iOS 14.5.1のSEPは「iOS 14.3」等と互換性あり!ただしFuturerestoreを使用する際には注意点も

(4)

iOS 14.5.1】&【iPadOS 14.5.1】がリリースされましたが、やはり気になる「SEP互換性」。
特にunc0verTaurineで脱獄可能な「iOS 14.3」との互換性は気になるところです。

ということで、実際にiOS 14.5.1 SEPを使用し、iOS 14.3への復元を行い確認してみました!

スポンサーリンク

iOS 14.5.1のSEPは…

SEP互換性とは、保存済みSHSHを使用してFuturerestoreにてアップデートやダウングレード、復元を行う際に必要となる条件のひとつです。
最新バージョン(SHSH発行中バージョン)と、ターゲットiOSバージョン(復元先バージョン)のSEPに互換性があるか?という条件なのですが、この互換性はちょこちょこと変更が入るため、都度確認が安心。

ということで、実際に確認をしてみました!

互換性あり

結論としては、iOS 14.5.1のSEPは、iOS 14.3を含むiOS 14.0〜14.5と互換性がある!ようです。
ただし、Futurerestore v194では以下の制限がありますので、注意が必要です。

  • [A10以下のデバイス]: iOS 14.0以降に対応
  • [A11以上のデバイス]: iOS 14.3以降に対応(iOS 14.2への復元に成功したとの報告もありますが、正式対応しているわけではないため非推奨。iOS 14.0〜14.1は非対応です。)

実際に試してみる

実際にFuturerestore v194を使用し、iPhone XをiOS 14.5.1 SEPを使用し、iOS 14.3へ復元を行ってみました。

checkra1n 0.12.3にてiOS 14.5.xでの脱獄も行えるようになったため、今回はiOS 14.5.1からiOS 14.3へのダウングレードとなっています。

Nonceのセット

Checkra1nにはNonce(Generator値)のセット方法が用意されていないため、今回は『Generator Auto Setter』を使用。

以下リポジトリをCydiaへ追加後、インストールするだけで「0x1111111111111111」がNonce値としてセットされます。
別のNonce値としたい場合は設定アプリ内「Generator Auto Setter」項目より行えます。

https://halo-michael.github.io/repo/

ios1442-ipados1442-sep-and-baseband-compatible-ios143-ipados143-2

ダウングレードに成功

いつも通りの手法で、Futurerestoreを使用してiOS 14.3への復元を実行(使い方の記事もすでにiOS 14.5.1 SEPを使用する物へ書き換え済みです)。
iOS 14.3への復元自体は完了でき、SEP&ベースバンド共に互換性がありました。
ただし、実行時に注意点がありましたので、この辺りについては後述いたします。

ios1451-ipados1451-sep-and-baseband-compatible-ios143-and-ios14x-3

ちなみに、コマンド不要で実行できる「FutureRestore GUI」でも試してみました。
こちらは自動で最新版ベースバンド&SEPを使用する「Latest Baseband」と「Latest SEP」を有効にし実行しましたが、問題なく完了。
こちらについても、実行時に注意点がありましたので、この点については後述いたします。

ios1451-ipados1451-sep-and-baseband-compatible-ios143-and-ios14x-1

iOS 14.5 / 14.5.1ではリカバリーモードに入れず停止する

Futurerestore / FutureRestore GUI共に、実行すると自動でリカバリーモードへデバイスを入れてくれるのですが…iOS 14.5 / 14.5.1ではリカバリーモードに入ってくれない問題が発生しました。
これはFuturerestore v194で発生している問題かと思われます(Checkra1n 0.12.2でも同じ問題があったので)。

回避手法としては、実行前に手動でデバイスをリカバリーモードへ入れておくだけです。
先に手動でリカバリーモードに入れており、その状態でFuturerestoreやFutureRestore GUIを実行してあげれば、問題なく作業が開始出来ました。

SEP互換性については、今のところiOS 14.xではずっと保たれている感じですね。ここまで長く互換性が続いたのは初めて…?
また、iOS 14.5 / 14.5.1からFuturerestoreを使用する際の問題は、今後修正が入るかもしれませんが、手動でリカバリーモードへ入れちゃえばイイだけなので、それほど大きな問題ではありません。
とはいえ、知らないとちょっとビックリしちゃうかと思いますので、頭の片隅にでも…。

コメント

  1. iPhone12Proでの脱獄も魅力的だけど、iOS14.5から使えるマスクしててもApplewatchでロック解除できる機能が便利すぎて下げられないw

    • 純正のAWロック解除機能使いたいけどiOS14.3で様子見
      以前14.3と同時に14.5の脆弱性も用意があるとの情報があったので近いうちに可能になるのかな…SE2020メインだけど手持ちの12miniを早くメイン機にしたい。

    • それだけが目的ならios14.3でもAWで解除できるtweakありますよ

      • kwsk

タイトルとURLをコピーしました