iFaith for Macがそろそろリリースされそう & iOS 7対応についてはまだ調査段階

(0)

以前からちょこちょこと噂のあったiFaithのMac版「iFaith for Mac」ですが、開発を担当しているdjayb6氏がリリース間近であると報告、更にオリジナル版iFaithの作者でもあるiH8sn0w氏がiFaith for Macの画像を公開しています。

また、それとは別にiH8sn0w氏がiFaithとSn0wbreezeの「iOS 7対応状況」について報告してくれています。こちらはiTunes 11.1との問題もあるので、まだ厳しいようです…

スポンサーリンク

iFaith for Mac

iFaithとは、「~A4デバイス」向けにSHSHを組み込んだCFWの作成する事が出来るツールです。iPhone 4などの「~A4デバイス」をダウングレードしたり最新版以外への復元するために使用します。
安定度も高く、非常に便利なツールなのですが、残念ながらWindows版のみしかリリースされておらず、Macの方は仮想環境などで使用するしかありませんでした。

Mac版もリリース間近?

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/jbprd/status/381412656621445121″]

以前から「iFaith for Mac」の話はちょこちょこと出てきてはいたのですが、今回は開発を担当しているdjayb6氏が「もうすぐリリース出来そう」と報告してくれています。

画像も公開

[blackbirdpie url=”https://twitter.com/iH8sn0w/status/382326382035890176″]

ifaith-for-mac-release-son-02

更に、オリジナル版の作者でもあるiH8sn0w氏がiFaith for Macの画像を公開しています。

Windows版とは使える機能が違う?

Windows版iFaithではSHSHの取得など、CFW機能以外にもいくつか機能が搭載されていますが、公開されたMac版の画像を見るとiFaith’s Restore Centerとなっており、Windows版とは微妙に異なった機能や使える機能が限定されているのかもしれません。

iOS 7対応について

iH8sn0w氏がWindows版iFaithとSn0wbreezeの「iOS 7対応状況」について報告しており、これによるとiTunes 11.1にてCFWで復元するとエラーが出る問題の影響でiOS 7対応は遅れているそうです。また、現在コレに対する対策を考えているようで、調査中とのことでした。
iTunes 11.1では、iOS 6.xまでのCFWを使った復元時でもエラーが出てしまうため、当面の対策としてiTunes 11.0.5へダウングレードする様にとのことです。
【iTunes 11.1 ではCFWを使った復元でエラーが発生… & iTunes 11.0.5 に戻す方法】

iOS 7に対応している「~A4デバイス」はiPhone 4のみなので需要としては限定的かもしれませんが、まだまだ実験機としても重要なiPhone 4なだけにiFaithのiOS 7対応に期待と言った感じでしょうか!
iTunes 11.1でのエラーも毎回面倒なので、これが解決されると私はとっても嬉しい限りです・・・

コメント