iOS 16対応デバイスでも「iOS 15.7」へのアップデートや復元などが可能!iOS 16からのダウングレードも

(18)

現在の最新iOSバージョンは【iOS 16.0.2】ですが、iOS 16.0と同時に…【iOS 15.7】もリリースされています。
ただ、iOS 16対応デバイスについてはiOS 15.7はリリースされておらず、あくまでiPhone 7シリーズ以前のiOS 16非対応デバイス向けです。

ですが!実はiOS 15.7 RC版(正式版と同じビルドナンバー)までは全デバイス向けにファームウェアがリリースされており、こちらを利用することでiPhone 14シリーズ以外のデバイスであればiOS 15.7へのアップデートやダウングレードが可能となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iOS 15.7も全デバイス向けに…

iPhoneの場合、正式版のiOS 15.7はiPhone SE / 6S / 6s Plus / 7 / 7 Plusと…いわゆるiOS 16非対応デバイスにしかファームウェアがリリースされていません。
ただ、OTAの方では全デバイス(iPhone 14シリーズ除く)でiOS 15.7がリリースされていたりもします(何故かiOS 15.7のOTAが降ってこない環境があったりもするようですが…)。

RC版のファームウェアがある

と…iOS 15.7の正式版ファームウェアはiPhone 8 / X以降のデバイス向けにはリリースされていないのですが、ベータテストは全デバイス対象で実施されており、RC版まで全デバイスが対象となっています。

更にiOS 15.7のRC版(リリース候補版)は正式版とビルドナンバーも同じであり、基本的にはRC版 = 正式版と考えて大丈夫ということになります。

SHSHが発行中

また、iOS 16対応デバイスにとってはiOS 15.x最終バージョン…となったiOS 15.6.1は既にSHSHが発行終了となっていますが、iOS 15.7 RC版のSHSHは現在も発行中です。
そのため、iOS 15.7 RC版のファームウェアを使用することで、今でもiOS 15.7へのアップデートやiOS 16.xからiOS 15.7へのダウングレードが可能ということになります。

iOS 15.7のファームウェア

バックアップに関してなど注意点はあるものの、iOS 16.0.xの不具合修正が来るまでiOS 15.xに戻したい…なんて方には嬉しい状況となりそうな感じでしょうか。
ただし、iOS 15.7 RC版のSHSHもいつまで発行されているかは不明なので、この辺りは注意が必要かなと思います。

また、Face IDデバイスの場合、iOS 16.xはiOS 15.x以下と互換性がなくなっており、iOS 15.4以降と互換性のあるSEPはiOS 15.7 RC版までということに。
そのため、Futurerestoreを使用する際に重要となるSEP互換性に関しても、iOS 15.7 RC版は重要となりそうです。

コメント

  1. iPhone 11 Proですが、iOS16.0.2にアップデート後に、iOS15.xやiOS14.xにダウングレードして脱獄環境に戻すことができるってことで良いのでしょうか?

    • 今回のお話は「全デバイスでiOS 15.7へのダウングレード等が出来る」という物で、現時点でSHSHが発行されていないiOSバージョンには不可です。

  2. iPhone SE 2 ios 15.6 b4 ですが更新のところを開くとios 15.7が出てきてその他の利用可能なナンチャラカンチャラでios 16にあっぷでーとと出てきます

    • OTA用SHSHはほぼ全てのデバイスで発行されており、OTA用アップデートファイルも公開されています。
      ただなぜかiOS 15.7へのOTAが降ってこず、iOS 16.0のOTAしか表示されない…という方もいらっしゃるようで…この辺りは謎です…。

  3. Face IDデバイスじゃないから普通にダウングレードできるかと思ったら、互換性がありません、ってはねられてしまった…
    おとなしく16.0.2にするか…

    • 復元時にiOS 15.7のIPSWファイルを手動で選択した際、互換性がないとのエラーが出た…ということでしょうか?
      ご使用の環境はどのようなものになっていますでしょうか?

      • SE2020の16.0でした。
        ウィジェット使ってみたいな、と思って16にしたもののそんなにときめかなかったので15に戻すかー、くらいの感じだったのでいいんですけどね。
        と16.0.2にして復元してたら復元中にエラー出てコケちゃいました。
        完全に自分の端末のせいの予感ですね。

  4. サンタさんは試したのかなコレ?
    iOS15.7へのダウングレードはバグ多くてできない人多そう。
    りんごマークから軌道できず結局16.0.2に戻した。

    • はい、もともと知人のiPhone SE 2 (iOS 15.6)にてiOS 15.7へのOTAアップデートでエラーが出て失敗する…との事で、IPSWファイルからのアップデートを行いました。
      その後、私のiPhone 11 Pro MaxをiOS 16.0からiOS 15.7へ復元しています。
      11 Pro Maxでは実施時に一度DFUモードから解除されエラーが発生しましたが、その後再度実行で完了できています。

      • dfuモードから実行ですかー、、、
        iTunesのアップデートをshiftクリックでやっていたんですが、そっちの方が成功する確率は高いですかね?

        • そのやり方で何度かダウングレードした事あるんですけど、ダウングレード後アプリが真っ白な状態でインストール出来ない状態とかなった事ありませんか?

        • DFUモードが必要か…は微妙なところですが、ダウングレードを行う際は必ず「復元」から実行するようにしてください。
          「アップデート」から行うとブートループやリカバリーループ、仮に成功したとしてもデータの整合性が取れずに不具合が発生する可能性があります。

      • あ、SANTAさんは復元なのね、、、時間かかるから復元はちと、、、

        • ダウングレードを行う際に「アップデート」から実行するのはブートループやリカバリーループなど不具合の素となってしまいますので、行ってはいけない作業の一つかな…と個人的には思います。

  5. ご無沙汰してます。
    12miniを使用していてずっとiOS14を使ってたのですが容量がいっぱいになり起動しなくなったので泣く泣く16.0.2にしました。
    少しでも下げれるなら15.7にしたおきたいのですが、手順は16.0.2でバックアップを取って出荷状態にしてから復元ですか?
    詳しい手順を知りたいのですがSANTAさんのブログ内でわかりやすい記事ありましたら教えていただきたいです。

    また、shshが発行されてるうちは、16.0.2のバックアップデータでも15.7の本体にバックアップから復元できるという認識でいいですか?

    • 基本的には「上のバージョンで取られたバックアップは、下のバージョンでは使用できない」となっています。
      ただしこれには例外がよくあり、使える場合もしばしば…という感じです。
      iOS 16.xで取られたバックアップからiOS 15.7で使えるかは試していないので分からないのですが、基本的には使えないと考えていただくのが…安全かもしれません。
      ちなみに、データのバックアップから復元に関してはSHSHは関係ありません。SHSHの有無はiOSの復元等が出来るかどうか…にのみ影響します。

      ダウングレード自体の流れは、バックアップ後、デバイスをDFUモード(入れなくても大丈夫ですが、入れたほうが余計なエラーがなく安全です)へ入れ、iTunes / Finderから「復元」ボタンを…Windowsなら「Shift + クリック」、Macなら「Option + クリック」をしていただき、iOS 15.7のファームウェアを手動で選択…となります。

    • 16.0のバックアップ、自分は互換性なしで使えませんでしたよ

    • SANTAさん、及び匿名さん
      ご返信ありがとうございます。
      今回は難しいかもですね。。。

      バックアップから復元はshsh発行されてなくても大丈夫って意味合いですよね!
      言われてみればそんな気がしました!

      年々iPhoneの容量大きくなって、それにつれバックアップの容量も増えるのが難儀ですね。。。
      バックアップをクラウドに直接保存できて、バックアップするときもそこから直接バックアップできたら嬉しいんですけどね。。。
      もうそういうサービスあるのかな。。。

      いつもありがとうございます!
      引続きブログ更新楽しみにしてます‼︎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました