リポジトリ「Spark’s Repo」と「Stable Auxilium Repo」の移転先&登録変更を [JBApp]

(5)

Cydiaリポジトリである「Spark’s Repo」と「Stable Auxilium Repo」が更新されず、エラーが出てしまう…中身が空っぽ…という状況になっている方が多いはずです。
これはURL変更などによるもので、ご質問を何件かいただきましたので、こちらでもちょこっとご紹介。

登録していた方は、新URLでのリポジトリ再登録をお願いいたします…!

スポンサーリンク

Spark’s Repo

Spark氏のリポジトリである【Spark’s Repo】のURLが変更となっています。
旧リポジトリは既に使えなくなっており、エラーが出る&中身が空っぽの状態になっていますので、そちらを削除後、新リポジトリを登録してください。

旧リポジトリ: http://repo.sparkservers.co.uk

新リポジトリ:https://sparkdev.me/

Spark’s Beta Repo

また、ベータ版用のリポジトリである【Spark’s Beta Repo】ですが、こちらは現在まだ使えるのですが、今後閉鎖となるはずです。
新リポジトリについてですが、先述のリポジトリへ統合されています。

そのため、ベータリポジトリも登録している場合はそちらも削除し、新リポジトリである【https://sparkdev.me/】をひとつだけ登録していただければオーケー。

Stable Auxilium Repo

スイッチャーやコントロールセンター系の脱獄アプリをいくつかリリースしているリポジトリ【Stable Auxilium Repo】ですが、こちらは…どうやら閉鎖となっている様子。
Twitterも閉鎖され、こちらのリポジトリを使っていた開発者さんはPackixなどに移動している様です。

ただ、こちらのリポジトリにしかない物も…。

ミラーURL

【Stable Auxilium Repo】にはミラー用のリポジトリURLが用意されており、そちらはまだ大丈夫です。
そのため、使用したい場合は、そちらのURLに変更しておきましょう。

旧リポジトリ: http://repo.auxiliumdev.com/

新リポジトリ:https://auxilium.ml/

Githubも使用可

また、上記のURLもいつ閉鎖となるか分かりません。もしそちらが使えなくなった場合は、GithubのリポジトリURLを登録することで、Githubから削除されるまでは使用することが可能となっています。
たぶん…Githubから削除まではやらないと思うので…こちらの方が長生きなのかなと。

Github版リポジトリ:https://auxilium-development.github.io/repo/

旧リポジトリを残しておくと、リポジトリ更新に時間が掛かるようになる場合もあるので、登録し直す時は旧リポジトリを削除してからやるようにしてください。

コメント

  1. そうだったのですねー !エラー吐くのでリポ削除してたのですか、これで解決しました!

  2. 直った
    しばらく前から赤字のエラーだったのでスッキリしました

  3. エラー内容はよく見た方が良いですよ

  4. これは助かりました😰
    リフレッシュ→リロード 時間が大幅に短縮されました😣
    ありまとございますー(>_<)

  5. コレで腰痛が治りました!
    感謝です!