Powercuff – 低電力モードに関する隠し設定を有効化、CPUクロックをより下げることが可能に [JBApp]

(43)

低電力モードに関する隠し設定を操作することが出来るようになる『Powercuff』のご紹介。

CPUクロックを下げ、いくつかの機能をオフにすることで消費電力を減らすことが出来る「低電力モード」ですが、どうやら隠し設定が用意されていた模様。
Powercuff』では、この隠し設定を有効化して、設定を操作することが出来るようになります。
また、この設定は低電力モードではない状態でも使えるため、低電力モードは使わない…という方にも、面白いかもしれません。

スポンサーリンク

詳細情報

Powercuff

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Ryan Petrich
Repo(配布元): rpetrich repo (https://rpetri.ch/repo/)

インストール

CydiaやSileoへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『Powercuff』をインストールしましょう。

https://rpetri.ch/repo/

jbapp-powercuff-2

アプリ紹介

Powercuff』を使用すると、低電力モードに関する隠し設定を操作することが可能に。
Ryan Petrich氏が発見した隠し設定では、段階に分けたCPUクロックの調整などを行うことが可能となるようです。
5段階に分かれており、例えば通常時「2664MHz」のCPUクロックが、低電力モード時には「1860MHz」、Heavy選択時には「573MHz」まで下がっているのが確認できました。

jbapp-powercuff-3

効果は?

CPUのベンチマークを取れるGeekbench 4にて、実際にそれぞれの設定で試してみた結果が以下のとおりです。

低電力モード Powercuff設定 シングル / マルチスコア
無効 None 5467 / 13777
無効 Nominal 5457 / 13833
無効 Light 5462 / 13757
無効 Moderate 5337 / 11599
無効 Heavy 1259 / 2353
有効 None 3564 / 6298
有効 Nominal 3572 / 6267
有効 Light 3567 / 6220
有効 Moderate 3290 / 6320
有効 Heavy 1280 / 2363

Lightまでは誤差範囲

None / Nominal / Lightに関しては、ベンチスコアを見る限りでは「誤差」と言えます。そのため、CPUクロックに関して大きな違いはなく、それほど消費電力量に違いは発生しない可能性があります。
ただし、Lightにすると一時的にCPUクロックが低下する場面が見られたので、その辺りで違いは出てくるかも…しれません。

また「Moderate」までいくと、低電力モード無効時では少しだけスコアが下がるため、動作速度は維持しつつ…少しだけ低電力化することが出来るかもしれません(体感できるかは…?)。

Heavyはカクつき有り

スコア、CPUクロックを見る限り…一番低電力化に有効なのは「Heavy」設定です。特にスコアの下がり具合が…すごい!
ですが、あまりにCPUクロックが下がりすぎるため、例えばアプリ起動にもたついたり、アニメーションにカクつきが発生します。
そのため、例えばスリープ中のみ自動で「低電力モードを有効」にしてくれる様な脱獄アプリ(SmarterLPMなど)と組み合わせ、Powercuff設定を低電力モード時のみ有効にしておくのがイイかもしれません。

注意点

Powercuffから行える隠し設定は見つかったばかりで、仕様がハッキリとしない部分があります。
そのため、効果などに関しては今後の検証次第…ということを理解した上で、ご使用ください。

設定方法

設定アプリ内に追加される『Powercuff』項目より行います。
Throttling』: 5段階から低電力化設定を選択
Only in Low Power Mode』: 前項で選択した段階設定を、低電力モード時のみ適用

コメント

  1. 違う質問なのですが、unc0verは署名復活したのですか?

    • そんなの逐一各サイトで確認しなきゃ分からんやろ。今復活してるかもしれないし、uncがダウンロードできるサイトはたくさんあるからな。ググれ

    • こればかりは、定期的に巡回するしかない。
      手間考えたらipaインストールか、チェックレイン行くしかない

  2. このPowercuffとSmarter LPMをサブ端末にインストールしておけば、
    バッテリー残量をキープできるから充電回数を減らせてとても助かる
    Ryan Petrich氏は神様やでぇ……

  3. SmarterLPMがiOS13.5に対応してないですね。。

    • Dependとして
      mobilesubstrate
      com.spark.libsparkapplist
      com.spark.libsparkcolourpicker com.opa334.ccsupport
      が指定されているけど、自分の環境では
      org.thebigboss.libcolorpicker
      もインストールされてないと設定画面が出ない

      色の設定はできないけどこれで他の各種設定ができるようになる

      • libsparkcolourpicker 一緒に入ってきますが設定が開けないです。
        iPhoneXS Max
        iPhone6s plus
        iPhoneX
        の3機種で試しましましたが。

    • レポからインストールできないってこと?現状自分の環境だとios13.5でも色の設定以外は問題なく使えますね

    • PreferenceLoaderインストールされてますか?

