コマンド不要!Futurerestoreをコマンド入力不要で実行できる「FutureRestore GUI」が登場!!

(25)

保存しておいたSHSHを使用し、復元等が行えるFuturerestoreですが、実行するにはコマンド入力が必要となり、拒否感を示してしまう方も居るかも知れません。
そこで、コマンドを自動で組み立て、実行してくれるFutureRestore GUI】がリリースされています!

以前あった「iRestore」の様な物で、コマンド入力が不要となりますので、ミスをへらすことが出来て、便利!

スポンサーリンク

FutureRestore GUI

通常、Futurerestoreを使用するには以下のようなコマンドを入力し、実行する必要があります。
もちろん入力補完もあるため全て手動入力…というわけではないのですが、オプション指定にミスがあったりすると厄介なため、注意が必要ですし、初見の方にとってはとっつきにくかったりします。

./futurerestore-v194 -t 3200186827321_iPhone8,4_n69ap_14.3-18C66_603be133ff0bdfa0f83f21e74191cf6770ea43bb.shsh2 -b Mav10-10.40.01.Release.bbfw -p BuildManifest.plist -s sep-firmware.n69u.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPhone_4.0_64bit_14.3_18C66_Restore.ipsw

コマンド入力が不要

一方、今回リリースされた【FutureRestore GUI】では、Futurerestoreを利用しているのは変わらない物の、コマンドを自動で組み立ててくれる様に!
各ファイルをポチポチと選択するだけで、Futurerestore自体の実行は自動で行ってくれるため、コマンド入力が不要

そのため、コマンド入力でミスをする…という事がなくなりますので、コマンド入力が不得意という方にオススメです。

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-2

Windows / Mac / Linux版

実行ファイルは【FutureRestore GUI – Github】から最新版をダウンロード可能で、Windows版 / Mac版の両方が用意されています。
また、UniversalではJava版となっていますので、Windows / Mac / Linuxで動作します(通常は、Windowsの方はWindows版を、Macの方はMac版をご使用ください)。

ちなみに、どのOS版を使用しても使い方は同じで、基本的な見た目も一緒です。

実際に使ってみる!(使い方)

① iOS 14.3ファームウェアのダウンロード

本記事ではiOS 14.3を例にしていきますので、iOS 14.3のファームウェアが必要です。自身のデバイスにあったファームウェアをダウンロードしてください。

また、iOS 14.3 RC版の方はこちらの記事にファームウェアのダウンロードリンクがありますので、ご活用ください。

② Generator値のセット

SHSHを使用できるようにするために、Generator(Nonce)値をデバイス内にセットする必要があります。
iOSバージョンや脱獄手法によって手順が変わってきますので、以下の記事を参考にして、セットを行いましょう。

[iOS 12〜14.x] Futurerestoreでの作業に必要な、脱獄ツール別「Generator値」のセット方法

Generator(Nonce)値のセットが完了したら、次のステップへ…!!

③ 各種ファイルを選択

ダウンロードしたFutureRestore GUIを解凍し、起動。以下の作業を行ってください。これが最低限行うべき作業となります。

Download FutureRestore』ボタンをクリックし、最新版Futurerestoreをダウンロード。
Select Blob File…』ボタンをクリックし、iOS 14.3 SHSHを選択。
Select Target IPSW File…』ボタンをクリックし、iOS 14.3のファームウェアを選択

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-3

選択後は以下画像の様にボタン部分にチェックが入り、ファイル名が表示されていればオーケーです(ファイル名は環境により画像と異なる場合があります)。

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-4

④ Baseband / SEPファイルを手動指定する場合は(スキップ可能)

*個人的には手動選択が一番安全だと考えていますが、Mac版とWindows版でそれぞれ10回ずつ計20回「Latest Baseband / Latest SEP」を使用した自動選択を試してみたところ、全てにおいて成功したため、現時点では自動選択でも大きな問題は無いように思われます。
そのため、最新版とSEP互換性が保たれている間は本項目をスキップしても大丈夫かなと…思います。

手動で選択する場合は、【ベースバンド・SEPを抜き出す】を参考にベースバンド&SEPファイル&BuildManifest.plistを用意してください。
その後FutureRestore GUIにて、「Latest Baseband」と「Latest SEP」と書かれているボタンをクリックし、各種ファイルを選択してください。
Manual Baseband』:ベースバンドファイル(.bbfw)を選択(iPadのWiFiモデルなどでは「No Baseband」を選択しましょう)
Manual SEP』:SEPファイル(.im4p)を選択
Select BuidManifet…』ボタンをクリックし、BuildManifest.plistを選択

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-5

⑤ 実行

各種ファイルの選択が完了しましたら、あとは『Start FutureRestore』ボタンをクリック!これでFuturerestoreのコマンドが自動で組み立てられ、実行が行われます。

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-6

ちなみに、以下の表示が出現する場合がありますが、これは「選択されているFuturerestoreが最新版か確認しますか?」という物になりますので、「はい」を選択。

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-7

Futurerestoreが最新版であれば以下の様な表示が出現しますので、「OK」をクリックして作業を続行させます。

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-8

画面下部にズラズラ…っと文字が流れていき作業が進みますので、これが完了するまではPC / デバイス共に触らず待ちましょう。
途中でデバイスがリカバリーモードになったり、自動で再起動が行われたり…という状況になりますが、ジッと終わるまで待機!

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-9

⑥ 完了!

画面下部に【Done : restoring succeeded!】と表示されれば、完了です!

howto-futurerestore-gui-no-command-required-version-10

ただし、まだデバイス側にはAppleロゴが表示され、初期動作が行われているはずですので、それを終え、起動するのをお待ち下さい。
「こんにちは」画面までたどり着けば、全て完了!お疲れさまでした…!

howto-futurerestore-ios143-restore-update-downgrade-4

オプションの解説

FutureRestore GUIには「Arguments」として3つのオプションが備わっています。それぞれ以下の通りですので、使い方に合わせてご使用ください(通常はデフォルトのままでオーケーです)。

  • Wait (-w)】SHSH内に記載されているAPTicketとデバイスのApNonceが一致するまで再起動を繰り返す(通常は使いません)
  • Update (-u)】復元ではなく、ユーザーデータを維持したままアップデートを行う(有効なAPTicketが必要です)
  • Debug (-d)】より詳しい現在の状況を画面下部に表示(デフォルトで有効)

リカバリーモードから抜ける

もし、エラーで止まってしまい、デバイスがリカバリーモードに入ったまま…となってしまった場合ですが、原因によっては復帰させることが可能な場合があります。
そのため、もしその様な状況になった場合は『Exit Recovery』ボタンをクリックして、復帰できるかを試してみましょう。

と、こんな感じ!
こちらの記事でご紹介したような、リカバリーモードを検出できなかった際…には自動でもう一度実行してくれる機能などもあるため、これも普通に便利。

コマンド操作にあまり馴染みがない方にとってもオススメですが、コマンドミスを減らせるという意味ではコマンド慣れしている方にとってもイイのかなと!
ちなみに、私は過去に2回ほどコマンドミスでリンゴループに陥らせたことがあったりします…。怖いよね…コマンドミスって…。

コメント

  1. いいね!

  2. これは強い…!強くなれる…!(?)

  3. -w ってミスってios14.4(チェックレイン非対応デバイスで)になったときに使えるってこと?

    • わろた最強やん

      • どれだけ時間かかるんだろw

    • いえ、ApNonceの衝突を利用したものですので、理論上はいつか…出来るかも…しれませんが、不可とお考えください。
      基本的にはA7などごく一部のデバイスを対象とした機能となっており、これらのデバイスでは何故か同じApNonceが少ない試行回数で出現(iOS 10.2まで)するため、この機能が搭載されています。

      • めちゃくちゃ時間かければA7以外の端末でもめちゃくちゃ確率低いけどできると言うことでいいですかね?

        • あくまで理論上は…です。
          16進数64桁…ですので、天文学的な組み合わせ数になり、実際には重複等も発生するはずなので…一致する前にデバイスが壊れてしまいそうな気がします…。
          ちなみに、私はこれまでに一致したという方を見たことがなかったりします…。

      • Apnonceガチャ頑張ってみます
        確率低いのは承知してます

        • 上のものです。
          諦めました
          今度時間があるときに一日中やってみようと思いまs

          • 10,995,116,277,760分の1ですが頑張ってください!!!応援してます!!
            現世で間に合えばいいですね!

  4. これで14,4から14.3にダウングレード出来る・・・
    最強じゃん

  5. でも14.3のshshが必要なんでしょ…?

    • そりゃそうだね
      それがないと始まらない

  6. アップデート(-u)オプションはUpdate用のshshがないと出来ませんよ

    • 取得方法にもよるのですが、最近の取得方法ではUpdate用のAPTicketと内包されていますので、-uオプションを使うことが可能な場合が多いです。

  7. iPhone8 Plus iOS13.5 OdysseyにてJB

    FutureRestore GUIを起動すると、Unable to load Java Runtime Environment. と表示されて
    起動できませんでした。
    Javaスクリプトが必要なのでしょうか?

    • はい、Javaで作成されていますので、Javaをインストールしてみてください。
      https://java.com/ja/download/

      • 早速の返信ありがとうございました!
        起動できました!

        現在iOS13.5ですが、KernBypassが対応しているiOS14.2へアップデートしたいと思います。

        その場合は、14.2のSHSHとipswがあれば大丈夫でしょうか?

        • A11以上のデバイスでは、現状の最新版FuturerestoreですとiOS 14.3以降が対応です。iOS 14.2に関しては「運次第」という状況ですので、出来るか出来ないかは…という感じになってしまいます。
          また、KernBypassはUnc0verでのiOS 14.x脱獄に未対応ですので、ご注意ください。

  8. Done: restoring failed!
    何度やっても失敗・・・
    shshが正しく保存されていなかったようです・・。
    CydiaアプリのTSSSaverでは14.3保存されているけど、SafariでECID入れると14.4しかなかった。。
    ios13.5で暫くキープします。
    ios14羨ましいですなぁ

    • ダメもとで【Wait (-w)】チェック入れてみたら成功しちゃいました。
      何だったんだ・・・ろう?
      SANTA様有難うございます!

  9. なんかSHSHの指定やファームウェアの指定しようとすると落ちる
    何度かやるとうまくいくけど
    waiting for device to disconnect(『⑤ 実行』の一番下の図と同じ状態)
    って表示の後リカバリーモードになるとiTunesが「リカバリーモードの…」ってでしゃばってきちゃう
    MacのOS(Mojave)が古いせい?

    • 自己解決
      リカバリーモードで止まったままわかりもしないくせにlogを眺めてたりしたらいつの間にか「start futurerestore」が再度押せるようになってダメ元で押してみたらうまく行きました
      失礼しました

  10. iphone x 14.3からFRguiをつかって14.2にダウングレードできないです。SEPの互換性ないのかな?
    14.3正式版のshsh2あり。Baseband / SEPファイルを自動取得。
    「ERROR: Unable to receive message from FDR……」と出ます。

タイトルとURLをコピーしました