【終了】まだ「iOS 15.1」へのアップデートがまだギリギリ可能!遅延OTAアップデートをする方法

(103)

追記90日遅延の期限切れとなり、本手法を使ったiOS 15.1へのアップデートは不可となりました。
【終了】「iOS 15.1」への遅延アップデート手法が期限切れとなり、使用不可に

ここ最近iOS 15.0〜15.1(15.1.1)向けExploitの公開で話題が持ちきりとなっていますが、こうなってくるとiOS 15.1へ今からアップデート等が出来るのか?が気になるところ…。

既にiOS 15.1のSHSHは発行が終了しているのですが………遅延OTAアップデート手法を使えば、まだギリギリiOS 15.1へのアップデートが出来るよ!
ということで、今回は基本的な方法である…脱獄環境から遅延OTAプロファイルを使用してiOS 15.1へアップデートする流れをご紹介したいと思います。

ちなみに、iPhone 12 / 13シリーズではiOS 15.1(15.1.1)への遅延OTAが出来ない状況となっていますので、この点はご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iOS 15.1へのアップデートはまだ可能

iOS 14.x時代から一般的となった手法「遅延OTAアップデート」ですが、そちらが今回も使用可能で、まだギリギリiOS 15.1へのアップデートが行える状況です!

howto-ios151-delayed-ota-mdm-limit-20220313-2

3月13日まで!

iOS 15.1へ遅延OTAアップデートが行えるのは【2022年3月13日 午前9時まで】となっており、サーバーエラーなどの事も考えると…10日辺りまでに完了しておくのがオススメです。

ただし、現在iOS 15.1の脱獄はリリースされておらず、あくまで「Exploitが公開された」という状況です。そのため、確実にiOS 15.1脱獄が登場する…とは言い切れません。
この辺りと期日を考えつつ、実行する様にしてください。

iPhone 12 / 13シリーズは不可

また、iPhone 12 / 13シリーズだけは「iOS 15.1.1」がリリースされており、通常であればこれらデバイスではiOS 15.1.1へ遅延OTAアップデート…となるのですが、何故かiPhone 12 / 13シリーズで遅延OTAアップデートが行えない状況となっています。

iPhone 12 / 13シリーズ向けのiOS 15.1遅延OTAアップデートも終了となっているため、現状これらデバイスでは公開されたExploitが使用できるバージョンへの遅延OTAアップデートは不可となってしまっています。

条件

遅延OTAアップデートが行える条件として、以下のような環境に現在居る必要があります。

  • iOS 11.3〜15.0.2までのバージョンを使用中(iOS 15.2などからのダウングレードは不可です)
  • Futurerestoreなどを使用し、正規バージョン以外のSEPを使用していないこと(iOS 15.0.2以下のSEPであれば可能かも…?)

iOS 15.1へ遅延OTAアップデートする方法

手法はいくつかあるのですが、脱獄環境から行うのが一番手っ取り早いため、今回ご紹介する手法は「脱獄している状態」から実行していきます。

もし、未脱獄からの実行したい…という方が多いようであれば、そちらの方法についても別途記事にてご紹介したいと思います。

バックアップを行いましょう

まずは、安全のため…何かしらの問題でアプリ等のデータが消えてしまっても大丈夫な様に、必ず実行前にバックアップを取るようにしましょう。

① SupervisedEnablerをインストール

CydiaやSileoなどへ以下のリポジトリを追加後、【SupervisedEnabler】をインストールしてください。
ちなみにSupervisedEnablerはMYbloXXでも代用可能なので、お好きな方をご使用いただいて大丈夫です。

https://cydia.ichitaso.com/

howto-delayed-alternate-ota-update-to-ios148-from-under-ios13x-dallas-3

インストール後は設定アプリを起動し、最上部に「このiPhoneは監理/管理されています。」と表示されているかを確認してください。

howto-ios148-ota-update-without-shsh-mdm-limit-20220109-5

② プロファイルをインストール

続いてSafariより【Delayed OTAs】を開き、目的のプロファイルをダウンロードします。
今回はiOS 15.1へのアップデートが目的ですので、「iOS (all other non-legacy devices)」項目にある「iOS 15.1 (19B74)」が目的のものです。
Download profile』ボタンよりプロファイルをダウンロードしてあげましょう。

howto-ios151-delayed-ota-mdm-limit-20220313-3howto-ios151-delayed-ota-mdm-limit-20220313-4

ダウンロードされたプロファイルは設定アプリ内に追加されますので、設定アプリを開き、上部の「プロファイルがダウンロード済み」項目からインストール作業を指示通り進めてください。

howto-ios148-ota-update-without-shsh-mdm-limit-20220109-9howto-ios148-ota-update-without-shsh-mdm-limit-20220109-10

③ OTAアップデートのブロックを全て解除

環境に合わせてOTAブロック解除を行う必要があるのですが、環境によりそれぞれバラバラだったりします。
そこで一括でOTAブロック解除を行ってくれる『OTAEnabler』をインストールするのが便利で、楽ちんです。
Cydia等に以下リポジトリを追加後、「OTAEnabler」をインストールしましょう。最後にデバイス再起動が指示されますので、従いデバイス再起動を実行してください。

https://repo.cadoth.net/

howto-ios148-ota-update-without-shsh-mdm-limit-20220109-11

④ OTAアップデートを確認(まだ実行しないで!)

設定アプリ > 一般 > ソフトウェア・アップデート項目を開き、表記が「iOS 15.1」となっているのを確認してください。この時点でiOS 15.1以外の表記になっている場合は、設定アプリを開き直す、先述までの作業をやり直してみる…などを試してみてください。

また、この時点ではOTAアップデートを実行しないようにご注意ください!!

howto-ios151-delayed-ota-mdm-limit-20220313-5

⑤ 入獄する

脱獄したままOTAアップデートは非常に危険ですので、この状態のまま一旦入獄します。入獄方法はいつも通りで、以下記事を参考にしてみてください。

*Unc0verで入獄する際、オプションの【Block Auto Updates】をオフにしてから実行してください。オンになっているとOTAブロックが復活してしまいます。

⑥ iOS 15.1へOTAアップデート!

きちんと入獄作業が完了したのを確認した後、設定アプリ > 一般 > ソフトウェア・アップデート項目より、OTAアップデートを実行します。
表記が「iOS 15.1」となっているのを確認したら、「ダウンロードしてインストール」ボタンよりアップデートを実行してください!

howto-ios151-delayed-ota-mdm-limit-20220313-6

また、この際エラー等が出る場合がありますが、ネットワーク状況などが原因という事も考えられるため、何度か再実行してみてください。
「アップデート準備中」で止まってしまった場合は、一度設定アプリ > 一般 > ストレージ項目からOTAアップデータを削除し、ダウンロードからやり直すとうまくいく場合が多いです。

完了!!

じっと待ってOTAアップデート作業が終われば…完了です!

howto-ios151-delayed-ota-mdm-limit-20220313-7

監理表示が残るけど、気にしなくてオーケー

OTAアップデート完了後も設定アプリ上部には「このiPhoneは監理/管理されています。」の表示が残ります。
これは一旦データリセットを行えば消えるのですが、脱獄が可能になれば「SupervisedEnablerをインストール&削除」で消すことが出来ますので、それまでは気にしないでもオーケーです。
表示が残っていたとしても、気になるなぁ…程度でこれといった問題はありません。

脱獄アプリDallasを使用して遅延OTAアップデート…などの方法もあるのですが、本記事の物が一番の基本的な手順となるかなと思います。
入獄環境では監理設定を有効にするための別手順が必要になるので、脱獄できる場合は脱獄環境からやってしまうのが一番手っ取り早いです。

コメント

  1. iphone13はそもそも脱獄できないんだから注意書きいらない気がする

    • 今回の記事では監理設定の有効に脱獄環境を必須としていますが、遅延OTA自体は未脱獄でも可能となっています。
      iPhone 12 / 13シリーズでは脱獄・未脱獄関係なくiOS 15.1.1への遅延OTAが不可という状況なため、記載させていただきました。

    • えっ?iPhone13 miniのios15.0.1で待機してたけどiphone13は脱獄出来ないの?

      • exploitには対応しているので、ツールがリリースされれば可能になります。
        今現在、iphone12,13シリーズの”遅延アップデートが”出来ないというだけです。

        そのままツールリリースまで待機していれば脱獄できるようになります。

        • ありがとうございます。静かに待機してます。

  2. 「既にiOS 15.1のSHSHは発行が終了しいるのですが」になっとりますぞ

    • はっ…(´;・;ω;・)て…が抜けて…はっ……見なかったことに…どうか……!!

