サクッとSHSHを保存「blobsaver 3.1.0」へアップデート、TSS Saverなど外部サービスでも保存してくれるように

(9)

SHSHをサクッと保存出来る「blobsaver」のアップデートが行われ、TSS Saver&SHSH Hostでの保存も同時に行えるようになっています。
更に、ApNonce値の自動取得機能も改善が行われ、脱獄状態かどうかが自動選択されるようになっています…!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

blobsaver v3.1.0

blobsaver】の正式版がアップデートされ、v3.1.0がリリースとなっています。それぞれ以下のリンクからダウンロードが可能ですので、自身のOSに合わせてご使用ください。

更新内容

  • ApNonce値の取得時に、自動でApNonce値が固定されているかを確認するように
  • blobsaverから「TSS Saver」と「SHSH Host」にSHSHを保存出来るように
  • Appli Silicon用のビルドを追加
  • 新しいデバイスに対応(iPad Air 5 / iPhone SE 3)
  • 依存関係の更新

外部サービスと連携可能に

SHSHをブラウザから取得・保存出来るサービスである「TSS Saver」と「SHSH Host」ですが、Blobsaverからこれらサービスへの取得指示が行えるようになっています。

SHSH取得時に画面下部にある「Also save to TSS Saver」や「Also save to SHSH Host」にチェックを入れ、「Go」ボタンにて実行することで、それぞれのサービスでもSHSHを保存してくれます。
これにより、いちいち各サービスにデバイス情報を入力する必要がなくなり、更にBlobsaverに加え他サービスでもSHSHを取得・保存出来るため、保険としても使用できます。

update-blobsaver-v310-auto-detect-apnonce-freeze-and-tsssaver-shshhost-1

注意点

注意点として、SHSH Hostではタイミングによりエラーが帰ってくることがあります。
これはSHSHが発行されていないベータ版のSHSHを取得しようとしたり、最新iOSバージョンのSHSHがうまく取得出来ない場合があるためです。

最新版iOSバージョンのSHSHに関しては、少し時間を空けてから試すと取得する事が出来るようになる場合が多いのですが、この点は注意が必要です。

ApNonce値の取得時に自動判定してくれる

A12以降のデバイスでは「ApNonce」をデバイスから取得する必要がありますが、前バージョンまでは「Jailbroken / Unjailbroken」を選ぶ必要がありました。

ですが、今回のバージョンよりこの選択が不要となり、自動で判定してくれるようになっています!

update-blobsaver-v3beta-add-read-generator-and-apnonce-5

注意点

Generator値 / apNonce値を取得する際、デバイスは自動的にリカバリーモードへ入り、通常であれば自動的に復帰します。
ですが、デバイス側の問題やタイミングにより、どうしてもリカバリーモードで停止してしまい、復帰ができない…という事が稀にですが発生することがあります。

「Exit Recovery」などで復帰出来る場合も多いのですが、仕組み上…復元が必要になってしまう場合もあります。
実行前に発生するかどうかの判別は難しいため、この点は十分に理解した上でご使用ください。

外部サービスとの連携もとても嬉しい機能なのですが、個人的にはApNonce値取得の際の選択が不要になるの…結構デカイな!と。
これ、以前の記事でもちょこっと触れましたが、選択肢を間違えると「使えないSHSH」となってしまう場合がありました。
実際、ここ最近もiOS 15.1 / 15.1.1へFuturerestoreでアップデートしようとした際に、この選択肢を間違えていたせいで不可に…という報告もちょこちょこ見かけましたので、自動判定されるのは安心…。

コメント

  1. 結局このソフト自動で出来てる人っているんですかね?毎回アップデートしても出来ないのですよね。
    ちなみにWindows10です。

    • 自動でできるの?初耳なんだけど

      • Auto save settingのとこで出来ない?

        • できないねぇ

    • 不安なんで結局手動でやっちゃうから検証できねぇわw

  2. 「デバイス側の問題やタイミングにより、どうしてもリカバリーモードで停止してしまい、復帰ができない」
    との事ですが、同様にリカバリーモードのところでリンゴループに入りました。
    ダイアログを右上の「×」で消すことで無事に起動はしてくれたのですが、
    iTunesを使って復元する時に正常に復元できない時の対策(問題点)としてiPhoneの「パスコードをオフにする」ことで復元のトラブルがなくなったことを思い出し、「設定」の「Face IDとパスコード」から「パスコードをオフにする」でパスコードをなくすことでリカバリーモードのタイミングでのリンゴループが起こらずに無事に読み取ってくれました。
    (正確には1~2回ほどリンゴ画面で再起動がかかりましたが正常に終わりました)
    あまりSHSH関係に詳しくないので、もし的を射ていない発言だったらすみません。

  3. ダウンロード出来ないけどオラだけ?

    • blobsaver自体がダウンロード出来ないということでしょうか?

      • SANTAさまの書き込みを見て試したところ、本日は問題無くダウンロード及びインストール出来ました。
        ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました