Futurerestoreを使用して「iOS 11.3.1」へ復元やアップデート、ダウングレードをする方法

(161)

iOS 11.3.1のSHSHを保存してあり、iOS 11.4 Beta 3以下…であるならば、一部デバイスを除いて今ならまだiOS 11.3.1に復元・アップデート・ダウングレードを行うことが可能です。
ということで、保存したSHSHを使用したFuturerestoreでの手順についてご紹介。

ただし、少しでもミスをしてしまうとiOS 11.4やiOS 11.4.1への復元をしなければダメな状況になってしまうので、慎重に…慎重に…やりましょう…。

スポンサーリンク

*注意*

Futurerestoreでは、一つでもコマンドやファイル選択にミスがあると、失敗に繋がります。全ての操作に注意を払い、何度も確認した上で実行するようにしてください。

また、この記事に記載されている行為はとても危険な場合があります。どのような自体になっても自分1人で解決できる能力と、全ての事柄を自己責任で実行出来る方のみ読み進めてください。

実行前にバックアップを

Futurerestoreを使用してiOS 11.3.1に復元を行いますので、全てのデータが削除されます。
そのため、実行前にiTunesやiCloudを使用してバックアップをお忘れなく

対象となるバージョンや条件

対象となるデバイスは【iPhone 8 / 8 Plus / Xを除く全デバイス】で、バージョンは【iOS 11.4 Beta 3以下のバージョン】で動作している場合となります。

また、条件は【iOS 11.3.1 SHSHを保存している】ことです。特に、SHSHを保存していない場合はこの手法はご使用いただけません。

ちなみに、iOS 11.4.1(iOS 11.4)のSEPを使用するため、iOS 11.3.1と互換性のないiPhone 8 / 8 Plus / Xではこちらの手法はご使用いただけません。
使用するとFace IDやTouch IDが使用できなくなるので、ご注意ください。

必要なファイル

いくつか必要なファイルがありますので、まずはそれらを全て集めるところから開始しましょう。

また、必要なファイルは全てfuturerestoreと同じフォルダ内に配置しておくようにしましょう。仕様的には別の場所でも良いのですが、同じフォルダ内のほうが安全です。

iOS 11.3.1 SHSH

iOS 11.3.1 SHSHを用意しましょう。

TSS Saver】で保存した場合は、サイトにアクセスし、『Lost your link?』項目にECIDを入力することでTSS Saver側に保存されているSHSHをダウンロードすることが可能です。

また、今回ご紹介する手順で使うSHSHは【noappnonce】の方ですので、そちらをご用意ください。

Futurerestore本体

Futurerestoreは大きく分けてtihmstar氏版とencounter氏版がありますが、現在使用できるのはencounter氏版なので、以下のリンク先からダウンロードを行いましょう。

Releases · encounter/futurerestore · GitHub

*Macの方は「futurerestore_macos_v173.zip」を。Windowsの方は「futurerestore_win64_v173.zip」を。

iOS 11.3.1のファームウェア

iOS 11.3.1に復元するので、iOS 11.3.1のファームウェアが必要です。自身のデバイスにあったファームウェアをダウンロードしてください。

iOS 11.4.1のファームウェア

ベースバンドとSEPのファイルを抜き出す必要があるため、自身のデバイスにあったiOS 11.4.1のファームウェアもダウンロードしてください。

① iOS 11.4.1のベースバンド・SEPを抜き出す

まずは、ダウンロードしたiOS 11.4.1のファームウェア内から必要なファイルだけを抜き出しましょう。

デバイス毎に必要なファイルの名前が異なっていますので、判別するために【ベースバンド&SEPのデバイス情報まとめ】を参考にして、自分のデバイスに必要な情報を確認してください。

調べ方

例えば、【iPhone SE】、【Device = iPhone8,4】、【Device Model = N69uAP】だった場合、これらを元に【ベースバンド&SEPのデバイス情報まとめ】のリストと照らし合わせます。

すると、必要な情報は【Baseband = Mav10】、【SEP = n69u】という事が分かります。

Device

Device Model

Baseband

SEP

iPhone SE

iPhone8,4

N69AP

Mav10

n69

N69uAP

n69u

1-1, ファームウェアを解凍

ダウンロードしたiOS 11.4.1ファームウェアの拡張子を【.ipsw】から【.zip】に変更し、通常通り解凍してください。

1-2, BuildManifest.plistを抜き出す

iOS 11.4.1ファームウェアを解凍すると、中に【BuildManifest.plist】というファイルが入っていますので、こちらをFuturerestoreと同じフォルダ内にコピーしてください。

1-3, ベースバンドのファイルを抜き出す

*iPadのWiFi版やiPod touchなど、WiFi機能しか無いデバイスはこの手順を省略してください*

続いて「Firmware」フォルダを開き、中にある【xxx-y.yy.yy.Relase.bbfw】というファイルを、Futurerestoreと同じフォルダ内にコピーします。

この際、ファイル名の先頭(xxx部分)に「Mav10」などが書かれていますので、先程調べた自デバイスのBaseband名と合致するファイルをコピーしましょう。

例:先程の例であれば【Baseband = Mav10】でしたので、コピーするファイルは【Mav10-6.80.00.Release.bbfw】となります。
数値(y部分)はデバイスにより様々ですので、ファイル名の先頭…Baseband名(例:Mav10など)で判断してください。

また、同名の.plistファイルも存在しますが、そちらは不要です。必要なのは【.bbfw】ファイルの方だけです。お間違えのない様、ご注意ください。

1-4, SEPのファイルを抜き出す

最後に「Firmware > all_flash」とフォルダを開いていきます。
この中にある【sep-firmware.xxx.RELEASE.im4p】というファイルをFuturerestoreと同じフォルダ内にコピーしてください。

この際、ファイル名の途中(xxx部分)に「n69u」などが書かれていますので、先程調べた自デバイスのSEP名と合致するファイルをコピーしましょう。

例:先程の例であれば【SEP = n69u】でしたので、コピーするファイルは【sep-firmware.n69u.RELEASE.im4p】となります。

また、こちらも同名の.plistファイルも存在しますが、そちらは不要です。必要なのは【.im4p】ファイルの方だけです。お間違えのない様、ご注意ください。

1-5, iOS 11.4.1ファームウェアを削除

誤ってiOS 11.3.1ではなくiOS 11.4.1ファームウェアをFuturerestoreで指定してしまうと大変なので、ファイルの抜き出しが完了したらiOS 11.4.1ファームウェア(ipsw)は別の場所へ移動させるか、削除しておきましょう。

一応安全策として…ね!

② Nonce(Generator)値をセット

SHSHを使用できるようにするために、Nonce(Generator)値をデバイス内にセットする必要があります。
iOSバージョンや脱獄・未脱獄によって手順が変わってきますので、以下の記事を参考にして、セットを行いましょう。

[iOS] Futurerestoreでの作業に必要な、iOSバージョン別「Nonce」のセット方法

Nonce(Generator)値のセットが完了したら、次のステップへ…GO!!

③ Futurerestoreで復元を実行する

これで準備が完了しましたので、FuturerestoreでiOS 11.3.1への復元を実行していきます。

ここからは、コマンドを使用した作業になります。全力で集中し、1文字のコマンドミスも無いように確認をしながら進めていってください。

3-1, ファイル類の確認

Futurerestoreのフォルダ内に、以下のファイルが全て揃っている事を確認してください。

  • iOS 11.3.1のファームウェア(.ipsw)
  • iOS 11.3.1のSHSH(.shsh2)
  • BuildManifest.plist
  • ベースバンドファイル(.bbfw 例:Mav10-6.80.00.Release.bbfwなど)
  • SEPファイル(.im4p 例:sep-firmware.n69u.RELEASE.im4pなど)