  3. A14できた、みたいなの、Twitterでみたけど、違ったんかな?

    • どちらのツイートなのかが分からないため何とも言えないのですが、本記事の手順ですと…私が試した限りではiPhone 12 Pro Maxはエラーとなりました。
      ただし、FuturerestoreはA14対応となりましたので、SHSHが保存されている場合はそちらを使用してアップデート(復元)ということは可能です。

      • future restoreの場合はA14の未脱獄14.8から15.1.1にアップデートは可能ですか?

        • 不可となります。

        • Nonce値の設定が現状では不可なので、残念ながら難しいところです…。
          SHSHを取得した際とApnonce値に変化ない…という状況ならば可能ではあるのですが、リセットやアップデート、再起動などで変化してしまう場合があるため、こちらもなかなか難しいかなと…。

  4. 未脱獄環境の方法もまとめていただきたいです

  5. iphone8 ios14.8.1
    checkra1nが lockdowned error -19or-20となり困っています;;
    checkra1nは12.4~12.0まで使ってみましたがほぼ同じ状況です。。。
    同じ境遇の方は居られますでしょうか

    • パスワードがオンになってるか、もしくはセーフモードで出来ればTweakが原因かと思います。

      • 返信ありがとうございます。
        パスワードはなしにしています
        セーフモードとはiPhone側でしょうか?それともcheckra1n側でしょうか?

        あと先にリストアモードに入った状態でcheckra1nを実行すると、初回のリブート時に
        リストアモードと白画面、黒画面の3枚がちかちかした後通常状態にて再起動してしまいます
        この症状はiPhone8 2台ともです(どちらもios14.8.1)

        • checkra1n側でセーフモードに実行して、エラー無ければ原因となります。
          先にリカバリーモードしなくても大丈夫です。

  6. Delayed OTAsのサイトが更新されておりiphone12/13専用のプロファイルがリリースされて、一部の環境では可能となっているようです

    • 項目は作られているのですが、現時点でプロファイルに変更は入っていないようです

  7. A14に、遅延OTAが対応する可能性はありますか?

    • 15.2以降なら出来るらしい。

  8. 脱獄状態(rootfsを戻さないまま)ですべてのコンテンツと設定を消去してしまった端末にはcheckra1nを再度入れれない、という現象がおきたりしますか?

    • リセットした後なのか前なのかわからんが、した後なら入れられる

  9. iPhone XS Max iOS 14.8 unc0ver-JB

    以前14.3から14.8へ上げた時は、MYbioXX for iOS(14+)をつかいました。

    今回はichitasoさんの SupervisedEnabler でアップデートをおこないました。

    手順通りに進めましたが、OTAアップデートがiOS15.3と表示されたので、再起動して再度脱獄後にもう一度やり直しましたが、やはり15.3のままです。

    どうしたらこの15.3のデータを消す事ができますか?

    • 私も同様の症状になりましたので、SANTAさんの記事内の記述のようにプロファイルのインストールからやり直したらiOS15.1になりました。原因不明ですが結果オーライです。お試しください。
      私の機種はiPhone 11 Proです。

    • iPhone8 iOS14.3です。
      同じく、iOS15.3表示が消えずに困っていましたが、プロファイルインストールからやり直したらiOS15.1に移行し、無事にOTAできました。

      • 昨晩まで何度もご指摘の通り、プロファイルのインストールをくり返したり、再起動やSupervisedEnablerの削除&インストールをしたところ、やっとiOS15.1の表示に変わりました!
        何が原因なのか全く分かりませんが、無事にアップデートが完了しました!
        ありがとうございました。(^^)

  10. やっぱりiOS15.2だと遅延アプデできないわ、、待つしかない

  11. 自分はSE2だし特にメリット無さそうなので14待機する。

  12. 事前に「ソフトウェア・アップデート」に「iOS15.1」がある状況まで進んで、脱獄ツールがリリースするのを期待し待機!

