「DataDeposit 2」 Dropbox以外へもバックアップ可能に! ただし注意点も… [JBApp]

(12)

アプリのデータ、セーブデータなどをDropboxへバックアップすることが出来る「DataDeposit」がアップデートされ、【 DataDeposit 2 】となりました。
これにより、Dropboxだけではなく、BoxGoogle DriveCopyとも連携可能となり、これらを使ってバックアップ&復元が出来る様になっています。

ただし、「以前のバージョンでバックアップしたファイルがそのままでは使用出来ない」など、アップデートでの注意点もあります。これについて後述しますので、アップデートされるまえに一度確認しておくと焦る事が無いかと思います!

DataDeposit 2.0.8時点での事を書いています。今後アップデートされることで注意点としている部分も解消されるかと思います。

スポンサーリンク

DataDeposit 2.0.8

DataDeposit 2.0.8】へアップデートされました。Cydiaよりリポジトリの更新を正常に行う事で、アップデートが可能となっています。

update-datadeposit-2-02

デザインの変更

コレまでと比べると、デザインがかなり変更されました。特にアイコンに関してはiOS 7を意識したサイズと作りになっている様です。
内部に関しては色以外はさほど変わっていないのですが、いくつか機能も増えています。

update-datadeposit-2-03update-datadeposit-2-04

ちなみに、データを復元する際に、バックアップファイルがあったとしても、そのアプリがインストールされていない場合は一覧に表示されないようになっています。これも小さな点ですが、意外と便利。ただ、バックアップしてたっけ?と言う時に確認出来ないのはちょっと不便なことがアルかもしれません。

Dropbox以外との連携

これまではDropboxへアプリのデータをバックアップしたり、Dropboxからデータを復元する事が出来るだけでしたが、アップデートによりBoxGoogle DriveCopyとも連携が可能となりました!これによりDropboxを含めた4つのサービスと連携出来る様になっています。
これらと連携させるには『View App Settings』項目から設定へ入り、それぞれのサービスへログイン&連携させるだけです。
また、複数のサービスと同時に連携させておくことが可能で、バックアップ時・復元時にそれぞれどのサービスを使うか選択する方式になっています。

update-datadeposit-2-05update-datadeposit-2-06

同時進行&バックアップ・復元履歴

これまではアプリを一つ一つバックアップ&復元する必要がありましたが、今回から連続して指示することにより、複数のアプリを同時にバックアップ&復元の作業を行わせることが可能になっています(順番通りに)。
更に「Pending Backups」、「Pending Restores」項目から、現在の進行状況と、過去のバックアップと復元した日時が確認出来る様になっています。

update-datadeposit-2-07

注意点

いくつか注意点がありますので、気がついた部分をご紹介。

以前のバックアップを使用するのは面倒

今回のアップデートよりバックアップされるディレクトリとファイル名が変更されました。これにより、前バージョンのDataDepositで作成したバックアップが使用不可となっています。
これらをDataDeposit 2で使用するにはファイルの移動と名前の変更が必要です。

赤文字部分がバックアップファイルです。これを新しい場所に移動し、ファイル名を変更する必要があります。

以前:DataDepositApp/(アプリ名)-BundleID/(アプリ名)-BundleID.zip 今回:アプリ/DataDeposit2/アプリ名-BundleID.zip *例:
移動前
DataDepositApp/(Angry Birds)-com.clickgamer.AngryBirds/(Angry Birds)-com.clickgamer.AngryBirds.zip
移動後
アプリ/DataDeposit2/Angry Birds-com.clickgamer.AngryBirds.zip
**ファイル名の () かっこ部分を削除し、移動してください

一部iOS 6以上が必要に

iOS 5等でも起動出来るようですが、Copyへのバックアップは未対応で、正常に動作はしないとのことです。他の部分でも不具合等が起るかもしれませんので、ココは注意が必要です。

連携が勝手に解除される場合がある

Dropbox等と連携設定を行っても、再度起動した際に解除され、また連携をし直さなければならない場合があるようです。非常に面倒なので、この点はアップデートで治ってくれると嬉しいですね・・・

コメント

  1. 使いやすくなったー

  2. 毎回更新お疲れさまです。
    Copyが連携出来ないのはあたしだけですか?
    5の6.1.2 SBです。

  3. 何時も拝見しています。
    当方の環境では、iPad3及びiPad2 6.1.2でアップデートしてからは全く起動できませんでした。
    iphone5 6.1.2では普通に起動できDropboxとのLINKも問題ありませんでした。

  4. iPhone5・7.0.6にてGoogledriveと連携しました。
    ですがバックアップ出来るのって純正APPだけなんですね。
    脱獄APPのバックアップが出来るものがあればご紹介下さい。

  5. iOS7.0.4ですが、以前は起動していたものの最近は最初の画面が出た後すぐに落ちてしまいます…
    なにかと競合しているのでしょうか?

    • Cydiaから再インストール、またMobileTerminalからuicacheコマンドなどを実行してみてください

  6. いつも情報をありがとうございます。

    DATADEPOSIT起動時に毎回、「 -[__NSCFArray objectAtlndex:]: index(0) beyond bounds(0) 」と表示されるのですが、消す方法ありますか?

    削除→再インストールしても常に出てきます。
    バックアップは取れているようですが、何か気持ち悪くて・・

    • 現バージョンでは良く起こる問題になっているようです

      • ありがとうございます&遅い返信失礼しました。
        気持ちの問題だけで解決ですね (^^)

  7. ファイル名の変更と移動のところってどうやればいいんですか?

    • iFileやiFunBoxで行っていただければ大丈夫かと思います。
      ただ、DataDeposit自体がほとんどアップデートされておらず、使えない場合もあります。ご注意ください

  8. iOS8.1.2ですが問題なくバックアップと復元可能でしょうか?