開発者向けに「iOS 6.0 beta 2」をリリース。既に一部デバイスでは仮脱獄も可能

(0)

開発者の方向けにリリースされていたiOS 6.0 betabeta 2(10A5338d)にアップデート&リリースされました。
それ自体の話をしてもあまり意味はないので置いておいて、脱獄に関するお話をちょこっとしてみたいと思います。

スポンサーリンク

既に一部は仮脱獄可能

リリースされてすぐなのですが、既に一部のデバイスでは仮脱獄も可能となっています。

仮脱獄が可能となっているのは下記の3機種です。

  • iPhone 4
  • iPhone 3GS
  • iPod touch 4G

これらのデバイスはLimera1n Exploitを使った手法が通用するため既に仮脱獄が可能となっています。

Redsn0 0.9.13dev2

仮脱獄をするためにはRedsn0 0.9.13dev2を使用します。
これはiOS 6.0 beta 1向けの仮脱獄ツールなのですが、ちょっとした手順を踏むことで今回のiOS 6.0 beta 2の仮脱獄を行うことが可能です。

手法は至って単純で脱獄作業実行前にRedsn0w「Extras」 > 「Select IPSW」から「iOS 6.0 beta 1」のファームウェアを選択することです。
beta 2の脱獄ですが、選択するファームウェアはbeta 1です。
あとは通常通りの作業で仮脱獄を行うことが出来ます。

beta 2の使用期限

Beta版には使用期限という物が設けられています。
この期限が来るとBeta 2がインストールされているデバイスが使えなくなる。という感じです。

iOS 6.0 beta 2(10A5338d)の使用期限に関してiH8sn0w氏が報告しています。
それによると『2012年7月31日 PM8:00(東部標準時)』とのことです。

期日はそれほど重要な情報ではありませんが、この期日までには次のBeta 3等がリリースされるという目安にはなりますね。

コメント