テキスト選択メニューから検索&翻訳「Selector」と「SITUM Pro」の欠点を補いつつ併用したい!! [JBApp]

(7)

テキスト選択メニューから直接「検索」と「翻訳」を行うことが出来る【Selector】や【SITUM Pro】。
非常に便利で個人的に大好きなのですが…どちらもうまく動作出来ない場面があり、地味気になっていました…。

ですが!幸いな事に、うまく動作出来ない場面はそれぞれ異なっているため、SelectorとSITUM Proを併用することで完璧ではないかっ!と。
ということで、併用する際にちょっと工夫が必要だったので、需要があるのかわかりませんが…その辺りについて記しておきたいと思います。

スポンサーリンク

SelectorとSITUM Pro

Selector】と【SITUM Pro】の違いとしては、Selectorはポップアップ表示(もしくはSafari起動)、SITUM Proはウィンドウ表示となる点です。他に大きな違いはなく、どちらも検索・翻訳を行うことが出来て、非常に便利!

howto-selector-and-situmpro-combination-text-menu-search-translation-2howto-selector-and-situmpro-combination-text-menu-search-translation-3

それぞれの問題点

Selector】の問題点としては、アプリ中のブラウザ画面(ウェブビュー)でポップアップ表示が行えない場合がある点です。
SITUM Pro】の問題点としては、Safariにて選択されているテキストではない、別のテキストが検索されたり翻訳されたりする場合がある点です。

要するに、Selectorは各アプリのブラウザ画面で問題が出る、SITUM ProはSafariで問題が出る…となります。

結果として「各アプリ中ではSITUM Proを使い、SafariではSelectorを使う」という併用が個人的にはいい感じでした。
特にSelectorの設定で検索はポップアップにしないことで、新しいタブとしてSafari中で開いてくれるため、SafariでSelectorを使うのは…個人的に完璧!

併用の問題点…

併用することで前項の問題点は改善されたのですが、ここで新たな問題が…。それが、選択メニューにSelectorとSITUM Pro両方のメニューが出てしまうことです。
元々Cloakyにて不要メニューを非表示にして整理していたのに、これでは使いにくい…。しかも、若干どっちがどっちかわからない…。
Cloakyでどちらかを非表示にしては…とも思いましたが、どちらも「Translate」と同じメニュー名となっており、表示・非表示が個別に行えないのです…。

howto-selector-and-situmpro-combination-text-menu-search-translation-4

TweakConfiguratorを使う!

Selectorを「Safariでのみ有効化」、SITUM Proを「Safariでのみ無効化」が出来れば、併用時の問題は解決…となります。

いくつかこれが出来る脱獄アプリを試してみた結果、設定含め【TweakConfigurator】を使うのが楽でした。
TweakConfiguratorは「特定の脱獄アプリが、指定したアプリ中で有効か無効か」を選択できるようになる物。これを使うことで、併用時の問題を解決してみました。

SelectorをSafariでのみ有効に

TweakConfiguratorの設定にて「Tweak」から【Selector.dylib】を選択し、「Apps」より【Safari】を有効に。
最後に「Use Whitelist」を有効にしましょう。
これでSelectorはSafariでのみ動作し、Safari以外のアプリでは動作しないようになります。

howto-selector-and-situmpro-combination-text-menu-search-translation-5

SITUM ProをSafariでのみ無効化

続いて「Tweak」より【SITUMpro.dylib】を選択し、「Apps」より【Safari】を有効に。
Selector時はUse Whitelistを有効にしましたが、こちらでは無効のままにしましょう。
これでSITUM ProはSafariでは動作せず、Safari以外では動作するようになります。

howto-selector-and-situmpro-combination-text-menu-search-translation-6

完璧!

今回の手法により、SafariではSelectorを使用し、それ以外ではSITUM Proを使用する…という事が可能に!
もちろんそれぞれ片方しか動作しないので、メニューに両方表示されることもなく、使いやすい!更にCloakyにて選択メニューの使わない項目を非表示にすると、完璧っです!

howto-selector-and-situmpro-combination-text-menu-search-translation-7

コメント

  1. 併用の問題よりも
    TweakConfiguratorを知れたことが有益だった
    SANTAさんありがとう

    • 地味ではあるのですが、色々とカスタマイズしていると使いどころがあったりするので、便利です!

  2. SITUM Proなんてあったんだ
    iOSを13.5にしてからSelectorのポップアップが一切使えなくなってたから乗り換えようかな

  3. 私はMenuSupportのアイコンに慣れてしまっているので、必ず入れるのですが、そうするとSITUMのほうだけ検索アイコンになるので、わかりやすいですよ。

    • SITUMだと翻訳が無いためイイのですが、SITUM Proだと翻訳(Translate)はアイコン化されないのですよね…。

      • あれ?私もpro入れてるんですけどね。。
        勘違いかなぁ。すいません!

  4. DVirtualHome使えそう

タイトルとURLをコピーしました