打倒Filzaを目指し、新たなファイルマネージャー「Santander」が登場!ベータテストも実施中 [JBApp]

(28)

脱獄用ファイルマネージャーといえば【Filza File Manager】ですが、新たに【Santander】というファイルマネージャーのベータテストが開始されています。
最終的には打倒Filzaを目指しているとのことなので、今後の開発にも期待を込めつつ…ちょこっとご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Santander

今回、開発報告&ベータテストが開始されたファイルマネージャーは【Santander】というアプリで、まだまだ開発初期段階…とのことですが、最終的にはFilzaの代替となる事を目指しているそうです。

Santanderの特徴としては、iOS 14以降に対応し、Swiftにて開発され、iOSデザインに準拠した、いわゆる現代のファイルマネージャーとなっています。
Filzaが古いか…というとそんな事はないのですが、現在のiOSデザインに準拠しているかというとそうではないため、Santanderは今後を見据えた開発ということになるようです。

release-santander-new-filemanager-20220813-2

実際に使ってみる

ベータ版はGithub「SerenaKit/Santander」にてdebファイルとIPAファイルが公開されているのですが、Actions機能を使ったリリースとなっているためダウンロードにはGithubアカウントでのログインが必要です。

ちなみに、IPAファイル版は未脱獄環境でも使用できますが、アクセス出来るのはSantanderアプリのサンドボックス内だけとなっています(何故かiOS 16では/Systemと/privateにアクセス出来るようですが…)。
そのため、今回は脱獄環境にてdebファイル版を使用していきます。

基本的なファイルマネージャーという印象

ファイルリストの画面についてはFilzaと比べて「今どきだ…」という感じですが、それほど大きな違いはありません。
デザイン的にはFilza寄りではあるのですが、操作感としてはApple純正ファイルアプリの方が近い印象でしょうか。

release-santander-new-filemanager-20220813-3

また、Filzaだと画面下部にいくつかの機能へ直接アクセスできるメニューバーが備わっていますが、Santanderでは全て右上のメニューボタンから呼び出す…という作りになっています。

release-santander-new-filemanager-20220813-4

テキストエディタ

執筆時点バージョンではテキストエディタも備えており、これは意外と使いやすい感じでした。
基本的な部分に関してはすでにオプションも用意されていますので、簡易なテキストエディタとしてはイイ感じに使えます。

release-santander-new-filemanager-20220813-5release-santander-new-filemanager-20220813-6

他の部分は

さて、他の部分はどうなのか…ですが、現時点でも独自のメディアプレイヤーが備わっていたりするものの、多くのファイル形式では共有メニュー(他のアプリで開く)に飛ばされる状況です。
rootディレクトリの表示ができな場合があったり、バイナリPLISTの編集が出来なかったりなど、まだ脱獄用のファイルマネージャーとして使うには機能不足感が否めないかな…というのが正直な感想でした。

そのため、あくまで現時点では…まだFilzaと同じようには使えず、乗り換え先の候補にはならないかなと。

とはいえ、これは現時点での感想なので、このまま開発が進んでいけば…Filzaの代替となり得る可能性も…出てきそうな雰囲気はあるのかな…と。
特に今後ルートレス脱獄になった際など、Filzaが使えない時期が一時的にでも発生したとして、その際にSantanderは使える&完成度がそこそこまで来ていたりすると…これ、意外とあり得るんじゃないだろうかと…。
もちろんそのタイミング前にある程度の完成度に達していることが条件ではあると思いますが…。

ということで、今後の開発に期待しつつ…進化を待ちましょう…!

コメント

  1. 脱獄文化自体死にかけてるのにようやるよなぁ

  2. Ios12にも対応して欲しかった…

  3. Cydiaに対するzebra的なポジションになってくれたら

  4. そういえifileってなんで廃れたんだっけ

    • これ知りたい

      • 開発止まったんじゃなかったっけ

        • そそ

    • いくつか要因はあると思うのですが、個人的な感覚としてはiOS 8で行われた仕様変更(アプリインストール場所&データ配置場所の変更)への対応がFilzaより遅かった点で、多くのユーザーがFilzaへ流れた…というのがポイントだったのかなと思っています。
      当時はiFileの開発速度がちょうど落ちてきていた時期でもあり、動画再生バグなども重なって、Filzaに乗り換える方が増えていた時でもありました。
      そこに来てiOS 8での仕様変更があり…決定打に…という感じだったのかなと。

  5. Swiftで作られてるのか
    オープンソースなら自分好みにできて楽しそうなんだけどな… どうなんだろう

    • GitHub

  6. なんで打倒?

    • Filzaの代替となり得るようにという、あくまで目標値ですね

  7. なんで読むんだろ、、、

    さんたんだー?

    さんた?んだ?

    • サンタンデル

    • 銀行と同じ読み方であれば「サンタンデール」になるのかなと思います

  8. TSSSaverの横に置くといい感じ

  9. どうせなら
    標準ファイルアプリと同じような作りにして欲しいなぁ

    • それな。微妙に似せるのやめてほしいw

    • ダダたらご自分でお作り

      • 感想すら言わせてくれないんか

    • 全く同じにできないんじゃなくて、同じにしてない説。法律も関係してそう…?

  10. このdebパッケージpermasignerで永久署名にしてあるのなんか親切だね

  11. debでインストールすると入獄状態でも/var/mobile下だったらファイル操作できるね。

  12. iOS16でファイル操作ができるということですか?!

    • ???

      • 記事読めー

  13. 「何故かiOS 16では/Systemと/privateにアクセス出来るようですが…」の件、いろいろ調べたところ、/System/Library以下はSantanderではなくても読めることがわかりました。(当方a-shellで確認)
    Betaだからかもしれませんが、ロックダウンモード(?)のpemファイルもvimで読めるのでいかがなものかと…

    なおiOS15.6端末ではpermission deniedと見事に弾かれました。

  14. まるでSANTAさんが関わってそうな名前だw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました