もうすぐ「WWDC 2014」!過去のWWDCで発表された主な内容まとめ

WWDC 2014の開始まであと数時間! 色々とウソっぽい情報も出てきていますが、お祭り気分で楽しいね!
さてさて、色々と妄想する上で大事なのがこれまでのWWDCでどのような物が発表されてきたのか?という点。毎年同じような時期と言うこともアリ、結構重要ですよね。

というこで、毎年恒例【これまでWWDCで発表された主な内容まとめ】をズラッと見ていきましょう!

スポンサーリンク
336

過去の「WWDC」日程

WWDC 発表、チケット販売日
(完売までの期間)
開催日
WWDC 2007 2007年3月19日 2007年6月11~15日
WWDC 2008 2008年03月14日
(2ヶ月)
2008年6月9〜13日
WWDC 2009 2009年3月26日
(4週間)
2009年6月8~12日
WWDC 2010 2010年4月28日
(8日間)
2010年6月7~11日
WWDC 2011 2011年3月28日
(10時間)
2011年6月6~10日
WWDC 2012 2012年4月25日
(2時間)
2012年6月11~15日
WWDC 2013 2013年4月24日
(71秒)
2013年6月10~14日
WWDC 2014 2014年4月3日
(抽選)
2014年6月2~6日

WWDC 2007

  • Mac OS X Leopard(10.5)を発表
  • Windows版 Safari
    Apple製ブラウザであるSafariのWindows版が初めて登場
  • iPhoneのWebアプリ対応
    数ヶ月前に発表されていたiPhoneへ、サードパーティが参入出来るアプリとして、AJAXなどWeb 2.0技術を使用したWebアプリの対応を発表。ただし、ネイティブアプリへの参入は不可。

WWDC 2008

  • Mac OS X Snow Leopard(10.6)を発表
  • iPhone OS 2.0を発表
    AppStoreが使えるようになった初めてのOS。
  • iPhone 3Gを発表
    新型iPhoneを発表。3G対応となり、日本でもソフトバンクから販売が決定。この約1ヶ月後、2008年7月11日に日本を含む22地域で販売が開始されます。
  • App Storeを発表
    Apple以外の企業や個人がアプリを開発・販売出来る様になり、消費者は初めてApple以外が作成したアプリを使用出来る様になる。約1ヶ月後、iPhone 3Gの発売と共に2008年7月10日よりサービスが開始される。
  • MobileMeを発表
    メールや連絡先などを預けることが出来る有料のクラウドサービス。2011年に登場するiCloudの前身。

WWDC 2009

  • Mac OS X Snow Leopard(10.6)のデベロッパープレビュー版を配布開始
    2008年に発表されていたSnow Leopardを開発者向けにプレビュー版が配布開始。2009年8月28日に販売が開始される。
  • iPhone OS 3.0
    横向けキーボードに対応し、コピペ機能が搭載される。また、ボイスメモ、MMSアプリやSpotlight機能が追加された。
  • iPhone 3GS
    処理能力やカメラの機能強化、デジタルコンパスの搭載などの改良が行われた。また容量も、3Gの8GBと16GBから、16GBと32GBの2モデルへ変更。11日後の2009年6月19日に販売が開始される。
  • MacBook Pro・MacBook Airのアップデート
    見た目はアルミユニボディのまま、スペックが強化され、値下げが行われた。また、Pro '17とAir以外にはSDカードスロットも搭載される。13インチがMacBook Proに仲間入り。

WWDC 2010

wwdc-07-13-history-2014-02

  • iOS 4を発表
    従来のiPhone OSから、iOSへと名前を変える。マルチタスキングや、フォルダ機能、そのほか細かな部分が多数機能強化。
  • iPhone 4を発表
    発表前にバーに置き忘れられていたのが発見され、デザインがバレてしまった、あれ。iPhone 3GSからデザインが刷新される。従来の4倍のピクセル数を持つRetinaディスプレイや、Appleが開発したPoP「A4」が搭載。また、3軸ジャイロスコープやLEDフラッシュ、前面カメラも搭載された。
  • iMovie for iPhoneを発表
  • iBooks for iPhoneを発表
  • iAdを発表
  • FaceTimeを発表

