またまたTweakBoxの署名が取り消し…?「Electra MP」や「unc0ver」使用者は再起動にご注意を

(109)

一昨日…TweakBoxの使用している署名が取り消され、昨日…Electra MP版やunc0verのエラー修正が入ったばかりですが、先程…またまたTweakBoxの署名切り替えが行われたようです。
これにより、現在…Electraやunc0verでMultiPath Exploitが使用不可となっています。

スポンサーリンク

TweakBoxの署名が取り消し&新署名へ

本日TweakBoxが使用していた署名が取り消され、それに伴い全ての配布アプリが新署名へと切り替えられました。
MultiPath Exploitと関係のない通常の配布アプリでは特にこれで問題ないのですが、Electraとunc0verではMultiPath Exploitが使用不可の状態になっており、現状ではVFS Exploitしか使えない状況。

そのため、Electra MP版やunc0ver(MP Exploit選択)では脱獄作業時に失敗してしまいます。

fix-tweakbox-electra-multipath-error-exploit-20181013-2

使用不可の署名は…

現在使用されている署名は【China Mobile Group Heilongjiang Company Limited】という物です。
この署名の場合、インストールは出来てもMultiPath Exploitを使った脱獄作業は不可となります。

warning-tweakbox-electra-and-unc0ver-multipath-exploit-failed-20181117-2

前の署名は取り消されていない?

前回の署名【BLUE ELEPHANT E-RENTALS, LLC】と、前々回の署名【Thinker software Co.,Ltd】ですが、どうやらまだ取り消されていない雰囲気。
使えなくなった…という方もいらっしゃるのですが、多くの環境でまだ使えている様です。私の環境(通信ブロックなど無し)でもどちらの署名についてもまだ生きており、MultiPath Exploitでの脱獄作業も可能。

TweakBoxの動きについて

TweakBoxでは大きく分けて二種類の署名が使われており、1つはほぼ全ての配布アプリに使われる署名、もうひとつがMultiPath Exploit用(Electra MP版やunc0ver用)の署名です。
今回も前回も、取り消されたのは前者の署名です。

ただ、TweakBox側は前者が取り消された場合であっても、全てのアプリを新署名に切り替える処置をとっています。
そのため、Electra MP版やunc0verは一時的にMultiPath Exploitが使えない前者と同じ署名になってしまうようです。

その後、改めてElectra MP版やunc0verをMultiPath Exploitが使用できる別の新署名に切り替える…という流れ。

ただ事ではない

TweakBoxの処置方法はどうなのか…はちょっと疑問ではありますが、それにしても…ここ最近の取り消しは早すぎます。
企業用署名自体はかなり昔からTweakBoxなどで使われてきた手法ですが、ここまで早かったのは過去にもないようで、TweakBox管理人さんも「これは、ただ事ではない」と困惑している様で…。

応急処置として…

前々回の署名【Thinker software Co.,Ltd】がまだ生きているため、そちらの署名を使用したElectra MP版をインストール出来るサイトを一応ご紹介。
もし署名が切れてしまった…という場合は、こちらを使用してみてください。

ただ、何故かこちらからインストールが出来ない…という方がいらっしゃるのですが、原因は…不明です…。

インストール

Safariから【Electra 11.3.1 MP Fix】へアクセス。ポップアップが出現するので画面右上【×】ボタンをタップして消してください。

electra-mp-ios112-1131-jailbreak-fixed-error-exploit-20180927-5

INSTALL MIRROR』というボタンが1と2のふたつありますが、使用可能なのは【INSTALL MIRROR 2】の方です。こちらをタップしてください。
ポップアップが出現するので『インストール』を選択すると、Electra MP版のインストールが開始されます。

electra-mp-ios112-1131-jailbreak-fixed-error-exploit-20180927-6electra-mp-ios112-1131-jailbreak-fixed-error-exploit-20180927-7

プロファイルの信頼

TweakBoxなどからインストールした時同様に、設定アプリ【一般 > プロファイルとデバイス管理(or デバイス管理)】を開き、追加されたプロファイルを選択してください。
続いて【“○○”を信頼】というボタンを選択。更にポップアップでも『信頼』を選択しましょう。これでElectra MP版が起動できるようになっています。

署名自体はまだ大丈夫な雰囲気なのですが、一応…再起動は控えたほうが良さそうです(タイミングよく取り消されると面倒なので…)。
ここ最近…ほぼ毎日この話題が出てくる気がするのですが、これは落ち着くのでしょうかね…。まぁ…我々が普通の使い方をしていないのが原因ではあるのですが…。

とりあえず、Electra VFS版&unc0ver(VFS Exploit)でも安定して脱獄に成功する…という方は、そちらをReProvisionExt3nderで運用した方が、精神衛生上イイかもしれません。
問題はVFS Exploitが全くと言っていいほど成功しない…という環境の場合なのですが、これはもう…頑張るしか……。私のiPhone Xも最近は全く成功する気配がないんですよね…。

コメント

  1. 今さっき荒野行動やってたら処理落ちして強制再起しました。そこから署名が切れていることに気がついてElectraアンインスコからの再インスコ。何故か5回も失敗したので少し調べていたらこの記事にたどり着きました。この記事に書いてある方法は全て試しましたがどこからダウンロードしても署名がChina mobileの使用不可のものでした。もちろん脱獄作業は試しましたがどれもエラーでした…やっぱりこれからは署名延長する脱獄アプリ使った方がいいのかな…とりあえず入獄状態でしばらく使うしかないのかね…

    • Cydia Impactorでインストールして、
      自署名で登録。Ext3nderで毎週更新。
      これで如何でしょうか。

      • impacter使った事なくて心配です
        今外出先だからpcがそもそも使えない状態…Ext3nderは使った事あるので家に帰ったら試しますかな…
        しかしあと半日以上入獄状態で過ごさなければならないのか…入獄iPhoneなんて触りたくもないのに…

        • 良かったねー署名復活して。
          TweakBox急げ!

  2. ジワリと影響が出てきましたね‥

  3. TeeakBoxのTh0rで一発で戻れました。

    • Th0rは使用可能な環境がElectra VFS版と同じで限られており、なかなか難しい部分なのです…

  4. 過去記事にありましたが、安全策を取るなら‥

  5. electra vfsよりもth0rの方が成功確率高い気がします

  6. th0r入れて一発‼︎
    最初からやれば良かったーε-(´∀`; )

  7. Electra 11.3.1(deprecated)を入れて脱獄環境に戻れました

    • それインストールできんの?

      • プロファイルを一度削除したらインストールできました

      • このコメ見て私も試しましたが何度か失敗しましたが先程脱獄できました。

    • そちらはVFS版となっています。
      Electra VFS版で成功する…という方は、そちらを使用していただくか、Impactorでインストール&Ext3nder系で運用していただくのが安心なのかなと思います。

  8. th0rで一発OKでした。

  9. BlankIconで埋め尽くされてるので早く脱獄環境に戻りたい…

  10. tweakbox→Electra
    署名がBLUE ELEPHANT・・・に変わりました。