脱獄対策を回避する「Libertas」のベータ版がリリース、ポケモンGOなどの回避も [JBApp]

(112)

脱獄対策を回避することを目的とした脱獄アプリ【Libertas】のベータ版がリリースされています。
あくまでベータ版で、日本向けアプリではまだまだ未対応の物が多くありますので、あまり期待せずに…どうぞ。

スポンサーリンク

Libertasベータ版

以前より開発が行われてきた【Libertas】のベータ版がリリースされ、いくつかのアプリで脱獄対策の回避が行えるようになりました。

実際にポケモンGOにて確認してみたところ、プレイすることは可能でした。
ただし、かなり不安定で、以前Libertyシリーズで回避出来ていた時と同じ様な雰囲気でしょうか。ただ、まぁ…一応プレイは可能なようです。

release-libertas-beta-jailbreak-detection-bypass-20180823-2release-libertas-beta-jailbreak-detection-bypass-20180823-3

対応しているアプリは…

気になるのは回避出来るアプリ…についてですが、日本向けアプリに関しては…多くが未対応となっている様子。
特に、今のところCrackProofが採用されているゲーム系アプリは全滅とお考えください。

ただ、それ以外の脱獄対策をちょこっと確認した感じですと…「Hulu」、「妖怪ウォッチぷにぷに」、「セブン銀行」、「みずほ銀行」などのアプリでは起動時の警告回避は行えているようです(実際に最後まで操作出来るかは要確認)。
そのため、海外でもポピュラーな脱獄対策が採用されているアプリに関しては、日本向けであっても大丈夫な場合がある感じでしょうか。

設定が用意されていません

ベータ版のため、現状では設定が用意されていません。

Libertyシリーズでもそうだったのですが、通常時は問題なく起動できるアプリでも、なぜか脱獄対策の回避を有効にすると起動できなくなってしまうアプリが存在します。

まだLibertasでは設定が用意されておらず、問答無用で全てのアプリに対して回避が発動してしまい、通常起動出来るアプリの中に…一部Libertasのインストールを行った影響で起動できなくなるアプリが出てきます。ご注意ください。

インストール方法

今回はリポジトリから…ではなく、debファイルが直接リリースとなっています。Filzaなどを使用してインストールを行いましょう。

me.umangis.libertas_1.0.0_iphoneos-arm.deb

詳しく…

インストール方法をもう少し詳しくご紹介。

Safariから【me.umangis.libertas_1.0.0_iphoneos-arm.deb】を開き、『download』ボタンをタップ。
続いて『“Filza”で開く』を選択してください。ここにFilza…が表示されていない場合は『その他…』からFilzaを選択。

release-libertas-beta-jailbreak-detection-bypass-20180823-4release-libertas-beta-jailbreak-detection-bypass-20180823-5

Filzaにdebファイルがコピーされてるので、そちらを開き、画面右上『インストール』ボタンをタップ。
インストール作業が完了しましたら『リスプリング』ボタンをタップして、完了です。

release-libertas-beta-jailbreak-detection-bypass-20180823-6release-libertas-beta-jailbreak-detection-bypass-20180823-7

アンインストールするには

もしLibertasを削除したい場合は、通常どおりCydiaからアンインストールを行ってください。

*ベータ版です*

あくまでベータ版ですので、多くの不具合や対応・未対応など存在します。
ベータ版は「正式版より前に使える物」ではなく、ベータテストは正式リリース前に不具合等を報告してもらい、修正するために実施されている「テスト」です。
不具合があるのは当然と考え、ご使用は十分にご注意ください。

対応リクエストや不具合報告は…

対応して欲しいアプリ(脱獄対策が入っているアプリなど)やLibertasに関する不具合報告は、【ur0/libertas-issues】から行うことが出来ます。

対応作業は少し時間がかかる様子?

ただ、対応作業などを含め、アップデート作業は少し時間が掛かる雰囲気…。
Umang氏によると『iOS用の新たな脆弱性に関して作業を行っているため、9月中は少し忙しくなるかも』とのことで、Libertasの作業を大きく進めることは難しいのかもしれません。

現在のベータ版時点では、CrackProofの回避に対応していないので、日本の環境的に言うと…対応出来ている物が少なく感じるかもしれませんね。
個人的には不安定でもポケモンGOの回避が出来るようになったのは嬉しい所ですが…。

あとはCrackProofではない脱獄対策(特にゲーム系以外)がどこまで対応出来ているのか、気になりますね。この辺りは要確認…でしょうか。

〆〆

さらっと報告されていますが、Umang氏……新しい脆弱性ってなに!?
iOS 12向けに何かしらの脆弱性・Exploit開発を行っているのでしょうかね…!?地味に、こっちも気になる……!

コメント

  1. 三菱はUFJ patchってのがリリースされてるからそれで回避可能みたい

    • あのhankana2のsubdioxさんのだよね〜(*´ω`*)

  2. DTVに対応してる物ってないですかね?😓

    • Flex3で回避できるよ
      やり方はググって…

  3. 荒野行動は回避出来るのでしょうか?
    ios11.3.1です・・・。

  4. torne mobileは瞬時に落ちるけれど、DiXM Digital TV 大丈夫になりました。( ※よくよく調べたら、このアプリで回避できているん訳では無い )
    あと、Video & TV Side … は、やはり起動はしますが、ジェイルブレイクなんとかなんとか出て、ダメです。
    もう少し弄ってみます。

  5. ポケモンはリトライどころか起動すらしなくなった。入れなきゃよかったわ

  6. 1.85.4アプデで全く起動しなくなりました

    • あ、ポケモンGoです

  7. torne mobileはakusio氏のDe-Bypassで回避できるよ

    • おかげさまでtorne mobileの脱獄回避が無事できました。情報ありがとうございます。

      • 素晴らしい><
        ありがとうございます。

  8. 忍ボルだめだった

  9. ポケモンならやや不安定だけど、PokeGO++ for Electra!で普通に動くよ。
    ただし、位置偽装したいなら別のGPS Faker等を併用して、++は起動のみで使った方がいい。
    今のところはだけど、それで黒板も来ていない。

    • 強制アプデでこれも使用不可に。

  10. ポケご無理やったでえ

  11. ポケgoのアプリが起動しないのは公式のアップデートが問題らしいですよ。
    自分も数日前のアップデート後から起動しなくなり、再インストールしたら問題なく使えています。

    • たしかに。情報サンクス。

    • ありがとう解決しました

  12. pokego++2.0は、脱獄回避が自社でできないので、Liberty,Libertasなどの回避できるアプリに助けてもらわないと動かない。2週間に1回程度でpokemonGoが更新されているが、その度にLibertyta,Libertasが更新するかは別問題であり、pokego++2.0はすぐにban(黒警告板)されると思います。もう、pokego++はやめた方がいいと思います。不安定の環境でban(黒警告板)を気にしながらゲームをしてもおもしろくないですよ。

  13. pokegoElectraアプデはよ?

  14. ポケモンGO、位置偽装とか一切せずに脱獄端末からやってて初めて警告のストライク1きたぞ。

    • 同じくです
      悪いこと何もしてないのに…

  15. リンク先がnot foundになってるのですが…

  16. リンク先がnot foundになってるな…

  17. dマガジンもアプデしたら脱獄対策入ったなーアプデしなけりゃよかった

  18. リンクがNot Foundになってるから配布したいけど二次配布になるからなぁ…
    正式版を待たれよ