WWDC 2011

wwdc-07-13-history-2014-03

  • Mac OS X Lion(10.7)の詳細を発表
  • iOS 5を発表
    通知機能が強化され、通知センター&通知バナーが搭載される。また、リマインダーやNewsstand、Twitterとの連携機能が追加。カメラアプリやゲームセンターの機能強化なども行われる。更に音声でのやりとりが可能な、Siriが搭載される。(iPhone 4S以降限定)
  • iMessageを発表
    SMS/MMSのメッセージアプリからiMessageが使用可能に。
  • iCloud
    写真、連絡先、メール、カレンダーなど、あらゆるデータを複数デバイスで同期したり預けることが出来るクラウドサービス。また、iOSのバックアップも可能。MobileMeの後継サービス。

WWDC 2012

wwdc-07-13-history-2014-04

  • OS X Mountain Lion(10.8)の詳細を発表
  • iOS 6を発表
    Apple独自の地図アプリや、Passbookアプリなどが追加。Facebookの統合も行われる。更にFaceTimeが携帯回線でも使用可能になった。
  • Apple独自の地図アプリを発表
    これまでのGoogleマップを廃止し、Apple独自のマップをiOS 6より搭載。
  • MacBook Pro Retinaを発表
    MacBook Proのスペックをベースに、薄く・軽くなり、更にRetinaディスプレイを搭載。当初は15インチのみ。
  • MacBook Pro、MacBook Airのアップデート
    Ivy Bridge搭載、GPU強化、USB 3.0対応などのスペックが強化される。また、MacBook Pro 17インチはアップデートされず、終了へ。

WWDC 2013

wwdc-07-13-history-2014-05

  • OS X Maveriks(10.9)を発表
  • iOS 7を発表
    フラットデザインが採用され、コントロールセンターやAirDropの追加、マルチタスクや通知センターの改善などが行われる。
  • iOS in the Carを発表
  • iTunes Radioを発表
  • 新型Mac Proを発表
    円筒形のデザインに変更され、Thunderbolt 2や4Kモニタのマルチ対応など大幅に強化
  • Macbook Airのアップデート
    Haswellを搭載した新型へアップデートを行い、即日発売。
  • iWork for iCloudを発表

WWDC 2014は何が出てくる!?

wwdc-07-13-history-2014-06

あと数時間でWWDC 2014が始まりますが、さて何が発表されるかな?
OS X 10.10】と【iOS 8】の発表は確定なのかなと。iOS 8はベータ版のリリースもありそうですよね。

さて、それ以外が気になるところ。

2012、2013と過去二年は新ハードの発表が行われているのですが、今年は曖昧な物ばかりで、あまり具体的な噂にはなっていないですよねぇ・・・iWatch的なデバイスはまだまだなのかな?
iPhone 6の発表は、いつも通りであれば秋になるのだと思いますが、画面サイズが大きくなるやらなにやらという話も出ているので、アプリ対応のために先に発表なんてことも…ないか。
【Apple Days】を見ていると、【iMac】、【Mac mini】、【AppleTV】あたりはいつアップデートがあってもおかしくない感じ。WWDCで来るのかな?でもCPU的にはもう少し後のような気も・・・

さぁあと数時間、みんなで妄想タイム!

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2014/06/02(月) 19:11:16 返信

    最後の方の、iPhone6の発表時期についてのところ打ち間違ってますよ

    なるの が なる野になってます

    • 名前:[email protected]管理人 投稿日:2014/06/02(月) 19:17:32 返信

      見なかったという事に・・・!ミスなどなにも見なかったというていで!!

  2. 名前:匿名希望君 投稿日:2014/06/02(月) 20:45:17 返信

    完売までの時間が2013年は71秒ってw

  3. 名前:ふう★ 投稿日:2014/06/02(月) 21:36:12 返信

    ページ上の表のWWDC2014の開催日が2013年になってるのは良いのでしょうか…w

コメントを投稿