3-2, Futurerestoreのフォルダへ移動

Windowsであればコマンドプロンプト、Macであればターミナルを起動し、Futurerestoreのフォルダへ移動します。

フォルダの移動方法は【cd 】の後に続けてFuturerestoreフォルダのパスを入力し、エンターです。

ちなみに、【cd (最後に半角スペース)】まで入力した状態で、そこへFuturerestoreのフォルダをドラッグ&ドロップするとパスが自動入力されるので、楽ちんです。

3-3, コマンドを入力

Futurerestoreのコマンドは以下の様な形式で入力していきます(*記事中では改行されているように見えるかもしれませんが、このコマンドはまとめて入力してください)。
ちなみに、Windows版では【futurerestore.exe】から開始され、Mac版では【./futurerestore】から開始されますが、それ以外は同じです。

また、どちらのOSでも、ファイル名を途中まで入力した状態でタブキーを押すと、該当するファイル名が自動補完されて間違いも起こらず、便利です。

【Windows版】

futurerestore.exe -t [iOS 11.3.1のSHSH] -b [iOS 11.4.1のベースバンドファイル] -p [iOS 11.4.1のBuildManifest] -s [iOS 11.4.1のSEPファイル] -m [iOS 11.4.1のBuildManifest] [iOS 11.3.1のファームウェア]

【例:Windows版】

futurerestore.exe -t "3200186827321_iPhone8,4_n69ap_11.3.1-15E302_603be133ff0bdfa0f83f21e74191cf6770ea43bb.shsh2" -b Mav10-6.80.00.Release.bbfw -p BuildManifest.plist -s sep-firmware.n69u.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPhone_4.0_64bit_11.3.1_15E302_Restore.ipsw

【Mac版】

./futurerestore -t [iOS 11.3.1のSHSH] -b [iOS 11.4.1のベースバンドファイル] -p [iOS 11.4.1のBuildManifest] -s [iOS 11.4.1のSEPファイル] -m [iOS 11.4.1のBuildManifest] [iOS 11.3.1のファームウェア]

【例:Mac版】

./futurerestore -t 3200186827321_iPhone8,4_n69ap_11.3.1-15E302_603be133ff0bdfa0f83f21e74191cf6770ea43bb.shsh2 -b Mav10-6.80.00.Release.bbfw -p BuildManifest.plist -s sep-firmware.n69u.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPhone_4.0_64bit_11.3.1_15E302_Restore.ipsw

WiFi版デバイスの場合

iPadのWiFi版やiPod touchなど、WiFi機能しかないものはベースバンドが関係ありませんので、【-b [iOS 11.4.1のベースバンドファイル] -p [iOS 11.4.1のBuildManifest]】を省略し、その代りに【–no-baseband】と入力してください。

3-4, いざ実行!

コマンドにミスが無いことを慎重に確認できましたら、デバイスをPCとUSB接続して…エンターでコマンドを実行しましょう。
色々な文字が流れていきますが、あとは成功を祈って待つのみ…です。

最後に【Done: restoring succeeded.】と表示され、Futurerestoreの実行が終われば完了。

howto-tutorial-futurerestore-restore-update-downgrade-to-ios1131-2

あとはiOSデバイスが初期動作を終え、起動するのを待ってください。この画面までたどり着けば…全て成功となります。お疲れ様でした…!

howto-tutorial-futurerestore-restore-update-downgrade-to-ios1131-3

エラーで止まってしまった場合…

もし、エラーで止まってしまい、デバイスがリカバリーモードに入ったまま…となってしまった場合ですが、原因によっては復帰させることが可能な場合があります。

復帰が可能な場合、以下のコマンドを実行することでリカバリーモードから脱出させることが出来ます。もし、このコマンドを実行してもダメな場合は、エラー内容をよく読み、コマンド等を修正、Nonce値が書き換えられてないことを祈りながら…再度挑戦してみるしかありません…。

【Windows版】

futurerestore.exe –exit-recovery(ハイフン二つexitハイフン一つrecovery)

【Mac版】

./futurerestore –exit-recovery(ハイフン二つexitハイフン一つrecovery)

