TweakBox版「Electra MP」と「unc0ver」の署名が取り消し、修正まで再起動にご注意を

(104)

本日TweakBoxで使用している企業用署名がAppleにより取り消されたため、これに伴い「Electra MP版」や「unc0ver」が起動できなくなったり、正常にMultiPath Exploitで脱獄作業を行えない状態となっています。

スポンサーリンク

署名が取り消し

TweakBoxにて「Electra MP版」や「unc0ver」など、MultiPath Exploitを使用するアプリで使われていた署名【Shenzhen Mocent Technology Co.,Ltd】が取り消しとなっています。

この影響で、こちらの署名を使用していたアプリが起動できなくなったり、MultiPath Exploitが発動できなくなる(脱獄作業が行えなくなる)問題が発生中です。

fix-tweakbox-electra-and-unc0ver-multipath-exploit-20190111-2

修正されるまで再起動にご注意を

TweakBoxにて配布されている他のアプリ(MultiPath Exploitとは無関係のアプリ)の署名も取り消しが行われ、新たな署名へと切り替わっています。
そのため、数日中にMultiPath Exploit用署名も新たな物へ切り替わると思いますが、それまでは使用できなくなっていますので、再起動などにはご注意ください。

今現在使えている場合は?

現時点でもまだ以前の署名が使えている…という場合は、デバイスに署名取り消しが反映されるまではそのままご使用いただくことが可能です。

環境にもよるため確実なことは言えないのですが、unc0verの署名取り消しブロック機能やNoPlsOCSP+αをしている場合、署名取り消しが反映されず、期限までご使用いただくことが可能な場合もあります。

ただし、反映される・されないは環境やタイミングによりマチマチなので、あまり過信せずに、修正されるまでは可能な限り再起動などは控えたほうがイイのかなと思います。

前回は年末年始を挟んでいた事もあり、だいぶ長生きしていました。ただ、今回は約1週間といった感じでしょうか。
昨年末の状況を考えると、これからも1〜2週間前後での取り消しが続くのかな…という雰囲気もありますよね…。

個人的には電源をオフにしたり、再起動を行うことはほぼ無いので、脱獄環境さえ維持し続ければ大きな問題はないのですが、ちょうど再起動と取り消しのタイミングが重なると…やっぱりちょっと面倒…。
VFS版で成功する環境の方は、Electraもunc0verも最新版ではVFS版の成功率が若干向上しているので、そちらに移行してしまうのも…手かも…?

コメント

  1. 丸2日色んな対策を重ねながらも何十回(何百回)と失敗続きで心折れまくる中、これで最後にしよう…と特に何の設定もせずに試したら今しがたVFS版が成功してくれました。

    ただ、スイッチャーには”Error:amfid patch”と表示されたElectraが残されてましたが終了させてElectraを立ち上げたらShareになっていたので問題ない様です。

  2. 再起動させないように注意してたけど、ついにやられた!
    まだ署名は復活してないですよね?
    イグニッションからもダウンロード出来ないし、お手上げです_| ̄|○

    • いやTweakboxの署名は7日前に既に復活したがMP版が全然成功しない為、VFS版がMP版の様に使えたとみんな報告しているところ

  3. VFS版成功した!やったー!
    Electra入れて6時間くらい放置した後起動したら成功しました。

  4. そろそろMP署名復活してほしい
    脱獄環境で無いとSHSHも 保存 するのが大変
    毎日都度 取得しておきたい
    いつSHSH発行停止になるのか と
    ドキドキしてます