SHSHを使用して復元「Futurerestore」のiPhone 8 / X対応をPwn20wnd氏が予定

(10)

以前の記事でも少し触れました、既存のFuturerestoreではiPhone 8 / Xなどを復元した際にTouch / Face IDが使えなくなる問題が発生する場合があります。
この点について、Pwn20wnd氏がアップデートにて修正を予定しているようです。

スポンサーリンク

Futurerestoreの問題

いくつか条件がありますが、SHSHを保存しておいたiOSバージョンへ【Futurerestore】を使用して復元やダウングレード、アップデートが行なえます。

ですが、一部のiPhone 8 / 8 PlusとiPhone X(XS / XS Max / XR)ではTouch ID&Face IDが使用できなくなる問題が発生。
当初これらのデバイスだけSEPの互換性がないのか…と思われていましたが、どうやらFuturerestore側の問題である様子。

Pwn20wnd氏が対応を予定

Pwn20wnd氏より「FuturerestoreのiPhone 8 / X対応を追加しようとしています」と報告が行われています。
現在はテスターを募集している段階な様で、報告を見る限りは…いいところまで来ているの…かも…?ただ、Pwn20wnd氏は少し早めにこういった報告をする方なので、正確な開発状況については何とも言えないところ…。

XS / XRは…?

iPhone XS / XS Max / XRでも同様の問題が報告されていますが、同じ部分の問題であれば、iPhone XS / XS Max / XRについても修正が入ると思われます。
ただ、現状ではこちらに関しても報告は行われていないため、不明です。

何に役立つの?

これが何に役立つのか?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、答えは簡単…!
一番需要として多いであろう部分では【iOS 12.x脱獄がリリースされた際に、iOS 11.xなどの脱獄環境からiOS 12.xへアップデートが行える】という事です。

SEPの互換性さえあれば、すでにAppleからSHSHの発行が停止しているバージョンであってもアップデートが行なえます。
現在のFuturerestoreでは上記デバイスではTouch / Face IDを犠牲にするしかありませんでしたが、Pwn20wnd氏により修正が入れば…その問題も解決となります。

SHSHは必要

ただし、Futurerestoreを使用するにはSHSHの保存が絶対条件なので、必ずSHSHの取得・保存はしておきましょう。

執筆時点(2018/11/12)ではiOS 12.0.1iOS 12.1のSHSHが取得可能です。とりあえずこれだけでもいいので、取得・保存を!

Futurerestoreは使う上で注意点や難しい部分もありますが、便利なことには変わりありません。
使う予定がなくても、今は何に使うのか分からなくても構いませんので、SHSHの取得・保存だけはしておくことを、強くオススメします…!

個人的にiOS 12.x脱獄に備え、iPhone Xの待機バージョンはどうしようか…と悩んでいた所だったので、今回の修正が実現してくれれば…迷わずiOS 11.3.1の脱獄環境で待機!となりそうです。

コメント

  1. Pwn20wnd氏に感謝
    そういえばIOS12.1と12.0.1のSEP互換性ってあるのでしょうか?

    • はい、iOS 12.1はiOS 12.0〜12.0.1とSEPの互換性があると報告されています。
      そのため、今回の修正が実現しますと…iPhone 8 / Xなどでも今のところiOS 12.0.1へSHSHを使ってアップデート…という事が可能です。

  2. ドラゴンクエストって脱獄環境じゃできないんですかね??

    • ドラクエ1ですか?
      出来たような気がしましたが

    • みんな超能力者じゃないのでそのドラゴンクエストがどのドラゴンクエストかわかるはずもありません。

  3. SSIDのwifiアクセスポイント2個をアクティベータで切り替えたいのですが、コマンドとかそのようなtweakはありますでしょうか。
    イメージはwifiUtilです。

    • QuickWiFi (CCSupport)

  4. Electra MP版 1.0.3 で再脱獄を試みたところ「Error: rootfs remount」というものが出てきて再脱獄できないのですがどうすればいいですか?再脱獄2回ほどしてますが、このような状況になったのは初めてです

    一応機種とバージョン書いときます iPhone 8 iOS11.3.1