[iOS 12.0〜12.1.2] データやバージョンを維持しつつ「Chimera」で入獄する方法

(27)

iOS 12.0〜12.1.2向け脱獄【Chimera】ですが、入獄するためのオプションも備わっています。
ということで、今回はこのオプションを使った入獄方法についてご紹介。

純正システムファイルの書き戻しも行ってくれるため、不具合が発生してしまった…といった際にも活用出来ます。
もちろん一度入獄した後、改めて脱獄作業を…という事も可能です。

スポンサーリンク

Chimeraで入獄する方法

Chimeraで脱獄した環境を削除…いわゆる「入獄」を行う方法をご紹介。

今回の手法ではiOSバージョンを維持しつつ、写真やアプリなどのユーザーデータは残しつつ、入獄する事が可能です。
また、純正のシステムファイルに書き戻されるため、脱獄環境で起こったシステムファイルの消去や破損なども修正されます。

準備:脱獄対策の回避を目的にしている場合は

入獄作業の前に、Chimeraでの入獄作業では一部アプリ(特に日本向けゲーム系)では、入獄後であっても脱獄対策が発動してしまう場合があります。

この回避法ですが、入獄作業を行う直前に【/var/lib】ディレクトリ(フォルダ)を削除してあげましょう。
Filza File Managerを使って削除するだけで大丈夫です。注意点としては、ディレクトリ削除後にSileoを起動しないようにしてください。

また、入獄後であってもSileoのアイコンが消えるまでは対策が発動してしまう場合があります。
スグに回避させたい…という場合は、入獄前にSileoを削除&「uicache -a」コマンドを実行してから、次項へ進んでください。

① デバイスを再起動してください!

Chimeraで入獄作業するには、デバイスを再起動した状態(入獄環境の状態)からしか行うことが出来ません。

そのため、まずはデバイスを再起動してください。

*脱獄環境(Chimera実行後)の状態では入獄するためのオプションが出現しません*

② オプションを表示

実際に入獄作業を行っていきましょう。

Chimeraを起動し、画面下部にある矢印【】をタップ(デバイスによっては項目の頭が見えているので、それを上に引き出してください)。

howto-chimera-v10x-restore-rootfs-remove-jailbreak-2

③ Restore RootFS

いくつかの項目が並んでいますが、その中にある「TROUBLESHOOTING」項目が今回目的の場所。
ここの【Restore RootFS】を選択してください。するとポップアップが出現するので【OK】をタップ。

howto-chimera-v10x-restore-rootfs-remove-jailbreak-3howto-chimera-v10x-restore-rootfs-remove-jailbreak-4

④ 入獄作業の実行

最上部へ戻るとボタンが【Restore Filesystem】に変化していますので、これをタップし実行!
これで入獄作業が開始されます。

howto-chimera-v10x-restore-rootfs-remove-jailbreak-5

⑤ 成功の判断は?

作業が完了し、入獄に成功すると「Reboot required」というポップアップが出現します。これが成功の合図。
OK】をタップすると自動的にデバイスが再起動され、入獄…となります。

もし、このポップアップが出ずにデバイスが再起動してしまったり…という場合は失敗ですので、最初からやり直しましょう。

howto-chimera-v10x-restore-rootfs-remove-jailbreak-6

注意点:Sileoなどのアイコンに関して

入獄作業は成功したハズなのに、ホーム画面にはSileoなど脱獄関連のアイコンが残っているハズです(白アイコンになっている場合も)。

これはアイコンキャッシュの問題で残っているだけで、キャッシュが更新されたタイミングで勝手に消えるので、放置しておきましょう。フォルダの奥にでも入れておけば、忘れた頃に勝手に消えています。

howto-chimera-v10x-restore-rootfs-remove-jailbreak-7

再脱獄も可能

入獄後、改めて脱獄作業をする事も可能です。
その場合、インストールしていた脱獄アプリなどは全て削除されているため、入れ直しとなります。脱獄アプリの影響で不具合が出ていた…という場合は、ほとんどこれで改善されるので、そういった使い方も可!

ちなみに、脱獄方法は通常時と同じなので、以下記事を参考にしてみてください。

iPhone XSなどを含む、全デバイス対応「iOS 12.0〜12.1.2」を脱獄する方法!『Chimera』

Chimeraはunc0verと違い、脱獄環境の状態からは実行出来ず、一度デバイスを再起動させる必要があります。ここが若干分かりにくい…雰囲気でしょうか。
とは言え、実際の実行自体はこれまでのツールとほとんど違いが無いため、やり方さえ分かってしまえばサクッと出来るかなと!

コメント

  1. おぉー助かる!

  2. Electra teamもこの機能採用してくれてありがたい

  3. おー
    助かりますね~☆

    ちなみにResetAllKillerていうのa12にありませんか?

    優しい人お願いします

  4. iPhone X iOS11.3.1なのですが、Chimeraで脱獄しようとしたらサポートされてないのですがなぜなのでしょうか

    • キメラはios12.0~12.1.2ダゾ
      ios11.3.1はエレクトラを使うのダゾ

    • iOS11.~だからだよ
      ChimeraはiOS12.~から

    • サポートされてないからサポートされてないんやで

  5. 準備:脱獄対策の回避を目的にしている場合はで、Chimeraのことをunc0verって書いてる…?

    • ホントダ

    • おっと…ありがとうございます!

  6. この機能に気づかないでunc0ver入れ直して入獄したわ…
    不具合とかないといいんだけど

  7. iPhoneXRだと実行するexploitが選択できないんだけれど(そもそも矢印が見当たらない)、A12デバイスでは選択出来ないのかな?

    • できるで

    • はい、A12デバイスは選択出来るExploitはありません。

  8. Electraの場合もこの方法で入獄が可能なんですか?ちなみにiphone8 11.4.1です。

  9. cydiaのアイコンはどーやって削除すればいいのですか?

    • そのうち消えるので待ちましょう。

    • ChimeraではCydiaはインストールされませんが、何かしらの方法でインストールした…状況でしょうか…?

      • uncoverからの乗り換えで、そのまま残ってしまいました

        • であれば、Chimeraで脱獄後に「uicache -a」コマンドを実行していただくと、消えるかと思います。

  10. どうでも良い話なのだが、「脱獄した環境を削除」と「入獄」ってイコールなんやろか? 最近の脱獄はrebootしたら再脱獄せにゃならん紐付きなわけで、脱獄環境が残った脱獄状態でない状態も「入獄」言うと思うんやけど・・・

    • そうですね、その辺り若干ややこしい所ですよね…。

      個人的には再起動した状態を「入獄環境」と言う事が多いのですが、この状態は脱獄環境が削除されているわけではなく、無効化された状態です。
      そのため、削除 = 入獄という構図は正しいのかなとは思います。

      何か分かりやすい呼び名があればイイのですが…。

  11. データ維持…ということは、App storeからインスコしたAppや連絡先も維持されるのですかね?

  12. この方法安定してるのかな
    安定してるなら脱獄検知系アプリ使いたいときに使えますね