不具合修正&パフォーマンス改善「unc0ver v2.1.1」正式版がリリース、TweakBoxでも配布開始

(10)

iOS 11.0〜11.3.1(iOS 11.4 Beta 3)の脱獄を行う【unc0ver】ですが、v2.1.1がベータテストを終え、正式版としてリリースされています。
不具合修正やパフォーマンス・機能改善が行われ、更にSubstituteをサポートする最後のバージョンとなる事が報告されています。

スポンサーリンク

unc0ver v2.1.1

Pwn20wnd氏より「unc0ver v2.1.1」の正式版がリリースされました。

IPAファイルをダウンロード&Impactorでインストールして使用するか、すでにTweakBoxでも配布が開始されているためそちらからインストール&使用する事が出来ます。
個人的にはTweakBox版のほうがMultiPath Exploitを使えるため、オススメ。

update-ios11-ios1131-ios114b3-jailbreak-unc0ver-v210-fix-bug-and-more-20190101-2

変更点

*v2.1.1ベータ中に修正された物も含め、記述しています。

  • Substituteをサポートする最後のバージョンに
  • 脱獄速度を向上
  • hostsファイルが存在しなくてもエラーが出ないように
  • Cydiaの再インストール時に依存関係を無視するように
  • 誤検知を修正
  • RootFS Restoreオプションにて、Cydiaのユーザーデータを完全削除するように
  • RootFS Restoreに関するスナップショット名のバグを修正
  • RootFS Restoreに関するその他バグを修正
  • メモリ管理を改善
  • 外部バイナリサイズを縮小
  • カーネルに関する修正・改善
  • スナップショットマウントに関するバグ修正
  • コードを最適化
  • DEBインストールに関するバグを修正
  • Cydia再インストール時のバグを修正
  • OpenSSH再インストールに関するバグを修正
  • その他、小さなバグを複数修正

Substituteは削除予定

Pwn20wnd氏によると「unc0ver v2.1.1はSubstituteをサポートする最後のバージョンとなる」そうで、今後のバージョンではSubstituteを削除する予定となっています。

要するに…「Cydia Substrate」への完全移行が計画されている!ということな様です。
ただ、現時点ではまだCydia Substrateはテスト中となっているため、この辺りがどうなるのか、気になるところでしょうか。

コメント

  1. 一覧だと2.1.0のままなんですねw
    ない!と思ったけど
    そのまま選択するとインストール時は
    2.1.1でした。

    • たまに記載ミスがあったりするので、ちょっと混乱しちゃうときがありますよね…。

  2. 脱獄環境で既にunc0ver v2.1.0がインストールされた状態で2.1.1をダウンロードすることができません。ios11.3.1です。解決方法を是非教えていただきたいです。

    • 2.1.0を長押しからアンインストール。
      その後2.1.1をインストール。

    • バージョン違いであっても、すでに同じアプリがインストールされている場合は上書きインストールを行うことが出来ません。
      すでにインストールされているunc0verアプリを削除してから、インストール作業を行ってください

      • 分かりました。ご回答ありがとうございました。

  3. 関係ないですが(real)
    iCleanerで変に弄りリンゴループになりiOS12.1.1するっていう悲しいことになりました

    • iCleaner怖ぅ…

      • icleaner(pro)怖いのでもうdylib&メモリ清掃(?)ぐらいしときます….

    • 私は使いこなせない自信があるので
      初期設定ファイルの消去と
      メモリの掃除?くらいしか使ってないですねw