iOS 5.0 SHSH の発行が終了。iOS 5.0.1 リリースから約19時間後の出来事であった。

(4)

先日iOS 5.0.1 がリリースされました。
その約19時間後にiOS 5.0 SHSH の発行が終了しました。

スポンサーリンク

発行終了までの猶予期間

新しいiOSバージョン(今回であればiOS 5.0.1)がリリースされてもすぐに前iOSバージョン(iOS 5.0)のSHSHを発行終了にはせず、数十時間~数日間は発行し続け、その後に終了となります。
この数十時間~数日間が猶予期間と呼ばれる物です。

猶予期間はそのたびに様々で、これまでから見ると今回の約19時間は多少短かった感がありますが、Appleにとっては予定通りなのでしょう。

iOS 5.0 SHSHの発行が終了するとどうなる?

結論から言いますと、「iOS 5.0 へのアップグレード、ダウングレードを含む全ての復元が出来ない」です。
iOS 5.0のファームウェアを手動指定して復元しようとしても認証出来ないため『不明なエラー(3194)』が発生し、復元が行えません。
ios50-shsh-closed-01

現状では今現在の最新版であるiOS 5.0.1に復元するしか出来ません。
*iOS 4.x SHSHをTinyUmbrella等で利用しての復元は現在でも可能です。

SHSHの保存は意味ない?

これまではSHSHをTinyUmbrella等で取得、保存したSHSHを再利用する事で発行終了後も保存したSHSHを使用してダウングレード等の復元を行う事が出来ました。
ですが、iOS 5以降では以前の記事の通り、SHSHの仕様に変更が入り保存しても意味の無いものとなってしまいました。

仕様変更ってどんなの?

仕様変更後のSHSHはどんな物かもう一度さらっとご説明します。

iOS復元時にはアップルから「復元しても良いよ~」という許可証を貰う必要があります。
この許可証がSHSHです。
これまでは貰った許可証(SHSH)をTinyUmbrella等を使用して保存し、再利用する事が出来ました。
再利用可能と言う事が、ダウングレード等を可能にしていました。

ですが、iOS 5以降アップルは「iOS復元時に毎回、新しい許可証(SHSH)を発行するね!」と仕様を変更しました。
”毎回新しい許可証(SHSH)”というのがポイントで、要するにこれを保存しておいたとしても再利用不可能その時限りの許可証(SHSH)と言うわけです。
再利用不可能なので、保存しておいても意味が無い。
復元時には必ずAppleサーバーから新しい許可証(SHSH)を貰わなくては駄目。
発行が終了してしまったiOSバージョンの許可証(SHSH)は貰えませんので、復元不可能。となってしまうと言うわけです。

ハッカーさん達が頑張っている!

手法や開発状況に関しては何も伝えられていませんが、これに対抗するべくをハッカーさん達が頑張って模索中のようです。
劇的に何かが変わるわけでは無いのかもしれませんが、私たちはじっくり待ちましょう。

コメント

  1. いつも参考にさせていただいてます。
    私のような脱獄初心者でもわかりやすい記事で大変助かっております。
    これからも頑張ってください^^

    関係ないですが、数日前にこのサイトに数時間の間アクセスできませんでした。
    あれはなんだったのでしょう?

    • ありがとうございます。
      励みになります!

      一週間程度前の事であればサーバー移転作業を行っていましたので数時間はブログを停止していました。

  2. ipodtouch5,0,1の完全脱獄はできるのですか?
    できないとしたら、いつできるのですか?