ!

使用環境

checkn1xは「IntelもしくはAMDのCPUを搭載したパソコン」で使用することが可能です。
インストールに使用するUSBメモリは「256MB以上のUSBメモリ」であれば、使用可能な様です。

今どき256MBのUSBメモリを買うほうが高く付くので、16GBで800円程度の物や、本記事中で使っている1000円程度の【Team USBメモリ 64GB USB3.1 / USB 3.0】辺りがコスパ的にもオススメかなと思います。

必要なファイルをダウンロード

以下ファイルが必要なので、ダウンロードを行っておきましょう。

  • 【checkn1x本体】:checkn1x-1.1.7.iso(解凍などを行わず、そのままISOファイルとして使用します)
  • 【USBメモリへ書き込むソフト】:Rufus
    *ちなみに、Rufusはインストール不要のPortable版を使用しています。上記リンク先【Rufus 3.12 Portable】よりダウンロード可能なので、こちらが便利です。

USBメモリにcheckn1xを書き込み

書き込み作業は初回のみ行っていただければ、次回以降は不要で起動する事が出来ます。

checkn1xの書き込み推奨ソフトはEtcherなのですが、書き込み後の挙動に困惑される方も多いようなので、今回はRufusを使用していきます。

① 書き込む設定

Rufusを起動し「デバイス」よりcheckn1xを書き込むUSBメモリを選択してください。
続いて「ブートの種類」の右側「選択」より、checkn1xのISOファイルを選択しましょう。
その他の部分は初期設定のままでも大丈夫です。気になる部分は以下画像を参考にしてみてください。

設定が完了しましたが、最下部「スタート」を選択し、書き込み作業を開始しましょう。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-2

② ポップアップ

書き込みを実行するといくつかポップアップが出現しますので、それぞれ選択していきます。

ハイブリッドISOイメージの検出」というポップアップが出現しましたら、【DD イメージで書き込む】を選択してから、【OK】を選択。
初期状態では「ISO イメージで書き込む」が選択されていますが、こちらではうまく動作しませんので、ご注意ください。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-3

最後に確認として「USBメモリのデータを削除していいか?」とのポップアップが出現しますので、大事なデータが入っていないことを確認した後、【OK】で続行してください。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-4

③ 完了!

環境にもよりますが、それほど時間がかからずに書き込み作業が完了するはずです。
完了すると画面下部の「準備完了」と書かれている背景が緑色になりますので、それまではUSBメモリを抜いたりせず、じっとお待ち下さい。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-5

checkn1xを起動する

作成したUSBメモリからcheckn1xを起動する…のですが、Boot MenuはPCにより操作方法が異なるため、本記事で一番の難関がここかな…と思います…。

① Boot Menu

PCを再起動し、Boot Menuから作成したUSBメモリを選択します。

最近のPCであれば、起動直後の画面内に「F12 = Boot Menu」などの表記があるPCも多いです。この表記の場合は「F12」キーを押すことでBoot Menuが表示されます。
ただし、PCメーカー等により「F11」や「F9」などキーが異なるため、注意が必要です。ちなみに、私のPCでは「<F11> to run boot menu」とあるので、「F11」キーを押す…ということになります。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-6

Boot Menuが表示されましたら、先程checkn1xを書き込んだUSBメモリを選択してください。
こちらの名称もPCやUSBメモリで異なるため、「USB〇〇」などの名称を頼りに探すとイイかなと思います。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-7

ちなみに、Boot Menuの無いPCも存在します。
この場合はBIOSを起動し、そこからBoot優先順を変更してあげましょう。USB Diskなどを優先1位にしておく必要があります。
分からない場合は「PCメーカー名&BIOS」などで検索すると、解説が出てくるかなと思います。

② 起動!

USBメモリでのブートに成功すると、checkn1xが起動してくれます。
起動中は何やら文字が出たり消えたりしますが、「Welcome to checkn1x」と表示されれば起動完了です。
ちなみに「Connected USB devices:」以下の文字列はPC環境により変化するので、画像と違っていても気にしないで大丈夫です。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-8

脱獄方法

① checkra1nの起動

Checkra1nを起動するには、キーボードの【Alt + F2キー】を同時押しするだけです。
その他のコマンドもありますが、とりあえずはこの組み合わせを覚えておけばcheckra1nを起動して使用可能。

② デバイスを接続

デバイスをPCへUSB接続し、checkra1n画面上部にデバイス名&バージョンが表示されているのを確認しましょう。
確認が出来たら「Start」を選択&エンターにて次へ進めます。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-9

③ リカバリーモードへ

続いて、一旦リカバリーモードに入ります。リカバリーモードへは「Next」を選択&エンターを押すだけで、自動的に入ってくれます。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-10

④ 指示に従いながらDFUモードへ

リカバリーモードに入ると、次はDFUモードに入る作業となります。
Start」を選択&エンターを押すと、画面上にDFUモードへ入るための手順と秒数カウントが表示されるので、それに従えば大丈夫!
DFUモードに入ると画面が真っ暗のままとなります。途中でリンゴマークなどが表示された場合は失敗ですので、リカバリーモードに入る作業からやり直しましょう。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-11

⑤ 完了まで待機!

DFUモードに入れますと、あとは自動で作業が進みます。デバイスや環境により少し時間がかかるので、じっと待機!
デバイス側ではリンゴマーク上にダッと文字が表示されますが、仕様です。安心してお待ち下さい。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-12

エラーなどが出ず、最後に「All Done」と表示され、デバイスが起動すれば、PC側での作業が完了です。
デバイス側でCydiaをインストールする作業に移りましょう。

howto-install-checkn1x-checkra1n-jailbreak-linux-for-windows-pc-13

終了するには?

checkn1xを終了する方法ですが、キーボードから【Ctrl + Alt + Deleteキー】を同時押しすると、PCが再起動されます。

連続使用にご注意

Linux版checkra1n自体の問題でもあるのですが、連続使用するとエラーが出てしまう場合があります。そのため、1度使用したら、一旦PCを再起動してからやり直しましょう。

Cydiaをインストールする

続いて、デバイス側でインストーラー(Cydia)を導入する作業になります。

① checkra1nアプリを起動

デバイス側のホーム画面に「checkra1n」というアプリが追加されていますので、こちらをタップして起動しましょう。

howto-checkra1n-beta09-bootrom-exploit-jailbreak-tools-9

② Cydiaをインストール

Cydiaを選択し、続いて「Install Cydia」をタップ。
すると、Cydiaのファイルダウンロードとインストール作業が始まります。完了するまでアプリを閉じない&スリープしないように待機してください。

howto-checkra1n-beta09-bootrom-exploit-jailbreak-tools-10howto-checkra1n-beta09-bootrom-exploit-jailbreak-tools-11

③ お疲れさまでした!

ホーム画面にCydiaが追加されていれば…全ての作業が完了です。あとは好きなようにCydiaから遊びましょう!

howto-checkra1n-beta09-bootrom-exploit-jailbreak-tools-12

デバイス再起動時の注意点

checkra1nは「半紐付き脱獄(Semi-tethered jailbreak)」と呼ばれる仕様になっています。こちらの仕様としては、以下の様な特徴があります。

  • デバイスを再起動すると、脱獄状態が解除され、未脱獄のiOSとして起動
  • 再度checkra1nを実行するまでは、脱獄アプリは動作しません
  • checkra1nの実行後は、脱獄環境のiOSが起動する
  • 再起動前の環境(アプリやデータ、脱獄アプリのインストール状況)などは全て保持される

再起動後は

デバイスを再起動した際は、再度checkra1nを実行&デバイスをDFUモードへ入れ、脱獄作業を行ってください。
これで脱獄環境へ戻る事が可能です。

ちなみに、この際にはCydiaのインストール作業は不要で、脱獄アプリなどのそのまま復帰します。

コメント

  1. 助かりました ありがとう

タイトルとURLをコピーしました