ミスをしたら大変な部分がいくつもあるので、その辺りを注意深く書いていたら…非常に長くなってしまいました…。
ただ、注意書きが多いだけで、やってる事自体は理解してしまえば以下の3工程なので、実はそこまで複雑ではなかったりします。

  • ファイルを集める
  • Nonce(Generator)値をデバイスにセットする
  • Futurerestoreを実行

ちなみに、ベースバンドとSEPファイルの自動取得を行うオプションもあるため、そちらを使えば…と思う方もいるかも知れませんが、iOS 11.3.1への復元でそのオプションを使用するのはやめましょう。
不安定なため、リカバリーループに陥る可能性があります。必ず手動指定する様にしてください。

コメント

  1. C:\WINDOWS\system32>futurerestore.exe -t “3530290870292_iPhone6,1_n51ap_11.3.1-15E302_3d05e17e78fd92da41251e5be8afce435c36829d.shsh2” -b Mav7Mav8-8.55.00.Release.bbfw -p BuildManifest.plist -s sep-firmware.n51.RELEASE.im4p -m BuildManifest.plist iPhone_4.0_64bit_11.3.1_15E302_Restore.ipsw
    Version: a0113a4e46bfd00962cd25e3af548fc8b0bd21fd – 173
    Odysseus Support: no
    [INFO] 64bit device detected
    futurerestore init done
    [Error] failed to load apticket at 3530290870292_iPhone6,1_n51ap_11.3.1-15E302_3d05e17e78fd92da41251e5be8afce435c36829d.shsh2
    [Error] Fail code=-9
    Failed with errorcode=-9

    エラーが出てできませんでした。
    解決方法がわかりましたら教えてください。

    • -9エラーはshsh2ファイルが開けないときに出るみたい
      同じフォルダにshsh2ファイルがあるかどうか、それとコマンドに書いたshsh2ファイル名が自分が用意したshsh2と同名か確かめてみて

    • よく見たらカレントディレクトリがsystem32のままだね
      cdコマンドでFuturerestoreフォルダへの移動やってる?

  2. Version: a0113a4e46bfd00962cd25e3af548fc8b0bd21fd – 173
    Odysseus Support: no
    futurerestore.exe: unknown option — n
    Usage: futurerestore [OPTIONS] /path/to/ipsw

    Options:

    -t, –apticket PATH APTicket used for restoring
    -u, –update Update instead of erase install (requires appropriate APTicket)
    -w, –wait Keep rebooting until nonce matches APTicket (nonce collision, unreliable)
    -d, –debug Verbose debug output (useful for error logs)
    –latest-sep Use latest signed sep instead of manually specifying one (may cause bad restore)
    –latest-baseband Use latest signed baseband instead of manually specifying one (may cause bad restore)
    –no-baseband Skip checks and don’t flash baseband
    WARNING: only use this for device without a baseband (eg. iPod or some wifi only iPads)
    –exit-recovery Exit recovery mode and quit

    To extract baseband/SEP automatically from IPSW:

    -i, –source-ipsw PATH Source IPSW to extract baseband/SEP from

    To manually specify baseband/SEP:

    -b, –baseband PATH Baseband to be flashed
    -p, –baseband-manifest PATH BuildManifest for requesting baseband ticket
    -s, –sep PATH SEP to be flashed
    -m, –sep-manifest PATH BuildManifest for requesting sep ticket

    Homepage:

    これが出る場合どうしたらよいのでしょうか??

    • 自分もリカバリーモードから復帰させる時、そのようにfuturerestoreの使い方が表示された
      記事に書いてある例をそのままコピペしたから、”-“が一つ足りてないのが原因だった

    • オプションの指定を間違えていませんでしょうか?
      エラー文を読む限りでは「-n」というオプションが指定されている様に見受けられます。

    • -d —no-baseband で成功しました。スイッチ-dの後は、ハイフン2つです。

  3. iPhone 6plus iOS11.1.2よりElectraで脱獄状態。
    Windows10にて試みています。
    途中で、ノーマルモードからリカバリモードに移行したときにデバイスに接続できないと、毎回ここでエラーがでます。
    コマンド自体は毎回コピペで入力してますが同じエラーになります。
    何が原因なのでしょうか?

