iOS 12.0〜12.4向け脱獄「Chimera」のv1.5.0ベータ版が登場、Odysseyとlibhookerなどを共通化

(5)

iOS 12.0〜12.4にて脱獄を行える「Chimera」ですが、久しぶりにアップデートが行われるようで、v1.5.0のベータテストが開始されています。
これにより、Odysseyとlibhookerなどの部品が共通化されている様です。

ただし、ベータ版ということで注意点もありますので、その辺りについても後述いたします。

スポンサーリンク

Chimera

ChimeraはiOS 12.0〜12.4に対応した脱獄用アプリですが、デバイスにより対応バージョンが異なります。
今回のアップデートでも特に変更はなく、今まで通り以下のとおりです。

iOS 12.0〜12.4対応
・iPhone 5s、SE、6、6 Plus、6s、6s Plus、7、7 Plus、8、8 Plus、X
・iPod touch 6G、7G
・iPad Air、Air 2、Pro 12.9、Pro 12.9(2017)、Pro 9.7、iPad 5、Pro 10.5、iPad 6
・iPad mini 2、mini 3、mini 4
iOS 12.0〜12.1.2対応
・iPhone XS、XS Max、XR
・iPad Pro 12.9 (2018)、Pro 11インチ

ベータ版【v1.5.0b1】が登場

今回「Chimera v1.5.0b1」として、v1.5.0のベータ版がリリースされました。
ベータ版は2種類あり、フル版は約87MB、スリム版は約31MBとなっています。それぞれ対応バージョンに差があるため、注意しましょう。

変更点は?

Odysseyにて採用されている「Procursus Bootstrap」と「libhooker(フル機能)」が、Chimeraでも採用されています。
また、Odysseyで適用されている脱獄の修正点などもChimeraに逆輸入されているそうです。

簡単に言ってしまえば、ChimeraをOdysseyの仕様の近づけ、共通化を進めている…という感じでしょうか。

既存ユーザーは未適用

本ベータ版では、既にChimeraで脱獄している方がv1.5.0b1を使用しても、変更は行われません。これはベータ版の仕様となっているそうで、正式版では変更されるのかなと思います。

もしベータ版の変更点を適用したい場合、一旦Restore RootFSにて入獄を行い、改めてChimera v1.5.0b1にて脱獄を行う必要があります。

注意

本バージョンはあくまでベータ版となっていますので、不具合などが残っている可能性が高いです。
そのため、不具合が発生しても泣かない…大きな問題が発生しても泣かない…自分ひとりで対処が行える…といった方のみご使用ください。

ちなみに、現在Chimeraを使用している方が今スグにこちらへ乗り換える必要性は今のところ皆無です。

CoolStar氏への反応を見ても、今でもiOS 12.4を使用している方がちょこちょこいらっしゃる様なので、過去の脱獄環境であっても最新の環境を使えるようになる…のは面白いポイントですね!
ただ、逆に言えば、過去の脱獄環境はある程度安定した状態とも言えますので、この辺りがどうなるのか…次第といったところでしょうか。

コメント

  1. 14.2かと思ったら12.4だった….

    • 俺かよ

  2. 12.4.8. なんだよなぁ。対応しないかなぁ

    • 対応されたよ!

  3. 12 Proの14.1早く来ないかな

タイトルとURLをコピーしました