AutoProtect – 特定のWi-Fi接続時のみ、パスコードロックをスキップ! [JBApp]

(4)

設定した特定のWi-Fi接続時のみ、パスコードロックをスキップしてくれる『AutoProtect』のご紹介。

ロック解除時にパスコードを入力しなければ解除出来ないようにロックを掛けている方も多いと思います。ですが、自宅で自分しか居ない場合にまでいちいちパスコード入力は面倒ですよね。
そんなときに、自宅のWi-Fi名を登録しておけば、そのWi-Fiへ接続されている間のみパスコードロックをスキップしてくれるように出来るのがAutoProtectです!
もちろん自宅以外でも大丈夫で、5つまでWi-Fi名を設定しておくことが出来ます。

iOS 6をお使いの方はiOS 6用の【AutoProtect for iOs 6 – iOS 6版!特定のWi-Fi接続時にパスロックを無効! [JBApp]】が別にリリースされておりますので、そちらをご使用ください。使い方は全く同じになっています。

スポンサーリンク

詳細情報

AutoProtect

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Fllotouchx
Repo(配布元): BigBoss(デフォルト)

インストール

Cydiaより通常通りインストールしてください。
Searchタブより「AutoProtect」と検索すると出てきます。(AutoProtect for iOs 6と言う物もありますが、それはiOS 6専用になっていますのでお間違えの無いように注意してください)
jbapp-autoprotect-02jbapp-autoprotect-03

より詳しいインストール方法は下記記事をご覧ください。
【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】

アプリ紹介

通常はパスコード入力をしなければロック解除が出来ないように、パスコードロックを有効にしているとします。
ですが!事前に設定しておいたWi-Fiに接続されている間のみ、このパスコードロックを無効・スキップ出来る様になるのがAutoProtectです!
例えば自宅Wi-Fiに接続されている間はパスコードロックは無効に~ですとか、職場Wi-Fi接続されている間は~などと、特定のWi-Fiを5つまで設定しておくことが出来ます。
Wi-Fiが切断されるとパスコードロックが有効となりますので、自身でオンオフする手間が省けますね!

jbapp-autoprotect-04jbapp-autoprotect-05

設定方法

特定のWi-Fiを設定していきましょう。

設定アプリ内に追加された『AutoProtect』項目から設定を行います。
jbapp-autoprotect-06

Enabled AutoProtect』をオンにすることで機能が有効となります。
その下の5つのテキストフィールドに接続時にはパスコードをスキップしたいWi-Fi名を設定出来ます。
Wi-Fi名は設定アプリのWi-Fi項目から確認が可能です。(Wi-Fi名なので、同じ名前が使われている場合は他の部分でも機能してしまうようです。ご注意ください。)
jbapp-autoprotect-07jbapp-autoprotect-08

コメント

  1. iPhone4 5.1.1 です
    登録したWi-Fi環境でもロックされますねぇ

  2. 私も同じです
    この アプリ ちゃんと機能しませんね〜

  3. 質問お願いします。

    IOS8.1にてこのアプリはちゃんと動作していました。
    このたびIOS8.4で脱獄後、こちらのアプリをインストールしたのですが、
    設定からアプリの設定を立ち上げると、prefarencesfileが無いといったエラーが出てしまいました。
    何度削除とインストールを繰り返しても同じです。
    解決方などありましたらご教示お願いします。

    エラーメッセージ:
    There was an error loading the preference bundle for AutoProtect.

    • AutoProtectは何年間もアップデートされておらず、最新のバージョンでは対応出来ていない可能性があります。