デバイス単体でアプリを再署名「ReProvision Reborn」がアップデートされ、Unc0verでの問題が修正 [JBApp]

(42)

デバイス単体でIPAファイルからアプリをインストールしたり、インストール済みアプリの再署名を行うなどが出来る【ReProvision Reborn】がv0.8.1~releaseへとアップデートされています。
いくつかの機能追加と共に、前バージョンではUnc0verをインストールしたり再署名すると脱獄作業が正常に行えなくなっていましたが、この問題への修正も行われているようです。

スポンサーリンク

ReProvision Reborn 0.8.1~release

ReProvision Reborn 0.8.1~releaseはPackixリポジトリよりリリースされていますので、下記リポジトリを追加後にアップデート or インストールを行いましょう。

https://repo.packix.com/

update-reprovision-reborn-081release-fix-unc0ver-and-add-truebackgroundresign-2

更新内容

  • アプリ一覧画面や詳細画面、IPAファイルのインストール画面などを長押しすることで、アプリのBundle ID・インストール場所・署名の詳細等をコピーしたり、アプリのアンインストールが行えるように
  • URLスキーム経由でIPAファイルをインストールする際、ダウンロード状況を表示するように
  • 次回のバックグラウンド再署名が実行される日時を確認できるように
  • 真のバックグラウンド再署名(True Background Re-signe)機能を追加(ベータ版)
  • クラッシュ情報の収集を有効にしました(個人を特定出来る情報は含まれません)
  • Unc0ver対応に関する問題を修正
  • プロフィール画像が表示されない問題を修正
  • その他細かなバグを修正

Unc0verの問題が修正

前バージョンのReProvision Reborn 0.7.0では、Unc0verをインストールや再署名した際、脱獄作業を行うと以下画像の様に「1/31」でエラーが発生してしまう問題がありました。
そのため、Unc0verをご使用の方はv0.6.2にダウングレードし、再署名などを行う…という対処が必要でした。

update-reprovision-reborn-081release-fix-unc0ver-and-add-truebackgroundresign-3

問題なし!

この点について修正が入っており、Unc0verでの問題が改善されています。
実際にReProvision Reborn 0.8.1でUnc0verをインストールし脱獄作業を行ってみましたが、問題なく完了できました。

update-reprovision-reborn-081release-fix-unc0ver-and-add-truebackgroundresign-4

修正方法について

ただし、ReProvision Reborn 0.8.1で再署名しただけではUnc0verの問題が改善されない…という報告が一部で出ているようです。
そのため、以下の作業にてReProvision Reborn 0.8.1へ切り替えていただくのがオススメです。

  1. インストール済みのUnc0verを削除
  2. ReProvision Rebornの設定項目より、Apple IDをサインアウト&再ログイン
  3. Unc0verをIPAファイルからReProvision Rebornにてインストール

他にもベータ版としての搭載ではありますが、「True Background Re-sign」という機能が追加されていたりします。
こちらを設定から有効にすると、ロック解除することなくバックグラウンド再署名が行える様に!
これまでは「ロック解除後に再署名が行われるよ!」と通知が来ていましたが、ロック解除を行わずとも自動で再署名が行えちゃう!

通常使用しているデバイスの場合「7日間1回もロック解除しない」という場面は少ないかなと思いますが、用途を限定してサブデバイスを運用していたり方には…かなり便利かなと!

コメント

  1. これ入獄されても署名残りますか?

    • 署名済みのアプリについては、脱獄環境にいるかどうかに関わらず、起動が行なえます。
      例えば脱獄環境にてReProvision Rebornで署名したアプリは、7日間は入獄環境でも動作します。

  2. このバグ、おま環じゃなかったのか…

  3. こんばんわ。

    Reprovisionにてuncをダウンロードし、署名しようとすると
    Error「No valid PKCS12 certificate is available to use for signing」
    と出ます。
    こちらのエラーの解決法ってございますでしょうか?

    • 私もそれ、なりました。
      一旦、Reprovisionの設定で、サインアウトし、再度サインインして、uncoverをインストールできました。

    • ReProvision Rebornの真ん中タブ(Troubleshootingタブ) > Manage Certificates > Revoke All Certificatesを実行すると、改善される場合が多いです。
      それでもダメな場合は、上記作業に加え、同項目内の使用デバイスも削除してみてください。

  4. なんどもアンカバ試したが、2/31で止まってしまい、何回まやってるうちに脱獄出来ないまま起動できないcydiaがインストールされていてリストアしようとしてもやはり2/31で止まってしまい困っていました。タウリンをインストールしてリストアしたらスムーズに進み再脱獄も問題無くクリアできました。

    • Unc0verの2/31ではKernelの起動に1、2分ほど要するため、根気よく待てば正常に脱獄完了すると思われます。

      • ご教授ありがとうございます!

  5. ReProvision Reborn入れたらAltに不具合起きてログアウトと自動署名が出来なくなりました…誰かご教授ください。
    結構困ってます。

    • 2つ入れるとダメみたいなのでどちらか片方のみだったと思います

    • ReProとAltは共存できなくて、ReProでAltを再署名しようとした時にAltが消されますよ
      これが正常動作みたいです

  6. 真のバックグラウンド再署名って完全にキルしても動いてくれるってことだろうか。
    今までひっそり起動した状態になってたの気になってたんだよね。

  7. >真のバックグラウンド再署名
    人類はまだ誰も真の再署名を知らない─
    みたいで好き
    これちゃんと働けば気をつかわず楽でいいですね〜

  8. 初歩的な質問かもしれませんがすみません。

    AltsroreでUnc0verインストール、脱獄後ReProvisionで署名しようとすると
    Altstoreが消えてしまいますよね…
    これって仕様なのでしょうか?

    再度母艦に繋いでAltstoreインストールしようとするとすでにiPhoneにはインストールされてるけど?と一応聞かれもしています

    • 上の返信にもあるように、ReProvisionとAltStoreが共存できないのは仕様です。

  9. 初歩的な質問かもしれませんが
    ios12.12でReProvisonを入れ直し サインして起動はするものの unc0vre をダウンロードする事が出来ません 何故でしょ?
    ReProvison 0.6.2は使えています

    • ダウンロードが出来ない…とのことですが、具体的にはどういった状況になっていますでしょうか?
      また、Filza等でIPAファイルを保存し、そちらからReProvisionへ転送…という流れではダメでしたでしょうか?

  10. No valid PKCS12 certificate is available to use for signing
    再サインインしても治りません

    • ReProvision Rebornの真ん中タブ(Troubleshootingタブ) > Manage Certificates > Revoke All Certificatesを実行すると、改善される場合が多いです。
      それでもダメな場合は、上記作業に加え、同項目内の使用デバイスも削除してみてください。

      • それで解決しました!
        ありがとうございます

  11. v0.6.2からv0.8.1にアップデートし、自分も上記にあるようなNo valid PKCS12が起きてましたが、再ログイン後マネージタブ中央の虫眼鏡からManage画面に行き、Revoke All Certificatesした後 再署名したら問題なく完了したので試してみてください。

  12. AltsroreとReProvisionどっちがいいのか問題は結論どうなの?

    • 使い方次第ではあるのですが、一般的にはAltStore(AltDaemon導入済み)とReProvisionの使い勝手としては大きく違いはありません。
      ただ、常に脱獄環境を維持している方はReProvisionの方が設定なども豊富で、自動再署名も強制的に行えるため便利です。
      ですが、デバイス再起動を行う場合がある…という方は、AltStoreの方が便利かなと個人的には思います。これは個人署名であっても取り消しが行われる場合があり、その際にはPCと接続してAltStoreで署名…などを行う必要が出てくるためです。

  13. 「maximum app ID」エラーの解決策ご教授いただけますか?
    maximum系のエラー対策が通用しなかったです、revoke certificateしてもapp IDsが10個のままでした

    • 新たなApple IDを作成し、ReProvision専用としてお使いいただくのが一番簡単かなと思われます。

  14. たった今愛機を開いたら署名更新済み。
    「放っておけば維持してくれる」が完全に実現。
    最高ッスねこれ。

  15. 0.8.1だとunc0verのバージョンによっては脱獄作業が30/31でリスプリング→リブートとなって脱獄できなくなってました。
    0.8.2になって修正されて脱獄できるようになってます。

  16. ReProvisionでインストールしようとするとLoadingと出てそこから進みません。
    原因分かりますでしょうか?

    • ファイルアプリやFilzaからIPAファイルをReProvision Rebornに転送してインストールすると…という状況でしょうか?

      • はい。ファイルアプリやFilzaからIPAファイルをReProvision Rebornに転送してインストールしようとするとLoadingと出たまま進みません。またダウンロードしてそのままReprovisionでインストールしようとしても同じ症状です。

        • ReProvision Reborn 0.8.2にて、iOS 13.x、iOS 14.xの複数デバイスにて確認してみましたが、同様の症状は発生していないようです。
          確認ではTaurineとUnc0verのIPAファイルを使用しています。
          ご使用の環境やインストールしようとしているIPAファイルはどの様な物になっていますでしょうか?

          • 返信ありがとうございます。使用環境は7plus、ios12.4です。unc0ver6.2.0をインストールしようとしているのですがLoadingから進まずインストールできません。他のバージョンもいくつか試しましたが同じでした。

          • iOS 12.4で試してみましたが、私の環境では大丈夫なようでした。
            Apple IDのログアウト&再ログイン、ReProvision Rebornの再インストールなどを試してみてもダメでしたでしょうか?

  17. バッテリーが早く無くなる。

    • タイミングで減ったのでしょう。

    • たしかに!

  18. 何故か個人署名に変えようとしたら
    切り替わらないで署名のされてない状態になってしまいます
    対応方法ございますでしょうか?
    14.1 iPhone12pro です

    • AppSyncなどがインストールされていませんでしょうか

  19. SE2 14.3 unc6.1.1
    0.8.2ですが、uncのインストールはSucsessになるのですが再署名するとErrorになってしまいます
    ReProのサインアウト→インをやっても変化なし

    iPad Air初代は同じ状態で問題なしなのですが・・・

    • ID新しく作ってログインするのが吉。

    • 具体的にはどういったエラー内容になっていますでしょうか?
      また、同じApple IDを複数デバイスで使っていたりしませんでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました