Watchdog Pro – アプリを閉じてもバックグラウンドで動作継続!! 各管理も [JBApp]

(30)

アプリの「バックグラウンド動作」を強化したり管理する事が出来ちゃう『Watchdog Pro』のご紹介!

通常アプリを閉じると「停止」となりますが、『Watchdog Pro』を使うと「最前面と同じ動作を継続」させたり、バッテリーに優しい「凍結」をさせたり…というバックグラウンド動作の管理が可能!
無料版【Watchdog Lite】では2アプリまで…という制限がありましたが、今回のPro版では無制限。更に、Activatorなど多くの設定が追加されています。

スポンサーリンク

詳細情報

Watchdog Pro

Price(価格): $2.99
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Allan Kerr
Repo(配布元): BigBoss(デフォルト)

インストール

Searchタブより「Watchdog Pro」と検索すると出てきます。
CydiaStoreより購入し、インストールを行ってください。詳しい購入方法は【超便利!有料脱獄アプリを買う!「Cydia Store」の使い方!】をご参考いただければと思います。

jbapp-watchdogpro-02jbapp-watchdogpro-03

より詳しいインストール方法は【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】をご覧ください。

アプリ紹介

Watchdog Pro』を使用すると、アプリのバックグラウンド動作を管理することが可能!

分かりやすい使い方として、アプリを閉じても「最前面」と同じ動作を継続させる事が出来ます。
例えば、バックグラウンド再生が許可されていない動画アプリだとしても再生を継続させることが出来ますし、ゲームであればアプリを閉じても一時停止されることなく動作が継続&BGMが鳴り続ける様になります。

jbapp-watchdogpro-04

オンオフ方法

「バックグラウンドでも動作を継続させる…」のオンオフを行う方法は3つ用意されています。

【事前に設定しておく】
設定アプリ内から、アプリ別に事前設定が行えます。こちらの設定した場合、常にこの動作が適用されます。
【スイッチャーから操作】
この方法が基本的な手順となります。

アプリスイッチャーを開き、アイコン部分をタップすることで、オンオフを行う事が可能。

jbapp-watchdogpro-05
【Activatorで操作】
Activatorにもアクションが追加され、オンオフを行う事が出来ます。

ただし、オン・オフそれぞれアプリ単位でアクションが追加されるため、ちょっと使いにくい部分もあるかもしれません。

jbapp-watchdogpro-06

バックグラウンド動作を管理

「最前面と同じ動作を継続」だけではなく、バックグラウンド動作も3種類用意されており、好きな物を設定から選択する事が出来ます。
設定によってはバッテリー消費を抑えることも出来たりして、なかなか奥が深かったり…。

【Smart Backgrounding】
アプリを閉じると、即「deep freeze」と呼ばれるアプリを凍結する待機状態にします。

この状態だと、アプリはネットワークや位置情報サービス、CPU/GPUを使用しない状態となり、無駄なバッテリー消費などを抑えることが出来ます。
更に、完全に終了したわけではない(メモリを確保したまま)ので、次回起動時などは素早く再開が出来ます。

【Prevent Suspension】
通常、アプリを閉じてから3分経過すると、自動的に全てのバックグラウンド動作が停止されます。

ですが、このモードを使用すると、3分という制限時間を排除し、純正のバックグラウンド動作を無制限で続けさせることが可能となります。

【Keep in Foreground】
アプリを閉じても、最前面と同じ動作をバックグラウンドでも継続させることが出来ます。

動作中の目印

また、動作状況の目印として、アプリ名の左側に【】が追加され、色によって見分けることが出来る様になっています。
*インストール後、デバイスの再起動を行う必要があります

jbapp-watchdogpro-07

設定方法

設定アプリ内に追加される『Watchdog Pro』項目より行います。
*設定項目が多いため、詳細は次項*

jbapp-watchdogpro-08jbapp-watchdogpro-09

Appearance】: 目印のオンオフ設定が可能
App Switcher Toggle』: スイッチャーからオンオフを可能にする

アプリ単位の設定

設定を行いたいアプリを選択し、アプリ単位での設定が可能です。

Enable Backgrounding』: このアプリの個別設定を有効にする

Behavior』: バックグラウンドでの動作モードを選択

Auto Launch』: 自動的にアプリを起動させる(終了しても即起動)
Prevent Termination』: スイッチャーからアプリを削除しても、終了せず動作を継続

Appearance】: 目印のオンオフ設定が可能

コメント

  1. JKなのに「酔って」なんて変換候補に出てくるとはけしからんJKですな。

  2. 設定に酔っては
    になってますよ!

  3. 設定に酔っては…
    になってますよ!
    Smart Backgroundingに陶酔しているんですねわかりますwwww

  4. Keep in Foregroundってバッテリーの減り早くなりますか?

    • 同時に動くアプリが増えますので、消費は早くなります。

  5. 設定に酔っては
    いやはや
    酔いすぎです

    • なんかぁ…ATOKがぁ…かってにぃ…変換した感じでぇ…私は全然悪くないと思うんですぅ……………

  6. 図々しくベータ版使ってる俺が通ります酔っと

    • 使用期限切れてるけどな

  7. watchdogが出てからiphoneをドライブレコーダーとして使ってる

  8. 之の設定ってActivatorで操作のアクション全体のではなくアプリ毎になってて使いにくいんだよね〜

  9. SANTAさんも大好きなGridSwitcherとの相性が…。
    GridSwitcherだと画面サムネイルとアイコンがどうしても重なってしまうので、
    “アイコンタップでバックグラウンドON/OFF”が出来なくないですか?

    • gridswitcherと併用はできないっぽいですね。
      バージョンアップ改善に期待して、スイッチャーはオフにして使ってます。

      • 併用できるけどな、もちろんスイッチャーでの切り替えも。

    • アイコンを2秒ほど長押しすれば併用できると思います。
      試してみてください!

      • 出来ました!情報ありがとうございます!
        助かりました~m(_ _)m

  10. Vプリカ使えないし買えないな

  11. 設定のAuto lanchについて、よく分からないので教えてください!

    • Respringしたりすると起動中のアプリが自動で削除されるからそれを自動で立ち上げる機能だよ。

  12. これでモバイルデータ通信量を監視させよう!
    そうすれば速度制限とはお別れ出来そう!

    • DataMeterという通知センターウィジェットで通信料の監視ができます。
      バックグラウンドサービスなので常時トラフィックモニタリングができます。

      設定として、最大xxGBで、そのうちxxGB使用したらメータ色やフォント色を変更することや、締日を指定して使用量を自動リセットすることもできます。

      以上、ご参考頂ければ幸いです。

  13. バックグラウンドの動作の一括設定はできないのでしょうか?

    全てのアプリをdeep freezeにしたいです。

    • watchdogにはまだ無くdissidentなら出来るようですね

      • ありがとうございます!調べてみます〜(^-^)

  14. こちらのLite版を使用しています。
    現在バックグラウンドで動作させると動きがとても遅くなっているのですが、Pro版ではその不具合は解消されておりますか?
    教えて頂けますと幸いです。

    • いえ、基本的な動作は同じになっています…。

  15. お返事ありがとうございます。
    バックグラウンド系は全部遅くなるようですね…。

  16. iPhone5sと4sに入れましたが、バッテリーの減りがすごいです(T_T)
    アプリ設定せずに入れただけなんですが
    何かと競合するのかもしれません

  17. これSafariからの連携を使うと劇的に重いですね〜設定が良くないのかな?

  18. 乖離性ミリオンアーサーのオート機能でバックグラウンドで勝手にクリアして貰おうと思ってLite版で試したけどできなかった…
    Pro買おうか迷うなぁ