iOS 14.7のSEPは「iOS 14.3」等と互換性あり!ただしFuturerestore使用時には注意点も

(1)

iOS 14.7】がリリースされましたのでCheckra1nでの脱獄は可能か?を前回確認しました。ということで、続いて「SEP互換性」の確認を行っていきます…!

特に「iOS 14.3」との互換性はunc0verTaurineで脱獄可能なバージョンであるため、重要ポイントなため、実際にiOS 14.3への復元を行い、確認。

スポンサーリンク

iOS 14.7のSEPは…

SEP互換性とは、保存済みSHSHを使用してFuturerestoreにてアップデートやダウングレード、復元を行う際に必要となる条件のひとつです。
最新バージョン(SHSH発行中バージョン)と、ターゲットiOSバージョン(復元先バージョン)のSEPに互換性があるか?という条件なのですが、互換性があるかどうかは急に変更が入ったりするため、都度確認するのが安心。

ということで、実際に確認をしてみました!

互換性あり

まず先に結論を述べてしまうと、iOS 14.7のSEPは、iOS 14.3を含むiOS 14.0〜14.6と互換性がある!ようです。

ただし、Futurerestore v194では以下の制限がありますので、注意が必要です。

  • [A10以下のデバイス]: iOS 14.0以降に対応
  • [A11以上のデバイス]: iOS 14.3以降に対応(iOS 14.2への復元に成功したとの報告もありますが、正式対応しているわけではないため非推奨。iOS 14.0〜14.1は非対応です。)

実際に試してみる

実際にFuturerestore v194を使用し、iPhone XをiOS 14.7 SEPを使用し、iOS 14.3へ復元を行ってみました。

Nonceのセット

Checkra1nにはNonce(Generator値)のセット方法が用意されていないため、今回は『Generator Auto Setter』を使用。

以下リポジトリをCydiaへ追加後、インストールするだけで「0x1111111111111111」がNonce値としてセットされます。
別のNonce値としたい場合は設定アプリ内「Generator Auto Setter」項目より行えます。

https://halo-michael.github.io/repo/

ios147-sep-and-baseband-compatible-ios143-and-ios14x-2

ダウングレードに成功

いつも通りの手法で、Futurerestoreを使用してiOS 14.3への復元を実行。
結果としては…次項で記述した問題以外では特になんともなく、正常に復元が完了。SEP互換性でのエラーなどもありませんでした。

また、iOS 14.3への復元完了後もFace IDを正常に使えています。

ios147-sep-and-baseband-compatible-ios143-and-ios14x-3

更に、コマンド不要で実行できる「FutureRestore GUI」でも試してみました。
こちらは自動で最新版ベースバンド&SEPを使用する「Latest Baseband」と「Latest SEP」を有効にし実行。特に問題なく完了出来ています。

ios147-sep-and-baseband-compatible-ios143-and-ios14x-4

iOS 14.5以降ではリカバリーモードに入れず停止する

Futurerestore / FutureRestore GUI共に、通常であれば実行すると自動でリカバリーモードへデバイスを入れてくれるのですが…iOS 14.5以降ではリカバリーモードに入ってくれない問題が発生します。

回避策ですが、自動でリカバリーモードに入れない…というだけですので、実行前に手動でデバイスをリカバリーモードへ入れておくだけでオーケー。
先に手動でリカバリーモードに入れてからFuturerestoreやFutureRestore GUIを実行してあげれば、問題なく作業が開始でき、復元作業も完了出来ます。

iOS 13.xまではちょこちょこ互換性に変更が入っていた気もするのですが、iOS 14.xさんってば…今のところiOS 14.0〜14.7までずっと互換性が保たれてるということになります。

現在は90日遅延OTAアップデート手法もあるとはいえ、どうしてもFuturerestore頼りになることもあるため(できれば避けたい出来事ですが…)…SEP互換性が保たれているのは嬉しいポイントです。

コメント

  1. いつも有難うございます!

タイトルとURLをコピーしました