Stoppur – ロック画面にストップウォッチの進行時間を表示 [JBApp]

(3)

実行中のストップウォッチ進行時間をロック画面に表示することが出来る様になる『Stoppur』のご紹介。

iOS標準の時計アプリでストップウォッチを使っていると、進行時間を確認するにはアプリを起動しておく必要があります。ですがStoppurを使うと、進行時間がロック画面で確認出来るようになります!
また、表示位置なども座標指定出来る様になっています。

スポンサーリンク

詳細情報

Stoppur

Price(価格): $0.99
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Jonathan Winger Lang
Repo(配布元): BigBoss(デフォルト)

インストール

Cydiaより通常通りインストール!
Searchタブから「Stoppur」と検索すると出てきます。
jbapp-stoppur-02

CydiaStoreより購入し、インストールを行ってください。
購入方法はこちらの記事をご覧ください。【超便利!有料脱獄アプリを買う!「Cydia Store」の使い方!】
jbapp-stoppur-03jbapp-stoppur-04

また、より詳しいインストール方法は下記記事をご覧ください。
【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】

アプリ紹介

iOS標準 時計アプリのストップウォッチを使うと、進行時間を確認する時は必ずアプリを起動しなければなりません。
これでも特に問題は無いのですが、Stoppurを使うと進行時間をロック画面から確認することが出来る様になります。どれ位の時間が経過したのか?を確認出来るだけなのですが、ストップウォッチをよく使う方にとっては意外と便利かもしれません!
ただ、注意点として、ストップウォッチの操作はアプリ側からしかできませんので、ご注意ください。

jbapp-stoppur-05jbapp-stoppur-06

ちなみに、表示される形式を変更したり、表示位置を座標指定することも可能になっています。そのため、ロック画面をカスタマイズしている場合であっても、多少であれば対応出来るように作られています。

jbapp-stoppur-07

設定方法

いくつか設定が用意されていますので、見ていきましょう。

設定アプリ内に追加される『Wake Info』項目より行います。
Enabled』をオンにすると機能が有効となります。
Replace LS clock』をオンにすると、時計と進行時間が表示される位置が逆になります。
Show panel』をオンにすると、小さな時間表示部分が出現します。
Show total time』をオンにすると、ラップ等を無視して、合計経過時間を表示します。
Panel positon】項目はShow panelで追加された表示の位置を、座標指定出来ます。
jbapp-stoppur-08jbapp-stoppur-09

コメント

  1. サンタさん、皆さん、
    いつもお世話になっております。
    記事の内容と違う件で申し訳ないのですが、
    先月くらいからiphoneの本体左側面部にある消音スイッチを作動させると、消音にさせる時は異常ないのですが、消音を解除した時に林檎ループし、セーフモードに入ります。その後リスプリングすると復帰できるのですが皆さんはいかがでしょうか?
    muteiconが原因もしくは他にも原因があるのでしょうか?
    iphone5 6.1.2にて脱獄です。
    宜しくお願いします!

    • 詳しい環境が分からないので何とも言えないのですが、セーフモードに入ってしまうと言う事はMobileSubstrate系の脱獄アプリが原因である可能性が高いです。
      一度SBSettigns > more > Mobile Substrate Addonsから気になる物をオフにして確かめてみるか、アンインストールして確認しtめいると良いかと思います。

  2. 早速のご回答ありがとうございます☆
    さっそく教えて頂いた手順で試してみようと思います!
    サンタさんの過去記事muteiconの記事も参考にしてみます。
    とりあえず過去記事の中で意見の多かったlibstatusbarをオフにして様子をみてみます!
    林檎が発生する時と発生しない時があるので難航しそうです。。