PowerSelector (CCSuport) – コントロールセンターから1つのトグルで各電源操作を可能に! [JBApp]

(6)

ひとつのトグルでリスプリングや再起動など各電源操作を行えちゃう『PowerSelector (CCSuport)』のご紹介!

コントロールセンターから電源操作…と言えばPowerCCModulesEzLauncherなどがありますが、どれもリスプリングや再起動など個別トグルとなっています。
ですが『PowerSelector (CCSuport)』ではひとつのトグルで各電源操作を行う事が可能!
トグルから電源メニューを呼び出して実行…という流れなので、個別トグルよりは一手間増えますが、コントロールセンターをスッキリさせられるのでイイ感じ!

スポンサーリンク

詳細情報

PowerSelector (CCSuport)

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Addons
Author(制作者): ichitaso
Repo(配布元): ichitaso repository (http://cydia.ichitaso.com)

インストール

Cydiaへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『PowerSelector (CCSuport)』をインストールしましょう。

http://cydia.ichitaso.com

jbapp-powerselector-ccsupport-2

より詳しいインストール方法は【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】をご覧ください。

アプリ紹介

PowerSelector (CCSuport)』を使用すると、コントロールセンターから各電源操作を実行する事が出来ます。
コントロールセンターに追加されるトグルはひとつだけで、こちらをタップすると電源メニューが出現。ここから実行したい機能を選択する仕組み。
使用できるのは「電源オフ」、「再起動」、「セーフモード」、「リスプリング」、「UICache実行」、「スリープ」。また、上部にIPアドレスやメモリ量なども表示されるおまけ付き。

jbapp-powerselector-ccsupport-3jbapp-powerselector-ccsupport-4

各操作実行時の確認について

PowerCCModulesなんかだと実行する際に「本当に実行してもいいか?」といった確認が表示されますが、今回のPowerSelectorでは「電源オフ」と「再起動」の時のみ確認ポップアップが出るようになっています。
その他のリスプリングなどでは確認が出ませんので、それらはサクッと実行可能で、脱獄状態が解除されてしまう再起動などではきちんと確認してくれる…という親切設計だったり!

設定方法

通常のコントロールセンター設定と同様、設定アプリ内のコントロールセンター項目から「PowerSelector」トグルを追加してください。

jbapp-powerselector-ccsupport-5

コメント

  1. これはいい

  2. 追加しようにも出てこないんだが…

    • それな

    • 私も同じく。
      cydiaからはインストールで来てるみたいなんですがねぇ…
      設定アプリ内には出てこないです。

      • 自己解決しました。
        『CCSupport』を手動インストールで出てきました。

    • そうですね〜私も11.1.2 iPad mini 4での脱獄ですが出てきません。作者のHPでは「CCSupport(BigBoss)」と「Silo(Packix)」入れるみたいな事が記載されていますが、CCSupport(BigBoss)をインストールするとSilo(Packix)が削除されてしまいその逆順でインストールしても同じく片方が削除されてしまいます。