SHSHを取得・保存「tsschecker」がiOS 13&iPhone 11などのA13デバイスに対応

(8)

SHSHの取得・保存を行えるコマンドツール「tsschecker」がアップデートされ、iOS 13対応A13デバイス対応が行われています。
これにより、iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max向けのSHSHを取得出来るようになりました。また、iPad 7のSHSH取得にも対応しています。

スポンサーリンク

tsschecker v300

tsscheckerがv300へとアップデートされ、「tihmstar/tsschecker」からダウンロードすることが可能となっています。
ただし、現時点ではmacOS用しかなく、Windows用は用意されていないので、ご注意ください(今後1Conan氏などがWindows版をリリースするかな…とは思います)。

更新内容

  • iOS 13に対応
  • iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Maxに対応
  • iPad 7(第7世代)に対応

iOS 13.xに対応

iOS 13よりipswのZIP形式に変更が入っており、この影響で前バージョンtsscechkerではエラーが発生していました(手動でBuildManifest.plist指定で回避可能)。

ですが、今回のバージョンよりiOS 13のSHSHも問題なく取得が出来るようになっています。
ちなみに、実行時にlibzip関連でエラーが出る場合は「brew install libzip」辺りでインストールしてあげればオーケー。

実際に試してみましたが、問題なく現在発行中である「iOS 13.1.2」と「iOS 13.1.3」、「iOS 13.2」のSHSHを取得することが出来ました。
実行方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。また、A12デバイスの方はapNonce値の指定が必要です。

update-tsschecker-v300-save-shsh-support-ios13-and-iphone11-2

iPhone 11系での注意点

iPhone 11シリーズにも対応となって、SHSHの取得が可能です。
ただし、A13デバイスではapNonce値の取得がまだ行えませんので、確実に使用可能なSHSH…を取得する事は困難です。
そのため、あくまで「運が良ければ使えるかも…」程度の感覚で居ましょう。

update-tsschecker-v300-save-shsh-support-ios13-and-iphone11-3

基本的には「TSS Saver」をご使用いただくのがオススメなのですが、デバイス数が多いと一つずつ取得するのが面倒…。
そのため、個人的には「tsschecker」を使用していたりします。コマンドから行えるので、スクリプトを作っておけば全デバイスを自動で取得していってくれるので楽ちんです。
A12デバイスに関しては、一応取得前にapNonce値の確認は行っていますが、脱獄環境であれば今の所一回も変わった事がないので、問題ないかなぁという感じでしょうか。

ということで、tsscechkerが対応してくれて…私は嬉しいよ!!
特に、BootROM Exploit「checkm8」の開発が進めば、SHSHの重要性も上がってくる可能性があるので、取得大事…!

コメント

  1. 実行方法については「こちの記事」
    ww

    • 若者なので(´・ω・`)ら抜き言葉をつかってしまったようです!!!

      • 管理人さんオチャッピーだよな。
        いろいろJKみたいにかわいい。

  2. こちの記事とかかわいい!!

  3. Blobsaver使ってshsh落としたんですけど大丈夫ですよね?

    • デバイスにもよるのですが、v2.4.0をご使用いただけていれば、大丈夫かと思います。

  4. 記事と関係がないので申し訳ないのですがcydia impactorを今使うと

    file: provision.cpp; line: 81; what:
    ios/listDevices =3018
    Please update to Xcode 7.3 or later to continue developing with your Apple ID.

    と出てしまいIPAを送ることができませんでした
    なにかこちらでできるエラー回避方法はありますか?それともsaurik先輩のアプデ待ちになりますか?