CameraLocation – カメラ使用時は自動で位置情報サービスをオンに

(12)

カメラアプリを起動すると、自動で位置情報サービスをオンにしてくれる『CameraLocation』のご紹介。

カメラアプリで写真を撮影する際に位置情報サービスをオンにして、写真に撮影場所を記録させている!という方も多いかと思います。後で見返すと楽しかったりするんですよね。
そこで『CameraLocation』を使用すると、カメラアプリ起動中のみ自動で位置情報サービスがオンになります!
逆にカメラアプリを終了すると自動でオフになりますので、「普段はオフに、カメラ時のみオンに」という使い方の人にはすごく便利かも!?

スポンサーリンク

詳細情報

CameraLocation

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): perascotta
Repo(配布元): BigBoss(デフォルト)

インストール

Cydiaより通常通りインストールしてください。
Searchタブより「CameraLocation」と検索すると出てきます。

jbapp-cameralocation-02jbapp-cameralocation-03

より詳しいインストール方法は【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】をご覧ください。

アプリ紹介

CameraLocation』を使用すると、カメラアプリ起動中のみ自動で位置情報サービスをオンにしてくれるようになります!
また、カメラアプリを終了すると自動的にオフとなりますので、私の様な「普段はオフ、必要な時だけオン」といった使い方の人には便利!
ただし、「普段もオンにしている」と言う方がオン忘れ防止に使う…という場合、終了時に自動でオフになってしまうため、こちらではなくActivatorなどを使う方が便利です。

jbapp-cameralocation-04jbapp-cameralocation-05

コメント

  1. 僕にとってはすごく便利です、ありがとうございます。海外とか位置情報入れたい時にうっかりいつも忘れるので。
    ちなみにあらかじめ位置情報オンにして起動した場合は、落としてもオンのままでしたよー。

  2. GOOD

  3. アルバム見ても位置情報が入ってない。
    オンになってないみたい。
    なぜだろうか??

  4. すいません。ここの記事とは関係ないのですが

    Volume Amplifierとゆうアプリを入れたら
    イヤホンでこっちの声が届かなくなりました・・
    アンインストールしてもダメです。
    その時にこのリポ↓も一緒に入ったのですがHacx Repository http://hacx.org/repo/
    がcydiaから削除できません。
    対処法あったら教えて下さい。
    お願いします!!!
    5s 7.1.2

    • 詳しい環境・状況が分からないため何とも言えないのですが、依存関係にあった物も含め削除、セーフモードで試しても同じと言う事であれば、一度iOSの復元を行ってしまった方が早いかもしれません

  5. あとcydiaリフレッシュ時に
    Duplicate sources.list nntry http://hacx.org./packges
    (/var/libapt/lists/hacx.org_repo_._packages)

    You may want to run apt-get update to correct
    these problems
    と表示されます・・

  6. 訂正します
    ↑duplicate sources.list entryでした。
    すいません

  7. 2さん
    プライバシーの位置情報設定で、カメラがアクセスオフになってませんか?
    僕は半年間、位置情報取れてるもんだと思ってましたがこれがオフになってて全く入っておらず両膝つきました。


  8. すみません
    ×2さん→○3さん
    でした

  9. リスプリングするとオンにしててもオフになりますね。まぁ、カメラの時だけオンにするためのものですからな。

  10. 管理人様へ
    セーフモードでもダメだったので復元します。
    ありがとうございました!

    • 自分の場合は、下記要領でやったら消去できました。
      1.「http://hacx.org./packges」ソースをCydia上で削除するが復活。
      2.このため「http://hacx.org./packges」のソース内をみるが未使用
        状態であったため、これを削除するが復活し削除できず状態になる。
        ==ここまでは多分同じ==
      3.つい先日インストした「Volume Amplifier」が元だと判断し、この
        「Volume Amplifier」を先ずアンインストする。
      4.次にiFileで、/etc/apt/sources.list.dフォルダへ移動。
      5.そこにある「Cydia.list」をテキストエディターで開き記述内容確認。
        このファイル中に「deb http://hacx.org./ ./」の記述がないため
        同一フォルダ内の「sourc.list」をテキストエディターで開く。
      6.そこに「deb http://hacx.org./ ./」だけの記述があったため
        このファイルをバックアップ目的で1階層上の/private/etc/apt/にmove。
      7.その後再起動させ、iFileで、/var/libapt/lists/内を確認すると
        hacx.org_repo_._packagesと、hacx.org_repo_._Releaseの2ファイルが
        既に消去されていた。
      8.次にCydiaアプリでソースを観ると一覧からhacx.org/repo/が消えていた。
      9.上記バックアップファイル「sourc.list」を削除しリスプリングし問題ない
        ことを確認し終了。

      因みに私もつい先日「Volume Amplifier」をインストしてからのエラー出力となっておりました。

タイトルとURLをコピーしました