AutoDynamicWallpaper – ロック画面の「Live壁紙」を自動再生してくれるように [JBApp]

(6)

ロック画面に設定した「Live壁紙」が自動再生してくれるようになる『AutoDynamicWallpaper』のご紹介。

通常ロック画面に「Live写真」を壁紙として設定した場合、3D Touchを行わなければ再生は行われず、それまでは通常の壁紙と変わりありません…。
そこで『AutoDynamicWallpaper』では、スリープを解除するだけでLive壁紙が自動再生してくれるように!
動画やGIF画像からLive写真を作成するアプリなどと組み合わせることで、好きな「動き壁紙」を作れるので、オススメ。動画やGIFを直接壁紙として使うよりもバッテリーに優しく、その点でもイイ感じです。

スポンサーリンク

詳細情報

AutoDynamicWallpaper(A12 Support)

Price(価格): $2.99
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Anima
Repo(配布元): Packix (https://repo.packix.com/)

インストール

Cydiaへ下記のリポジトリを登録し、購入手続き後に『AutoDynamicWallpaper』をインストールしましょう。

購入方法は【Packixリポジトリから「有料脱獄アプリ」を購入する方法】をご参考ください。

https://repo.packix.com/

jbapp-autodynamicwallpaper-2

アプリ紹介

AutoDynamicWallpaper』を使用すると、ロック画面の壁紙に設定した「Live写真」が自動再生されるように。
通常は3D Touchを行わなければ再生されないのですが、こちらを使用することでスリープ解除を行うだけで自動再生されるようになります。
更に、通知センターでも適用することが可能。また、ループは行えないのですが、2回連続再生…というオプションも。

jbapp-autodynamicwallpaper-3

デモ

GIFにしているため画質が悪いのですが、雰囲気としてはこんな感じ。
スリープが解除されると、自動的に再生がスタート。ホーム画面にも同じ壁紙を設定している場合は、再生が終了するまではそちらでも再生が継続されます。

jbapp-autodynamicwallpaper-4

自身で撮影 or 作成した物のみ

注意点として、壁紙としてデフォルトで用意されているLive写真には適用できません
使える物は、自分で撮影したLive写真か、AppStoreにあるアプリなどを通じて動画やGIF画像などから作成したLive画像になります。

注意点

執筆時点(v1.0.0-1)では、3D Touch非搭載デバイスでは使用することができません。

設定方法

設定アプリ内に追加される『AutoDynamicWallpaper』項目より行います。
Enable Tweak』: ロック画面での自動再生を有効に
Notification Center Enable(iOS11+)』: 通知センターでも自動再生を行う(iOS 11以上)
Loop Enable(Only Once)』: 2回連続で自動再生を行う
Respringt』: 設定変更後は、リスプリングにて適用

Push Notification Enable(iOS10+)』: 通知が来て、スリープが解除された際にも再生(iOS 10以上)

コメント

  1. ちょっっっとだけ高いかなぁ

  2. これ良いなぁ
    いま脱獄してないから使えないけど

  3. 自動些再生!?

    • はっ…なぞの文字が…なぞの文字が……(´;・;ω;・)

  4. バッテリーの消費はどんなもんでしょうか?

    • 環境により様々なので正確に「こう」とは言えないのですが、純正の再生システムが使われている様なので、動画やGIF画像を設定するよりかなり消費量は少ないのかなと思います