[iOS] 現在時刻を「1970年」にすると文鎮化、復元も出来なくなる不具合が…

warning-date-time-on-current-1970-brick-iphone-01

iPhoneなどiOSデバイスを文鎮化(正常な動作が出来なくなる状態)させる不具合が報告されています。
また、こういった不具合はリンゴループになるだけでDFUモードから復元すると回復!なんて物が多いのですが…、今回の不具合は復元すら出来ない状態になる場合があるそうです。

スポンサーリンク
336

1970年1月1日

今回の不具合は中国で発見&報告された物で、その後i0n1c氏からも「事実であるならば警戒しなければならない」と注意がだされています。

不具合の発症手順

  • 設定アプリを起動、一般 > 日付と時刻…を開き、「自動設定」をオフにする
  • 日付を【1970年1月1日】まで戻す(2000年あたりで戻せる上限が来るのですが、更に無理矢理スクロールすると1970年まで戻ります)
  • デバイスを再起動(リブート)する

warning-date-time-on-current-1970-brick-iphone-02

どんな症状が?

不具合が発症すると、再起動が正常に完了せずリンゴロゴのまま起動がストップした状態(リンゴループ、ブートループ)になります。

更に、リカバリーモードやDFUモードからの「iOSの復元」も行えない状態になる場合も報告されており、こうなってしまっては所謂【文鎮化】な状態です。

対象デバイスは?

現時点で対象とされているデバイスは【64bitデバイス】とのことで、iPhone 5s以上が対象(iPodTouch、iPadシリーズも含む)。
またバージョンでは【iOS 8 ~ 9.3 Beta 3】が対象になるそうです。

ただ、あくまでも現時点での報告であり、今後対象が拡大する可能性も有り得ます。

修理方法は?

現状、有効な修正・復元方法は報告されておらず、AppleStoreのジーニアスバーで修理 or 交換を依頼する事になるそうです。

ちなみに、報告ではジーニアスバーでこの症状を話しても信じてもらえず、ジーニアスバーにあったデバイスで披露し、新たな文鎮を作り上げてようやく信じてもらえたのだとか…。

*DFUモードやリカバリーモードでの復元が行える場合もありますので、まずはそちらを試してみるとイイようです。

分解すると治る?

有効な修理方法とは言えないのですが、デバイスを分解してバッテリーを外すことでSMC / PRAMのリセットを行ってやれば復元が行えるようになる…といった報告も。

ただ、これに関しては確定したモノではなく、分解することで保証対象外にもなりますので、オススメは出来ません。

追記①

Twitterでご報告いただいた情報では、リンゴループ状態で30分ほど放置していると復帰する場合があるようです。
中国フォーラムの方でも「運が良ければ数十分の放置で復帰できる場合が…」という報告も少ないですが出ているようです。

この不具合は既にAppleにも報告されているとのことなので、今後のiOSアップデートで修正が入るかな…と思われます。

今後これの手法を悪用したデマなども出てくる可能性がありますので、十分に注意するようにしてください!

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/02/25(木) 03:05:49 返信

    ロンドン,英国での1970/1/1/01:00までは戻せるね

    それ以上は戻せなかった

コメントを投稿