[iOS 9.3.x脱獄] Safariを使って脱獄環境に戻れるサイトが登場、期限問題も解決!

iOS 9.2~9.3.3の脱獄では、再起動後に専用アプリを使って脱獄環境へ戻るという作業が必要です。
さほど大きな手間というわけではないのですが、このアプリがクセモノで、自身のApple IDを使った署名であれば7日間、Panguや25PPが用意した企業用署名であれば2017年4月に期限が切れ、使えなくなります。
もちろんそれまでに更新などがあるとは思いますが、ちょっと心配ですよね…。

ということで、Luca氏がSafariを使ってサクッと脱獄環境へ戻れるサイトを公開しています!これならば期限も関係なく、更に成功率もいい感じな様です。

スポンサーリンク
336

Safariを使って脱獄環境へ戻る

まず初めに、今回公開されたサイトは「脱獄するため」ではなく「脱獄済みのデバイスを再起動後に脱獄環境へ戻す」ための物になります。
ですので、使用するにはこれまでの脱獄方法を使用して脱獄を行っている必要があります。

使い方① goボタンをタップ

再起動後、脱獄環境へ戻れていない状態でSafariにて【https://jbme.qwertyoruiop.com/】へアクセスします。

すると画像の様な画面が出てきますので【go】ボタンをタップ。

howto-ios93x-jailbreak-rejailbreak-luca-jbme-02

使い方② アラートを閉じてスリープ

go表示が「doing it」へ変わり、すぐに以下画像の様なアラートが出現します。(アラートが出現しない場合はサイトをリロードしてから、再度試してください)

閉じる』ボタンでアラートを閉じ、すぐにデバイスをスリープボタンでロックさせてください。これだけ。

howto-ios93x-jailbreak-rejailbreak-luca-jbme-03

使い方③ リスプリングされて完了

はい、あとはすぐに自動でリスプリングされるので完了してロック画面が出現するまで待ちましょう。(稀にロック画面が出現せずスリープ状態のまま完了することもあるので、その際はスリープボタンで復帰)

簡単ですね!

失敗事例

個人的にはPanguや25PP製の専用アプリを使って脱獄環境へ戻るときよりも成功率がバツグンに高い気がするのですが、それでも失敗することがあります。

その中でも一番多い失敗が以下の物。
goボタンをおした時、もしくはアラートを消した際などに【このWebページで問題が起きたため、再度読み込まれました。】とエラーが出る場合です。
これは完全に失敗しているので、Safariでリロードし直してからやり直してください。

howto-ios93x-jailbreak-rejailbreak-luca-jbme-04

ブックマークしておくとよい

ブックマークに加え、「ホーム画面に追加」をしておくとPanguアイコンのウェブクリップが追加出来ます。サクッと起動して使いやすいので、ホーム画面においておくと便利です。

良い!とても良いかもしれない!
まだ使用回数が少ないので総合的な判断は出来ませんが、期限切れを気にすることもなく、体感的には成功率もアプリより高めで、なかなか良さそう。
問題があるとしたらネット接続が必須……という点でしょうか。iPhoneであれば問題は無さそうですが、iPod touchやWiFi版iPadでは外出先では使い難いかもしれませんね。

とは言え、選択肢が増えたことは素晴らしいです!

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/05/05(金) 00:05:17 返信

    サイトがエラーとでて開けません。解決策を教えてくださいm(_ _)m

    • 名前:匿名 投稿日:2017/05/09(火) 15:33:23 返信

      ミートゥー

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/05/27(土) 19:20:39 返信

    すみません、関係無いんですがソースがずっと読み込まれず新しい脱獄アプリがインストール出来ない状況なのですが…脱獄方法はこの記事の物です。

コメントを投稿