Power Tap (iOS 11) – 電源メニューからリスプリングや再起動などを実行可能に [JBApp]

(4)

スリープボタン長押しで出現する電源メニューからリスプリングや再起動、セーフモードの実行が可能になる『Power Tap (iOS 11)』のご紹介。

通常「電源メニュー」からは電源のオフが行えるだけですが、『Power Tap (iOS 11)』では再起動、リスプリング、セーフモードの実行も可能に。
フリーズ時など、なぜか電源メニューだけは呼び出せる…ということがあったりするので、そういった際に便利だったりします。

ちなみに、ほぼ同等の機能を持つ【PowerdownOptions】との違いについても、後述します。

スポンサーリンク

詳細情報

Power Tap (iOS 11)

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): subdiox
Repo(配布元): subdiox’s Repo (http://subdiox.com/cydia/)

インストール

Cydiaへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『Power Tap (iOS 11)』をインストールしましょう。

http://subdiox.com/cydia/

jbapp-powertap-ios11-2

より詳しいインストール方法は【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】をご覧ください。

アプリ紹介

Power Tap (iOS 11)』をインストールすると、電源メニューからリスプリングなどが実行可能になります。
使用方法は簡単で、電源メニューを呼び出し、ノブ部分をタップすることで「電源オフ」、「再起動」、「リスプリング」、「セーフモード」を切り替えることが可能。実行は純正の操作と同じで、ノブを左から右へスワイプするだけ。
また、テキストについては設定からカスタマイズ可能です

jbapp-powertap-ios11-3jbapp-powertap-ios11-4

iPhone Xでは…

iPhone Xで使用する場合は、「音量ボタン上 -> 下 -> サイドボタン長押し」の手順で電源メニューを呼び出した場合にのみ使用可能です。

PowerDownOptionsとの違いについて

同等の機能を持つ【PowerdownOptions】という脱獄アプリもありますが、違いは「再起動」か「ソフトリブート」か、各種設定項目があるか、といったあたりの違いになります。

大きいのは「再起動」と「ソフトリブート」の違いですが、ソフトリブートを使用したい場合は【PowerdownOptions】をご使用ください。
ただし、それ以外の出来で言いますと、今回の『Power Tap (iOS 11)』の方が全体的にはいい感じかなと思います。

設定方法

設定アプリ内に追加される『Power Tap』項目より行います。
Reboot』: 再起動の実行を有効に
Respring』: リスプリングの実行を有効に
Safe Mode』: セーフモードの実行を有効に

Reboot』: 再起動スライダーのテキストを変更
Power Down』: 電源オフスライダーのテキストを変更
Respring』: リスプリングスライダーのテキストを変更
Safe Mode』: セーフモードスライダーのテキストを変更

jbapp-powertap-ios11-5

コメント

  1. 日本人開発者や

    • subdioxさんやぁ!アリガトウゴザイマス!!

  2. Power Tap2がリリースされてて、soft rebootとuicacheが追加されてますよ

    • 本当だ!subdioxさんフットワーク軽い!
      乗り換えよっと