      • 2.2.4をインストールしてますよ。
        でも設定画面でlooding errorになりますね。。

        • 名前:匿名 : 投稿日:2020/05/30(土) 20:27:59で書かれてますよ。
          libcolorpickerをインストールして下さい。

    • 今更だけど
      1.0.3をインストール後
      1.0.4にアップデート

    • うーん・・・13.5に上げてから同じくsmartLPMが機能せず、設定からもアクセスできず。libcolorpickerもpreferenceloaderも入れてるけどダメ。strawも同じ様に機能してないし、設定からもひらけない。

    • 自分のところは複数端末LPM自体は動いてるんですが
      件のlibcolorpickerが読み込めません
      preferenceloaderももちろん入れてるんですが…

      同じ開発者さんのkaleidoscopeを起動させてみると
      spark氏作のカラーピッカーは起動し色選択が反映されない状態です

  4. smartLPTとsmarterLPT
    2つあるけど何が違うのかな??

  5. SmartLPMはios12.x以下
    SmarterLPMはios13.x

  6. 板違いの質問失礼します。
    iOS13.5 iphone8
    ステータスバーに日付を表示するアプリを教えて下さいませ。

    色々探しても無くてmikotoも動作しませんでした(汗

  7. Ryan Petrich氏がTweakリリースする度に嬉しくなる

  8. つかぬ事を伺いますが、CPU 情報の表示は何か他にアプリがあるんでしょうか。

    • 6Sの時 CPUがメーカー違いがあって調べたけど、いまもあるんかな?

    • AX-CPUとかApp Storeでダウンロードしてますよ。

    • 記事中の画像で使っている物はCPU DasherというAppStoreにあるアプリです。
      他にも色々あるので、CPUなどで検索してみるとイイかもしれません。

    • みなさま、ありがとうございます。
      早速入れてみます。

  9. これheavyに設定するとライトがiPhoneの温度が下がるまで使えませんってでて使えなくなるね
    おま環なのかも知れないけど
    iPhone11Pro 13.5

    • 同じくライトが使えなくなる。
      iPhone 11Pro

  10. 有料のCPUToolと仕組みは一緒ですか?

    • 私はそっちを使っています。
      サーマルモニタのパラメータを書き換えずバイパスでいじるという
      同じ手法じゃないのでしょうか、おそらく。
      CPUToolの方が、通常モード・省電力モードを一括で管理できるので扱いはいいなと個人的に思います。
      というかさっき調べたらアプデが出ていて、
      4段階で調整するかんたんモードもついて扱いやすくなってました。

    • まあこれ系はfilzaでもできるようなファイル書き換えるだかだからね

      • CPUToolもPowercuffもファイル書き換えじゃなく、thermalmonitordに対するTweakのインジェクションです

        • へーありがとう
          CPUTool入れてればPowercuffは入れる必要ないですか?

          • はず

  11. 因みにSantaさんが使用しているCPU情報を表示するアプリ(Tweak?)はなんですか?

    • 記事中の画像で使っている物はCPU DasherというAppStoreにあるアプリです。
      他にも色々あるので、CPUなどで検索してみるとイイかもしれません。

  12. CPUやGPUの電圧をモニタリングしたくなりますね。
    こういったアプリはありませんか?

  13. すいません
    低電力モードないiPadにも対応してますか?

    • iPad Mini5 iOS13.5に入れてみました。
      Heavyにすると528MHzにクロックが落ちてものすごくもっさりするので、ちゃんと動作していると思います。
      なおiPadにも低電力モード自体は実装されているようで、SmarterLPMで有効にできます。
      SmarterLPMとPowerCuffの組み合わせによって「スリープ中のみ自動で低電力モードにし、更にクロックを落とす」ということがiPadでもできます。

  14. おま環かも知れないけどご報告。
    スリープ時は低電力-ゼロにまで下げており
    確かに電池持ちはいい反面、
    ワイヤレス充電(Qi)時にそれだとめっちゃ熱持つ。
    通常モードだとほのかに温まる程度なのがあっつあつ。
    なんか処理がつっかえてるのかも。
    アクチとかで「充電中のみ通常モード」を策定中。
    13.5 iphone8