先日SHSH発行終了となった「iOS 14.8」へのアップデートが今でも可能!? ただし条件付きで…

(7)

先日「iOS 14.8」&「iPadOS 14.8」のSHSHが発行終了となり、Appleが説明していた「iOS 14を使い続けることもできます。」はどこへ…となってしまいましたが、これに関連し新たな報告が行われています。
それによると、SHSHが発行終了となった現在においても条件を満たしていればiOS 14.8へのアップデートが行える様で…?

スポンサーリンク

SHSHは発行終了したけど…

すでにiOS 14.8のSHSHは復元用・アップデート用・OTA用と全てが発行終了となっており、これまでの常識では…iOS 14.8へのアップデート等は行えないという事になります。

ですが、報告によると、条件を満たしていればiOS 14.8へのアップデートが現在でも可能となっているようです。

iOS 14.8へのOTAアップデートが可能

「ソフトウェア・アップデート」の項目にiOS 14.8が表示されている場合、この画面からiOS 14.8へのアップデートが今でも可能とのこと。
ただし、これはiOS 15へのアップデートを拒否出来るiOS 14.6以降の環境に限定されており、現状では…iOS 14.6〜14.7.1だけが対象ということになります。

SHSHは発行終了したけど…?

OTA用も含めSHSHが発行終了となっていますが、解析報告によると90日遅延と似た、特殊なSHSHが発行されている様です。
実際に内容を観てみると、「AlternateSU」というキーなどが記載されており、通常とは異なるSHSHになっています。

news-allow-update-ios148-lower-version-2

SEPもチェックされる

ではiOS 14.6〜14.7.1にFuturerestoreでダウングレード等を行えれば対象になるのか…というとそうではないようで、遅延アップデートと同じくSEPバージョンのチェックも行われているそうです。

そのため、例えば「iOS 15.0のSEPを使用して、iOS 14.6へFuturerestoreで復元した」という場合、iOS 14.8よりも上のSEPが使用されており対象外…という事になります。

ん〜…確かにこれであればAppleの言う「iOS 14を使い続けることも出来ます」が正解ではないにせよ、不正解でもない…という感じ…。でも、これだけなのは、違わなぁい…!?なんて思ったり…。

あとは今後来るであろう「iOS 14.8.1」などのアップデートがどうなるか…でしょうか?
そちらが通常と同じ様に復元用のSHSHなどを発行し、iOS 15.xからのダウングレード等が行えるなら……。

コメント

  1. わいXR 13.5やからはよアップデートしたいわ

  2. 14.7.1で、この現象が発生してます。
    あれ?shshの発行停止したのでは?と思っていました。

    iPhoneの調子が悪く、一旦iPhoneを復元したいと思っています。
    OTAで14.8にアップデートした後、14.8を維持しつつ、工場出荷状態に戻すには端末から全データを消去したらいいのでしょうか?

    あまりやらない手順なので忘れてしまいました。

    • はい、その方法が一番かなと思います。

  3. 維持「だけ」なんだね

  4. 14.5ですが表示は14.8になってても15に強制的になるってこと?
    不具合だらけの15は嫌だし怖くて押せない

    • 不具合だらけ…?
      同じ世界線に生きてるとは思えないな…

      • 使ってるアプリの違いかと
        俺も15は不具合だらけだと思ってる
        アップデートやめとけば良かったって激しく後悔中

タイトルとURLをコピーしました