iOS 14.0〜14.3脱獄「Taurine v1.0.7」へアップデート、ブートループ問題への修正機能を搭載!!

(12)

iOS 14.0〜14.3向け脱獄【Taurine】がアップデートされ、【Taurine v1.0.7】がリリースされています。
これまで何度か報告が行われていたり、ベータテストが行われていたりしましたが、ブートループ問題が発生してしまった際の救済措置となる「修正機能」が搭載となっています!

スポンサーリンク

Taurine v1.0.7

Taurine v1.0.7へとアップデートされ、IPAファイルは「Taurine-1.0.7.ipa」から直接ダウンロードが可能です。
また、「Open in AltStore」から行うことで、自動的にAltStoreにてIPAファイルをダウンロード&インストールまで行ってくれるため便利です。

アップデートについてはAltStore経由で実行しますが、脱獄済みの場合はAltDaemonとの組み合わせでアップデートも可能です。

update-taurine-107-startup-repair-and-recovery-menu-1

更新内容

*Taurine v1.0.5 / 1.0.6の修正や変更も含みます*

  • Startup Repair(スタートアップ修復)機能を搭載
  • – ユーザースペースの再起動時にシステムファイルが破損し、ブートループに陥ってしまった場合に、Startup Repairは修正を行います
  • – メニュー画面を手動で表示させたい場合は「/.libhooker_recovery」ファイルを作成し、ユーザースペースの再起動を行いましょう

アップデートの適用方法①

一番オーソドックスな適用方法としては、一度デバイスを再起動し、Taurine v1.0.7を実行して脱獄環境へ戻るという作業です。
Unc0verなどと同様の手順ですが、デバイス再起動を必要とするため、若干時間がかかる場合があります。

アップデートの適用方法②

Jailbreak Updater】を使用すると、デバイス再起動を必要とせず、脱獄システムをTaurine 1.0.7へとアップデートすることも可能です。

ただし、こちらでアップデートを行っても、Taurineアプリ自体のアップデートは行われませんので、別途AltStore経由などでアップデートを行っておきましょう。

リカバリーメニュー

残念ながら?ブートループを発生している環境がなかったため、「.libhooker_recovery」ファイルを作成して無理やりリカバリーメニューを呼び出してみました。
リカバリーメニュー画面は以下のようになっています(この画面はスクリーンショットの撮影が出来なかったため、CoolStar氏が公開した画像です。違いはカウントダウンがあるかどうかだけ)。

upcoming-taurine-v107-bootloop-recovery-utilities-3

操作はボリュームボタン&サイドボタン

リカバリーメニューはタッチ操作が行なえませんので、ボリュームボタンで上下の選択を操作し、サイドボタン(スリープボタン)で決定の操作を行います。

また、最初は10秒間のカウントダウンが行われており、無操作状態だと10秒後に自動でブートが行われます。

メニュー内容

  • 【Safe Mode】:libhookerが無効化され、Substrate系脱獄アプリが動作していないセーフモードでの起動を行う
  • 【Startup Repair】:ブートループが発生した際にシステムファイルを修復し、起動できるようにする
  • 【Telnet / SSH】:SSH接続を行える状態にする
  • 【Normal Boot】:通常ブートを行う

報告を見る限りでは、現状…特に成功率も問題はなさそうで、私の環境(iPhone X / iPhone SE / iOS 14.3)では10回連続の脱獄作業でも全て1発成功でした。

ただ、なぜだかiPhone 12 Pro Max / iOS 14.1では1回も脱獄作業が成功せず、最終作業のユーザースペース再起動でコケてしまい、デバイスが再起動しちゃう状態です。
Taurine 1.0.4にダウングレード後は1発成功に戻っています。

何が原因なのかな…と調べていたのですが、問題のなかったiPhone Xにてデーモン系のシステムファイルをいくつか削除した後は1.0.7では一切成功せず、1.0.4では1発成功と同じ状況に。
現状ではこれが原因だとは断定出来ないものの、もしかしたら…iPhone 12 Pro Maxで何かしらのシステムファイル破損が発生しているのかもしれません(デーモン系は弄った覚えはないのですが…)。

そのため、環境によってはこういった問題が出てしまうかもしれませんので、AltStoreが使用できる状況(Taurineのダウングレードが出来る状況)でのアップデートが推奨かなと思います。

〆〆

今はちょっと時間がなくて、メイン機であるiPhone 12 Pro Maxを「Restore RootFSで入獄作業をした後はどうか?」が確認出来ないのですが、後日試してみたいなと思います。
なにか分かればTwitter辺りでご報告させていただきます(同じ状況の方がいらっしゃるか微妙なところですが…)。

コメント

  1. iPhone12 pro max ios14.2.1で脱獄できました!

  2. ↑のモノですが、Crane Lite使えた方居ますか?

    • 1.0.4で使用できます。
      1.0.7はCrane Liteのアップデートで対応すると思います。

      • 1.0.4でアプリを選択してもConfigure Applicationが薄黒く反応しなかったので1.0.7にアプデしたけど同じ症状でした。
        解決策教えてください。

        • ごめんなさい、自己解決しました!

    • はーい (・ω・)ノ*。.・°*

  3. iPhone XS 14.2 unc0ver 6.1.1で入獄しようとしたところAn error occurred while restoring root file system と出てしまい先に進めません。どうしたらいいんでしょうか

    • 過去記事に対処法書いてあって、解決しました。

  4. iPhone XS Max iOS14.3 死亡しました。
    リカバリーモードも表示されますがStartup Repair 選択できず数回繰り返した後に反応しなくなりました。。

    • 今回のブートループ問題が発生したのであれば…ですが、WiFiは動作している場合が多いです。
      そのため、SSHが有効になっているのであればSSH接続が行えるため、そちらから対処ができるかもしれません。

    • 操作はボリュームボタン&サイドボタンでも選択出来なかったですか?

      • はい、反応せずにタイムアウトになってまたリカバリメニューが出て、が2,3回繰り返して。。しばらく放置しておいて今見たらリンゴマークで止まってました。

タイトルとURLをコピーしました