    Found device in Normal mode
    Entering recovery mode…
    ERROR: Unable to connect to device in recovery mode
    ERROR: Unable to enter recovery mode
    [Error] Unable to place device into recovery mode from Normal mode
    [Error] Fail code=-2
    Failed with errorcode=-2

    • -exit-recovery これ入力して実行するんじゃないですか??

      • -exit-recovery はリカバリーモードに入ってから復旧できない場合に使うのではないでしょうか?
        現状ではノーマルモードからリカバリーモードにすら入れない状況ですね。

    • ・ノーマルモードのデバイスは検出されてる
      ・ノーマルモードからリカバリーモードに移るための信号も送られてる
      ・その後リカバリーモードのデバイスが検出できてない
      このツールを使う前に、別の方法でリカバリーモードにしてみるとか、手動でDFUモードにしてみるとか試してみるといいかも
      それとiTunesの再インストールも

      • 手動でDFUモードにして試みたが、警告が出てノーマルかリカバリーモードにするよう求められ、エラー3になりました。
        [WARNING] Failed to read BasebandGoldCertID from device! Is it already in recovery?
        [WARNING] Using tsschecker’s fallback BasebandGoldCertID. This might result in invalid baseband signing status information
        [WARNING] Failed to read BasebandSerialNumber from device! Is it already in recovery?
        [WARNING] Using tsschecker’s fallback BasebandSerialNumber size. This might result in invalid baseband signing status information
        [TSSC] opening BuildManifest.plist
        [TSSR] User specified to request only a Baseband ticket.
        Request URL set to https://gs.apple.com/TSS/controller?action=2
        Sending TSS request attempt 1… response successfully received
        Found device in DFU mode
        [Error] unsupported devicemode, please put device in recovery mode or normal mode
        [Error] Fail code=-3
        Failed with errorcode=-3

        次に手動でリカバリーモードにして試みたが、Nonceが設定されてない状態に認識され、エラー20になりました。
        [WARNING] Failed to read BasebandGoldCertID from device! Is it already in recovery?
        [WARNING] Using tsschecker’s fallback BasebandGoldCertID. This might result in invalid baseband signing status information
        [WARNING] Failed to read BasebandSerialNumber from device! Is it already in recovery?
        [WARNING] Using tsschecker’s fallback BasebandSerialNumber size. This might result in invalid baseband signing status information
        [TSSC] opening BuildManifest.plist
        [TSSR] User specified to request only a Baseband ticket.
        Request URL set to https://gs.apple.com/TSS/controller?action=2
        Sending TSS request attempt 1… response successfully received
        Found device in Recovery mode
        Device already in Recovery mode
        Found device in Recovery mode
        Identified device as n56ap, iPhone7,1
        Extracting BuildManifest from IPSW
        Product Version: 11.3.1
        Product Build: 15E302 Major: 15
        Device supports Image4: true
        Got APNonce from device: 47 84 3e 48 dd a5 59 24 37 a0 78 51 43 69 26 f0 23 cd 19 87
        [Error] Devicenonce does not match APTicket nonce
        [Error] maybe you forgot -w ?
        Done: restoring failed.
        Failed with errorcode=-20

        • DFUはだめなのね
          手動でリカバリーモードにしたらNonceを比較するところまで行けたみたいだね
          今まで過程でNonceが書き換わったのかもしれないから、もう一度Nonceを再設定してみて

  4. 皆さんのように動き出すことなくOperation not permittedでシカトされてます。
    デスクトップにFuturerestoreフォルダ置いてるのがダメなのでしょうか?
    それともYosemiteで実行しようとしてるから、とか?

    • chmod +x ./futurerestore
      は試してみましたでしょうか?

