[iOS] ベースバンド維持CFWが作成機能が付いた! “Redsn0w 0.9.9b5” アップデート

(23)

iOS 5仮脱獄に対応した『Redsn0w 0.9.9b5』がリリース、アップデートされました。
iOS 5の仮脱獄自体はRedsn0w 0.9.9b4でもファームウェアを手動選択で行えました。
なので、その手間が無くなっただけ・・・なんて思わないでください!

今バージョンからベースバンド維持が出来るiOSファームウェアを作成する機能が付きました!
SIMアンロックを目的としている、今後SIMアンロックをするかもしれない人にとっては素晴らしい機能です!

スポンサーリンク

Redsn0w ダウンロード

【Dev-Team Blog – redsn0w iOS5beta】
Mac版:【redsn0w_mac_0.9.9b5】

(2011/10/15 19時18分:記事執筆時にはMac版のみのリリースとなっており、Win版はテスト等が済み次第リリースされるようです)

使用方法

Redsn0w 0.9.9b 全ての機能説明
【[iOS] 新機能満載!メジャーアップデート “Redsn0w 0.9.9b” リリース [使い方]】
脱獄方法
【[iOS] 『新Redsn0w』を使用した脱獄方法 “Redsn0w 0.9.9b”】
SHSHの扱いについて
【[iOS] 『新Redsn0w』を使用してSHSHを取得、利用する方法 “Redsn0w 0.9.9b”】

対応デバイス、iOSバージョン

デバイス

  • iPhone 3GS
  • iPhone 4
  • iPod touch 3G
  • iPod touch 4G
  • iPad 1

また、iPad 2、iPhone 4Sは未対応です。

iOS バージョン

~iOS 4.3.3
『完全脱獄』が可能です
iOS 4.3.4、4.3.5、iOS 5
『仮脱獄(紐付き)』となります(3GS旧ブートのみ完全脱獄可能)。
また、iOS 5betaの場合は「手動FW選択による脱獄方法」から脱獄してください。

新機能:Custom IPSW(ベースバンド維持CFW作成)

この新機能はPwnageTool、Sn0wbreezeで実装されていた「iOSファームウェアからベースバンドアップデータを削除し、ベースバンドを維持したまま復元出来るFW(CFW)を作成する」機能です。
要するに、ベースバンド上げずに復元が出来るぜ!って事ですね。
iOS 5にも既に対応済みで、iOS 5へベースバンドを維持したまま復元する事も可能です。
SIMアンロックを目的にしている方は必ず使用すると良いでしょう。

新機能の使い方

  1. ダウンロード、解凍したRedsn0wを起動します。
  2. Extras』を選択します。
    redsn0w-099b5-release02
  3. Custom IPSW』を選択してください。
    redsn0w-099b5-release03
  4. するとiOSファームウェア選択画面になりますので、ベースバンドアップデータを削除したいiOSバージョンのファームウェアを選択してください。
    redsn0w-099b5-release04
  5. 選択するとすぐに作業が開始されます。
    PCスペック等にもよりますが、数分で完了しますので待ちましょう。
    redsn0w-099b5-release05
  6. ポップアップが表示されれば完了です。
    作成されたCFWの場所は選択したiOSファームウェアと同じディレクトリにあります。
    また、ポップアップ表示の部分にも記されています。
    OK」をクリックし、終了です。
    redsn0w-099b5-release06
  7. 作成されたCFWは通常のiOSファームウェア名の前に「NO_BB_」が付いたファイル名になります。
    iPhone 4用iOS 5ファームウェアであれば「NO_BB_iPhone3,1_5.0_9A334_Restore.ipsw」となります。

作成したCFWでの復元方法

「PwnedDFUモード」に入れてから復元を開始します。
PwnedDFUに入るには下記の手順で入ります。

  1. Redsn0wを起動後『Extras』を選択します。
    redsn0w_099b1_jb_08
  2. Pwned DFU』を選択します。
    redsn0w_099b1_14
  3. 通常の「DFUモード」へ入れていきます。
    「Next」をクリックするとすぐにDFUモードへの秒読みが始まりますのでデバイスを手元に置き、準備して下さい。
    準備が完了したらNextをクリックします。
    redsn0w_099b1_jb_02
  4. DFUモードへ入れます。
    手順は同じなので、簡単だと思います。
    落ち着いてゆっくりと行いましょう。

    • パワーボタンを”3秒間”押し続けます。
      redsn0w_099b1_dfu_1
    • パワーボタンを離さずに、ホームボタンも一緒に”10秒間”押し続けます。
      redsn0w_099b1_dfu_2
    • パワーボタンのみを離し、ホームボタンを押し続けます。
      redsn0w_099b1_dfu_3
    • DFUモードには入れると直ぐに反応がありますので、反応があれば手を離しても大丈夫です。

  5. DFUモードへ入ると直ぐに脱獄作業が開始されます。
    Done!」と表示されましたら、「Cancel」をクリックで終了させます。
    これで『Pwned DFUモード』へ入っています。
    redsn0w_099b1_jb_03redsn0w_099b1_15
  6. iTunes」を起動します。
    起動すると直ぐに復元を促すログが出現します。
    OKで閉じましょう。
    sb_221_28
  7. iTunesの『復元ボタン』を
    Win:Shift + クリック
    Mac:Option + クリック
    します。
    FW選択画面が出現しますので、先ほど作成したCFWを選択します。
    iPhone 4 + iOS 5の場合は通常「NO_BB_iPhone3,1_5.0_9A334_Restore.ipsw」がそれになります。
    選択すると復元が開始されますので終了まで待ち、完了したらおしまいです。
    sb_221_29

コメント

  1. いつも参考にさせて頂いております。 すみません質問ですが、CFWを作成の際は正規のFWを使用すればいいのでしょうか?何回か試みましたが、復元終了後Cydiaが現れません。 ただベースバンドは05.12.01で維持されています。何か良い解決方法がありましたら、お教えください。お願いします。

  2. すみません。勘違いでした。再度redsn0wのjailbreakボタンからやったらできました。 ありがとうございました。

  3. いつも貴重な情報有り難うございます。
    iPhone4 JB版(FW4.3.3 BB04.10.01)をCFWしたiOS5を導入した所、
    再起動する度にリンゴマークで止まった状態で固まってしまいます。
    まるで紐付き状態で母艦に繋いでJust Bootしないと起動しません。

    iOS5導入後もベースバンドは維持されており04.10.01です。
    何か間違った手順でしたでしょうか? アドバイスお願いします。

    • Redsn0w 0.9.9b5で作成したCFWで復元を行ったのでしょうか?
      また、脱獄手順は行っていませんか?
      もし、復元を行っただけでそのような状態であればCFW作成からもう一度やり直してみてください。

    • 現時点でiPhone4のiOS5は紐付きではないでしょうか?

  4. 手順はRedsnow0.9.9b5でCFWを作成してiTunes10.5で復元。
    その後に再度Redsnowで脱獄、Cydiaのインストールです。

    この方法で間違いはないと思いますが、abcさん指摘のように
    いまだiPhone4は紐付きではないでしょうか?

    • iPhone 4をRedsn0wで脱獄したのであれば、記事にもあるとおり仮脱獄(紐付き)となります。

  5. iPhone 3GS(旧ブートROM)は、紐なし脱獄に成功しました。
    ■環境
    iPhone 3GS(旧ブートROM) ※ベースバンド05.13.04
    Mac OS X 10.6 Snow Leopard
    iTunes 10.5
    Redsn0w 0.9.9b5
    PwnageTool 4.3.1 (DFUに入る途中の操作で使用。詳細は下記参照)

    ■流れ
    1.10/16時点では、まだTinyUmbrellaで
    iOS5.0のshshを取れないのでのhostsの記述を戻しておく。

    2.iTunesを10.5にする。
    ※iTunes 10.4.1で試したところ、iPhone側のプログレスバーが10%ぐらいで
    iTunesが、エラー「10」を吐き中断、
    iPhoneをリブートすると、リカバリーモードになった。

    3.PwnageToolとRedsn0wの両方を起動し、
    PwnageToolのDFUモードの操作を途中まで行う。

    具体的には、電源ボタン+Homeボタン の次の Homeボタンのカウントが始まったら、
    iPhoneのHomeボタンを押したまま、PwnageToolを「←ボタン」でキャンセルし、
    Redsn0wの「Pwned DFU」ボタンをクリックし、Redsn0w側でDFUモードに入る。
    Redsn0wのプログレスバーが出たら、iPhoneのHomeボタンを離す。

    ※私の環境は、一旦リカバリーモードになってしまうと、
    Redsn0wではDFUに入りづらいので、途中までPwnageToolを使いました。
    そのままRedsn0wでDFUに入れるなら、PwnageToolは不要です。

    ※PwnageTool側でDFUに入れて復元すると「1601」エラーが発生した。
    ※PwnageToolでDFUに入れた後、さらにRedsn0w側でDFUに入れると「1604」が発生した。

    4.iTunes 10.5で復元後、アプリ等のバックップを戻す。
    ※「Recovery fix」は不要。
    5.Redsn0wでJailbreak。

    • iPhone 3GS(旧ブート)であればどのバージョンでも基本的に完全脱獄が可能です。
      ベースバンドの維持を目的としないのであれば、通常の方法でiOS 5に復元し、その後Redsn0w 0.9.9b5 or b4で脱獄するだけで完全脱獄となります。
      特に間にリカバリーモードやDFUモードを挟む必要はありませんよ。

  6. しかし、CydiaでSearchしようとすると、キーボードが出る前に落ちます。

    「通知センター」は良い感じですが、いろいろTweakが出てから本領発揮な気がします。

    iCloudは、JBしたiPhoneで使うのは、ちょっと勇気がいりますし、
    3GSだと、カク付く事が増えたので、暫く様子見します。

  7. >CydiaでSearchしようとすると、キーボードが出る前に落ちます。
    すみません。これは「言語設定」を「英語」にすれば回避可能でした。

  8. 前提がわからないので教えてください!
    3GS 4.3.3で脱獄したiPhoneを使っています。
    ios5 でベースバンドを維持するときは、一度入獄するんでしょうか?
    脱獄状態からじゃないとベースバンド上がっちゃうんじゃないかって認識なんですが、どうなんでしょう?

    • ベースバンド維持する場合は通常の入獄状態にするとベースバンドが上がってしまいます。
      今回の記事に書かれている意味は、通常のiOSファームウェアからベースバンドアップデータ関連のファイルを削除し、ベースバンドのアップデートが行われないファームウェアを作成してくれる。と言うことです。
      この作成されたファームウェアを使用して復元を行うと、入獄状態となるのですが、ベースバンドはアップデートされずに、維持されます。
      また、この作成したファームウェアで復元する場合もその脱獄状態のまま行ってください。

      • ということは、現状の脱獄状態のまま、Pwned DFUからDFUモードに入って、カスタムFWで復元したら良いということですよね?

        3GS4.3.3脱獄状態から、カスタムFWを使ってitunesで復元すると、Appleに認証しに行くらしくエラーが出るんですが、
        abcさんが書いているTinyUmbrellaでhostを云々ていうのをやってTinyUmbrellaを起動させておく必要があるのでしょうか?

        • はい。その認識で大丈夫です。
          認証に関してはhostsファイルを直接弄らなくて大丈夫です。
          TinyUmbrellaを起動しAdvancedタブ内「Set Hosts to Cydia on Exit」のチェックを外してください。
          その後はTinyUmbrellaを終了し、iTunesを再起動してから復元で認証も問題無く完了するかと思います。

          • ありがとうございました。

            TinyUmbrellaの指摘にあるチェックを外して、TinyUmbrellaを終了。
            以後は上記記事の方法でカスタムFWを使って復元できました。今アプリを同期中です。

            後は脱獄すればOKですよね!?
            旧ブートロムなので完全脱獄できると思っております。

          • はい。
            3GS(旧ブート)であれば完全脱獄可能です。

  9. もうios5のshshが発行されていませんが
    この方法ios5で復元は可能ですか?

    • SHSHの発行が終了しましたので、復元は行えません。

  10. こんばんは
    いつもは意見させていただいてます
    質問させていただきます
    3GS新ROM BB06.15.00を5.1にあげようと復元しました
    未アクチベート
    その後redsn0w0.910b にて カスタムウェアを作ろうとしたのですが
    memory exhausted と出て 作成ができません
    何か解決方法はありますでしょうか?

  11. 現在iphone4 os 4.0.2 ベースバンド01.59.00 脱獄 sim フリーで使用しております。osを5.0.1 か5.1.1にアップしたいのです。
    win7 可能でしょうか?

    • iOS 5.0.1へはSHSHを取得・保存していらっしゃるのであれば可能です。
      iOS 5.1.1へは現在もSHSHが発行されておりますので可能です。

      SIMフリー化とのことですので、ベースバンドを01.59.00のまま維持する必要性があります。
      維持するにはRedsn0w「Custom IPSW」機能にてベースバンド維持が出来るファームウェアを作成し、そちらで復元を行ってください。
      https://tools4hack.santalab.me/ios5-baseband-preservation.html
      復元後はRedsn0w等でいつも通り脱獄作業を行って頂ければ問題ありません。