“WinterBoard”がメモリーイーターじゃなくなった??

(2)

先ほどメールにてWinterBoardがアップデートによって軽くなっているのでは?
と、メールにて情報をいただきました。
そこで、少しですがどうなのか検証を。


今回はメモリの使用量を調べるためにAppStoreにて230円で販売中の
”Memory Status”
を使用しました。
これ、実はメモリークリーン機能がついててゲームをやる前に実行すると落ちにくくなったりします。
便利で安いので買っておいても損はないかも??
さて、それでは本題に。
今回はMemory StatusのFree部分を見て行きます。
これがどれほど正確なのかはわかりませんが・・・
計測は2種類。
WinterBoardにてテーマを適用中の物。
WinterBoardをアンインストールした物。
どちらも再起動後の値です。
・WinterBoard (テーマ適用中)
  Free → 27.96% (24.7MB)

・WinterBoard アンインストール済み
  Free → 29.84% (26.5MB)

さて、このような結果でした。
・WinterBoard (テーマ適用中)
  Free → 27.96% (24.7MB)
・WinterBoard アンインストール済み
  Free → 29.84% (26.5MB)
今までから比べると明らかにメモリを使用する量が少なくなっていると思います。
ですがやはりまだ少し差がありますね。
まだ、管理人はアップデートしてから常用はしていないのでこの数値でのみの判断しか出来ませんがココまで軽くなっていると常用しても問題がないように思えます。
と、言うことで管理人は本日から常用をしてみたいと思います。
重さや落ちやすさ等はまた今度記事にしたいと思います。
今回の記事は参考程度に見ておいてください。

スポンサーリンク
アプリ
スポンサーリンク
Tools 4 Hack

コメント

  1. ボードのスペルも知らないのかよこの管理人

  2. 名無し様
    "a"が抜けておりました。
    ご指摘ありがとうございました。
    どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました