iOS 9.2.1向け脱獄手法が公開、脆弱性はiOS 9.3.1でも一応存在。ただし対応デバイスが…

(102)

ここ最近大きな動きの無かった脱獄界隈ですが、ここに来てiOS 9.2.1向けの脱獄手法がオープンソースとして公開されました!
ただしいくつか気になるポイントもありますので、詳しく見ていきましょう…。

スポンサーリンク

脱獄手法が公開

まずは【Flying JB】と名付けられた脱獄のデモ動画が公開。
iOS 9.2.1(iPhone 5c)を脱獄している場面が映しだされており、ターミナルをインストールしてrootとしてコマンドが実行できることも証明されています。

オープンソースで公開

今回使用された脱獄手法(iOS 9.2.1以下向け)は【iOS冰与火之歌】という名前でGitHubにてオープンソースで公開されました。
もちろん脱獄ツール…ということではなく、今の段階ではまだ「脱獄手法」ですので注意が必要です。

対応デバイスは32bit限定

また、今回の一番大きなポイントとして…対応デバイスが一部だけという問題が…。

説明によると『対応しているのはArmv7デバイス限定』とされており、これは以下のデバイスを指します。(iOS 9.xが使用できるデバイスのみ)
ということで、わかりやすく言ってしまえば32bitデバイス限定であり…64bitデバイスでは使えないよ!ということに…。

  • iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5c
  • iPad 2、iPad 3、iPad 4、iPad mini
  • iPod touch 5

脆弱性はiOS 9.3.2で修正

今回公開されたのは「iOS 9.2.1向けの脱獄手法」なのですが、使用されている脆弱性自体はiOS 9.3&iOS 9.3.1にも存在するそうです。
ただし、iOS 9.2.1向けの手法を流用することは出来ず、対応させるには難しい部分もあるのだとか。

また、脆弱性はiOS 9.3.2で完全に修正されているそうです。

ということで…iOS 9.1の脱獄では対象外(脆弱性の関係で)されてしまった32bitデバイスをお持ちの方には朗報でしょうか!
ただし、基本的にはiOS 9.2.1で待機している方が対象となってしまいますので、そうなると尚更狭い範囲に…。

今後期待されるのはこの手法を使用した脱獄方法や脱獄ツールの登場ですが、これについては別の開発者さんに投げられている状態な様なので、今後どうなるか…もう少し様子見が必要になるかもしれません。

コメント

  1. 上げなくて良かったー

  2. やっとか…5cの俺に朗報だ

  3. きたー!低スペのtouchでよかったw

  4. iphone5sのワイ、死亡

  5. ん? ん?
    俺のiPad mini2は?

  6. むぅ…脱獄情報が出たので9.3.2に上げたんだが、…。

  7. 5touchヒャッハー

  8. iPhone6 plus …

  9. 脱獄手法と脱獄ツールの違い教えろよ

    • 大まかにはツール化されているかされていないか、といったイメージで大丈夫かと思います。
      もちろんツール化されていない場合は一般的に使えるものではなく、物によってはかなり深い知識、また他の脆弱性やExploitを要求される場合もあります。

  10. 結局これも使われなかったなぁ

  11. ちょっと口調が子供っぽい人が多い気がするなあ…..
    脱獄が子供うけするのは残当か。