Nighthawk – コントロールセンターやウィジェット、通知などを真っ黒デザインに [JBApp]

(4)

いくつかの場所を、有機ELディスプレイに優しい真っ黒背景にしてくれる『Nighthawk』のご紹介。

iPhone Xシリーズなどに採用されている有機ELディスプレイですが、性質上…真っ黒背景の方がディスプレイにもバッテリーにも優しくなります。
そこで『Nighthawk』ではいくつかの場所を真っ黒背景化してくれます!
コントロールセンターや通知、ウィジェット、フォルダなどなど…黒背景化することが可能。ただ、見た目的にはかなり変化があるので、好みが分かれるかもしれません。

スポンサーリンク

詳細情報

Nighthawk

Price(価格): $1.99
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): DylanDuff
Repo(配布元): Packix (https://repo.packix.com/)

インストール

Cydiaへ下記のリポジトリを登録し、購入手続き後に『Nighthawk』をインストールしましょう。

購入方法は【Packixリポジトリから「有料脱獄アプリ」を購入する方法】をご参考ください。

https://repo.packix.com/

jbapp-nighthawk-2

アプリ紹介

Nighthawk』を使用すると、いくつかの場所を真っ黒デザインに変更することが出来ます。
適用箇所は全部で7箇所(執筆時点)用意されており、それぞれ個別にオン・オフが可能。
例えば、以下はコントロールセンターとウィジェットページに適用した際の画像です。

jbapp-nighthawk-3jbapp-nighthawk-4

フォルダ

基本的には全て同様の黒背景&白枠…というデザインになっており、フォルダに適用するとこの様な感じ。

jbapp-nighthawk-5

通知

個人的にはすごく昔のゲーム感があって好き…かもしれない、通知バナー。

jbapp-nighthawk-6

注意点

執筆時点(v1.0)では、一部環境にてドックにうまく適用されない場合が確認されています。壁紙には正常に適用出来るため、こんな感じで…ちょっと間抜けな雰囲気に…。

jbapp-nighthawk-7

また、壁紙に適用すると、いくつかの操作時にパッと一瞬元の壁紙が見えてしまう場合があります。
そのため、個人的にはドックと壁紙には適用しないのがオススメ…かなと思います(壁紙は真っ黒壁紙を自分で設定するだけでもいいので…)。

設定方法

設定アプリ内に追加される『Nighthawk』項目より行います。初回時は設定をオフ > オン操作を行う必要があります。
また、設定後はリスプリングが必要なのですが、リスプリング手段が用意されていません。別途PowerSelectorなどで行ってください。
Enabled』: 機能を有効にする

Blackout Wallpaper』: 壁紙を真っ黒に
Notifications and Widgets』: 通知とウィジェットを真っ黒に
Dock』: ドックを真っ黒に
Media Player』: メディアプレイヤーを真っ黒に
Control Center』: コントロールセンターを真っ黒に
Folders』: フォルダを真っ黒に
Alets』: アラートを真っ黒に

コメント

  1. スーパーダークモード

  2. 昔のRPGかよw

  3. 枠が2重に表示されたりと少し不安定ですね

  4. IPad6だけが使えたけど、iphone6sPlus iphoneX XsMax
    はどれも完全には動作しなかった。CoolCCがXsMaxで動作しな
    いので期待したが残念でした。