      • ありがとうございます。
        試してはみたのですが、今度は-tから-mまですべてNo such file or directoryで何もなかったかのように終わってしまいます。

  5. iPhone SE ios10.2 JB 無事にios11.3.1へアプデ、データ復元、脱獄まで出来ました!
    これでメイン6s plus サブSE共に同じiosへ出来ました

  6. 11.3.1のshshを取得し忘れてしまっていたのですが、他のshsh(11.4とか11.2.6とか)でそのバージョンにすることは可能でしょうか?

    • 現状iOS 11.4 Beta 3以下をご使用であれば、SHSHを使ってFuturerestoreで復元…は可能です。
      ただし、最新版(今であればiOS 11.4.1)のSEPと互換性の内バージョンですとTouch ID / Face IDを使用できなくなってしまいます。

      • ありがとうございます。
        現在は10.3.1ですが11.2.6にアプデしようと考えております。
        試しにやってみたのですが
        [Error] Devicenonce does not match APTicket nonce
        [Error] maybe you forgot -w ?
        Done: restoring failed.
        Failed with errorcode=-20
        で出来ません。
        -wを入れてみましたがループになってしまいました。
        何か原因は考えられますでしょうか?

        • エラー内容としては、設定されているNonce値(Generator値)と使用しているSHSHが違う…という事のようです。
          セットしたNonce値にミスが無いかなどを確認してください

          • SANTAさん、ありがとうございます。
            Nonce値が確かに間違っていましたので設定しなおして先に進みましたが
            エラーで失敗してしまいました。(エラーログ取り忘れ・・・)
            リンゴループになってしまい、更にNonce値が変更されてしまったのですが
            DFUかリカバリモードからNonce値を設定しなおす or コマンドの過程でNonce値を設定する方法はございませんでしょうか?

          • DFUやリカバリーモードではiOS自体が起動していませんので、その時点からNonceを再設定…ということが出来ない状態になっています。

            状況にもよりますが、 –exit-recovery(ハイフン二つexitハイフン一つrecovery)でも抜ける事が出来ませんでしたでしょうか?
            また、RecBootも試してみるとイイかもしれません。

          • SANTAさん、いつもありがとうございます。
            2つの方法は既に試しましたがリンゴループから抜け出せませんでした。
            諦めて11.4.1で正座して待機することにします。

  7. さっぱりわからない。エラーコード9が出てshsh もちゃんと保存してるの用意してるのにshsh が読み込めないとか意味がわからない

    • Windowsで実行されているのであれば、ファイル類の選択は全てコマンドプロンプトへのドラッグ&ドロップで行ってみてください

  8. っしゃー! 成功しました!
    ただ途中でパスコードロックがどうたらでやり直しになりヒヤッとしました。
    あらかじめパスコードロックをオフにしておかないとダメですね。
    途中でiTunesからなにやらエラーのポップアップが出てドキドキしましたが、それもガン無視するよう注意した方がいいかもしれません。
    (うちはMacなので)ターミナルにエラー出ない限り、鉄の意志で信じて待ち続けるのだと……!

  9. あ……。
    iTunesからバックアップ復元したらハマった。
    アップデートしないと駄目になった……orz
    これ、新規のiPhoneで始めないとダメっぽい。

    [Error] Devicenonce does not match APTicket nonce
    [Error] maybe you forgot -w ?
    Done: restoring failed.
    Failed with errorcode=-20

    コレもう無理ですかね……。

    • バックアップから復元を行っても大丈夫な方も多く、何が引き金になっているのか…。

      状況や環境にもよるのですが、別デバイスでも構いませんので…素の状態のバックアップを取り、そちらでバックアップから復元を試みると、回避できる事があります。
      ただ、正直…やってみないと何とも言えない部分ではあります…。

  10. あれ? なんか……助かったっぽいです。すみません。
    復元後「ホームボタンを押してアップデート」1文のみの真っ白画面で固まりまして、
    iTunesに繋ぐと「”復元とアップデート” しかできねぇよ!」みたいなことを言われ、
    諦めてホームボタンを押してパスコード入力したところ、リンゴから無事に画面が開き、11.3.1になっていました。
    こんな朝っぱらからお騒がせして申し訳ありません。