  13. 11proMaxで14.8から上げるメリットってなんだろう
    なんか不評なsafariの下タブとかは気になるけど…

    • 11Pro使ってるけど大きい変更点もないから14.8維持予定

    • 普通に便利で好きなんだけどな
      まぁそれくらいしかないけど

    • 上タブでも出来るよ。

    • 個人的にunc0verよりtaurineとかの方が好きだから俺はアプデする

  14. 未脱獄からの手順も記事にして欲しいです

  15. 前回も思っていたのですが、
    現在未脱獄ですので未脱獄での手法を知りたいです。
    もう何年も脱獄環境のタイミングを逃しているので😓

    • 自分も同じです。
      一度記事にしていただけたら今後も参考になるかと思いますので、よろしくお願いします!

  16. 未脱獄でMac持ってなくても遅延OTA出来ればいいなー
    iPhone8plus 14.4.1なので、そろそろ上げたい。

  17. 画像のように自動アップデートオンでも最新に変更されたりしないのですか?

    • 勝手にダウンロードされるだけです。

  18. 管理人様、毎回情報提供頂きありがとうございます。

  19. 今回は最後にデバイスの初期化を案内してないけど、しても問題ない?
    初期化してiTunesのバックアップからリストアしたいと思ってます。

    • 問題ないです。

      • ありがとうございます!
        今日明日にでも試してみます

  20. 今だに不都合感じなくて13.4でつかってるw

    • オレかよ

  21. checkra1nで脱獄したのですが checkra1nのアイコンがデスクトップにないので入獄できない… iOS13.3.1です

    • 削除したから無いのでは?

    • アイコンが表示されるまで時間かかるパターンかな

    • 投稿者です。もう一度PCからcheckra1nを入れなおすと復活しました。レスありがとうございます。

  22. 15.0.1の8でしたが、入獄状態からApple Configurator 2で監理設定を有効にして、15.1にできました。
    ありがとうございました。

    • おかげさまで15.1に上げれました、大変ありがとうございます!

  23. 初代SEは対応なんやろか?

  24. 不自由なくて14.5.1で維持してるけど
    一旦15.1で入獄したがいいですか?

  25. 未脱獄iOS15.0ですがソフトウェア・アップデートiOS15.3の表記からiOS15.1の表記にするにはどうすれば良いのでしょうか?何度やっても変わらないんです。

    • 何度やっても変わりません。
      変える事は出来ません。

    • Delayed OTAsプロファイル削除して
      入れ直してみてもダメ?

    • 監視モードになっていますか。
      (設定画面の一番上に「~監視、管理されています」と表示されていますか)

      • 未脱獄だから出ないんじゃ、、、

        • 監視モードでないと、Delayed OTA(アップデート遅延)プロファイルは機能しません。

          Macをお持ちならappleconfigurator2で、Windowsのみお持ちならiMazingで監視モードにできます。(iMazingは有料です)

  26. 未脱獄で遅延OTAアップデートしたいです!
    出来れば記事を書いてくださいー

  27. 今度はipad mini 5も大丈夫?
    14.8の時はひどい目にあった。

    • iPad mini 5thの14.3から記事の方法で15.1に上げられました

      1回目は上手くいかなくて15.3.1が出てきたから、プロファイル入れ直しだけやり直ししました

  28. 12miniで未脱獄、監視モードにしてDelayed OTAプロファイルをインストール、15.1.1をダウンロードするところまで行ったんですが、「インターネットの接続が解除されているためアップデートを検証できません」が出てインストール出来ません。。

    • 記事中にもあります通り、iPhone 12 / 13シリーズは不可となっています。

  29. 手順どうり何度かやってみたのですが、設定のソフトウェアアップデートで
    アップデートを確認できませんソフトウェア・アップデートの確認中にエラーが起きました。
    と出てしまいます。原因わかりますでしょうか?

    • 記事にBlock Auto Updatesをオフにし、実行しましょう。

      • ありがとうございます。無事にできました。

  30. 13.3から15.1に上げれましたが、その後、Apple Storeのアプリがダウンロードが出来ません。入手ボタンを押してもクルクル回って、また入手ボタンに戻るだけです。
    ネットのリセットやAppleの再ログイン、強制再起動など試しましたが無理でした。
    SupervisedEnablerが関係していますか?どなたか教えてください。

    • SupervisedEnablerはデバイスを監視モードに入れるだけなので他の原因だと思います。
      設定から「全ての設定とデータをリセット」を実行してみてください。

      • 「全てのコンテンツと設定を消去」です。間違えました。

        • コメントありがとうございます。
          消去やリセットもやってみましたが、アプリのダウンロードはできませんでした。
          2年ほど前にも同じ状態になったのですが、その時は最新のIOSにアップデートしたら直りました。
          ただ今は、最新のバージョンにすると脱獄への可能性が さらに遠ざかってしまうので…

          • 初期化後復元せずに素の状態でアプリのダウンロード等出来ないのならば別の理由があると思う
            試しに新規でアカウント作ってやってみては?

          • 復元では無理でしたが、新規アカウントで出来ました!
            助かりました。ありがとうございました。

  31. パスコードが使いたくてまだiPhone8 14.3で脱獄中ですが、15.xでのパスコードが使えるようになりそうですかね?

    • 制限がないみたいなので、対応すると思います。
      ただし、checkra1nはいつも通りかもしれません。

      • ありがとうございます。
        あげちゃおうかな。

  32. 手順通り進め無事14.5.1から15.1にアップデート完了。
    これで後は待ちと思いきや…セブンイレブンアプリが「JB検出」に引っかり起動不可に(T_T)
    コレは困った…
    再脱獄以外に解決の方法は有りますか?

    • リセットすれば大体解決よ

    • 追記です。
      iPhone11、unc0ver7.0にて脱獄。
      入獄の際にミスったとしか考えられないが一体どこでミスったやら…トホホ ○| ̄|_
      早くios15の脱獄来てくれ!

    • リセットですか…その際iosは最新バージョンになるのでは?

      • ならないよ

        • ありがとうございます。
          チキンなので今までやった事が有りませんでしたが検索で調べて来ました。
          この場合「全ての設定リセット」ですよね?

          • 初期化のことだよ

        • 残念…リセットしても変わらずです。

        • さすがに初期化は…(>_<)
          色々ありがとうございましたm(_ _)m

  33. iPadOS 14.8 から 15.1に上げる方法ありますか………!?

    • iPadOSのプロファイルがあります。

      • 非脱獄でもできますか?

  34. se初代、8+、x、ipadpro12.9二代目を14.8から15.1にした
    checkra1nの呪縛を解きたい
    全部対応してくれるかなあ。。。

  35. プロファイルインストールしたけば13日以降にアプデしてもいいんだよね?

    • 期限はプロファイルのインストール期限ではなく、遅延OTAアップデートが行える期限です。
      そのため、実際のアップデート自体も期限までに実行する必要があります

      • SANTAさん返信ありがとう
        uncoverだからこのまま待機しかないか

  36. 12mini毎日ちょくちょく遅延ota試してますがダメそうですね
    残念です

    • 12,13シリーズは不可って書いてるの読めない?

  37. 何度やってみてもunc0verのRestore rootFSの入獄が失敗(28/30あたりで失敗とのポップアップ)
    ダメ元でなんとなくオプションのBlock Auto Updatesを敢えてオンにしてみたら無事入獄完了
    ただOTAブロックされた状態なのでそこから再度脱獄し1からやり直して無事15.1にできました
    多分オマ環だったんだとは思いますが参考まで

  38. iOS15のA12以降のデバイスでの脱獄が少し難しくなると聞いて…

  39. 14.3だけど迷うなぁ…

  40. iPadでウィジェット使いたかったから14.3→15.1に遅延OTAアップデートしました。
    後は脱獄できれば・・・

  41. iPX 13.5 unc0ver5.0.1
    OTA確認しようとしたら「アップデートを確認できません」が出てきてヤベエ知らんエラーにハマっちまった終わった…って動揺したけど、ググったらSANTAさんの記事出てきて即解決しました。unc0ver5.0.0-5.0.1は「disable auto updates」のオンオフが実際の表示と逆になっているっていうやつ(https://tools4hack.santalab.me/warning-turn-off-disable-auto-updates-unc0ver-v500-and-501.html)
    SANTAさんいつもありがとう…

  42. 2台分アップデート完了…後は裸で待機www

  43. iPhoneX iOS15.1
    アップデート後、リセット、バックアップを復元後、
    初期設定画面で「Updating iCloud settins…」で固まってしまいます。
    解消法とかあるのでしょうか・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました