CySpring – Cydia使用後もバッテリー情報を保持&インストール作業時間を短縮 [JBApp]

(14)

Cydiaから脱獄アプリをインストールしても、バッテリー情報が保持されるようになる『CySpring』のご紹介。

通常Cydiaから脱獄アプリをインストールすると最後にリスプリングが要求されますが、それに伴い使用時間やスタンバイといったバッテリー情報がリセットされてしまいます。
そこで『CySpring』を使用すると、Cydiaからリスプリングを行ってもバッテリー情報が保持されるように!

更に、脱獄アプリインストール作業の時間をちょっとだけ短く出来るオプションも用意されています。

スポンサーリンク

詳細情報

CySpring

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Skyler Kansala
Repo(配布元): Skylerk99 Repo (http://skylerk99.github.io)

インストール

Cydiaへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『CySpring』をインストールしましょう。

http://skylerk99.github.io

jbapp-cyspring-02

より詳しいインストール方法は【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】をご覧ください。

アプリ紹介

CySpring』を使用すると、Cydiaでの脱獄アプリインストール時に実行されるリスプリング後もバッテリー情報が保持されるようになります。
これにより脱獄アプリのインストール後も継続して設定アプリ内からバッテリー情報を閲覧することが可能に。

ただし、脱獄アプリインストール時のリスプリング以外は未対応ですので、Cydia以外でリスプリングを行った際などはこれまで通りとなります。

jbapp-cyspring-03

インストール作業時間がちょっとだけ短く

また、もうひとつの機能として……Cydiaでのインストール完了前に行われる「uicache」という作業を省き、インストールの作業時間をちょっとだけ短縮する事が可能です。
インストール完了前に現れる【ロード中】がこの作業にあたります。アプリ数などにもよるのですが、通常であれば数秒~10秒程度の時間が掛かる工程です。

jbapp-cyspring-04

この作業を省略して大丈夫なのか?という点ですが、多くの場合は大丈夫です。
ただし、この工程を省くとホーム画面にアイコンが出現する系の脱獄アプリをインストールした際、アイコンが出現しないという問題が発生するようになります。
そこで、そういった脱獄アプリをインストールする場合は、Cydiaのインストール確認画面に追加されているオプション【UICache: enable for app installs.】をオンにしてから、インストールを実行しましょう。
こうすることでuicache工程が省略されず、通常通りのインストール工程となります。

jbapp-cyspring-05

コメント

  1. リスプリングのところが
    のりスプリング
    になってるゾ

    • 本当だw

    • おっと……お恥ずかしい……!!!

  2. 誤字多すぎィ!

    • 別にいいでしょ それくらい

      • 君は誤字なくブログを出せるのかい
        おまえら下らんことで騒ぎ過ぎ

        • お前もおんなじ様なもんや

  3. なるほど。”せんてんすスプリング”に続く”のりスプリング”ですね。

  4. 女子高生だからね、ちょっとした誤字は
    しょうがないね

  5. これでリスプリング後のりセット煩わしさから解放されますね

  6. シスプリと聞いて

  7. 地味ですがこうゆうのは嬉しい

  8. この作業に「辺り」ます…ェ…

  9. 夜遅くに大変ね〜