  11. いつもサイト見ています!
    この記事を参考にiPad mini 2 16GB iOS9.3.3から、
    手順通りに何度試してもエラーが出てしまい、–exit-recoveryで復活させております。
    「nvram -p」でnonceがセットされていることを確認し試しているのですが。。
    一度「Cydia Eraser」で初期化試しても直らずでして、何かわかりますでしょうか。

    J86APのBuildManifestを指定するように言われているように見えるのですが、
    この機種はJ85APでして、どうして良いものやらと思っています。
    以下エラーが出ていそうな箇所です。

    =================
    checking APTicket to be valid for this restore…
    Verified ECID in APTicket matches device ECID
    [Error] BuildIdentity selected for restore does not match APTicket

    BuildIdentity selected for restore:
    BuildNumber : 15E302
    BuildTrain : Emet
    DeviceClass : j85ap
    FDRSupport : NO
    RestoreBehavior : Erase
    Variant : Customer Erase Install (IPSW)

    BuildIdentiy valid for the APTicket:
    BuildNumber : 15E302
    BuildTrain : Emet
    DeviceClass : j86ap
    FDRSupport : NO
    RestoreBehavior : Erase
    Variant : Customer Erase Install (IPSW)

    [Error] APTicket can’t be used for this restore
    Done: restoring failed.
    Failed with errorcode=-44

    • ご使用になられているSHSHはJ85ap用の物となっていますでしょうか…?

      • ご返信ありがとうございます。
        SHSH、該当のiPadでTSS Serverを動かし取得したものなので、j85apになっている…と改めて確認してみますとなぜかj86apのものになっておりました……。

        SHSHがj86ap、SEPがj85apで一致していないからなのでしょうか。SEPをJ86APにすれば両者のバージョンは合いますが、本体と合致しないもので進めてしまっていいものなのでしょうか…。わかればご教示いただければ幸いです。

        • デバイス違いのSEPを適用するのは非常に危険なのでオススメは出来ません。
          また、試したことや報告を見たことがないので、実際にSHSH側を編集して…といった方法もうまくいくものなのか…不明なところがあります…。

  12. いつも参考にさせてもらっております。
    コマンド実行後、
    reading ticket 5071944608891046_iPad6,11_j71tap_11.3.1-15E302_fbdf30e1087a1b65e24b95763b9655e669488500.shsh2 done
    [Error] ERROR: Unable to discover device model
    [Error] Fail code=-2
    Failed with errorcode=-2
    と出てきます。こちら https://github.com/libimobiledevice/idevicerestore/issues/215 に同じような事例が出ているのですが、なにが原因か分かりません。お力添えいただけないでしょうか?

  13. エラーコード3でshshが破損していると出ます。
    tss savar

    • 途中で送信してしまいました。
      tss saverからファイルを撮り直してもダメでした。
      解決策ありませんか?よろしくお願いします

    • こちらからSHSHのチェックが行えますので、一度試してみてください。
      https://tsssaver.1conan.com/check.php

      • ありがとうございます。
        file is valid! と出たので大丈夫なように思うのですが。。。

  14. iOS10.1.1から11.3.1にアップデートし、Electraで脱獄後バックアップから復元すると最初の画面でフリーズしてしまうようになりました。
    具体的には復元後のWi-Fiネットワークを選択の画面からまったく進まない(タップが反応しない)状態です。
    Nonceもセットしていないのでもう一度復元もできません。
    これは詰みでしょうか・・・?

    • ホームボタンを押し、メニューからやり直す…を選択して戻ってみてもダメでしたでしょうか

      • やり直すというメニューが存在しませんでした。
        仕方なく11.4.1に復元後、バックアップから復元するとまた同じ症状が出たので10.1.1のバックアップデータが壊れてた?っぽいです。
        過去コメント見ても同じ症状の人何人かいたので10.1.1のバックアップは復元しない方が良さげですね。
        iOS5以来の入獄頑張ります…