AskBeforeCalling Too 12 – 電話の誤発信を防止!発信時に確認アラートを&プレフィックス発信も!! [JBApp]

(13)

電話の発信やメール・メッセージの送信時などに「確認アラート」を表示してくれる『AskBeforeCalling Too 12』のご紹介!

いつの時代も「電話の誤発信」は怖いものです…。最近のiOSでは比較的その辺りも考えられてきましたが、それでもまだまだ1タップで発信できちゃう…。
そこで『AskBeforeCalling Too 12』では誤発信や誤送信防止のために「本当に発信していい?」と確認アラートを表示してくれる様に。
更に、プレフィックスを追加して発信も行うことが可能!MVNOの方など、格安電話プレフィックスを設定してあげれば、専用アプリを使う必要もなくなり、非常に便利に!

スポンサーリンク

詳細情報

AskBeforeCalling Too 12

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): tateu (Josh Harris)
Repo(配布元): tateu’s repo (http://tateu.net/repo)

インストール

CydiaやSileoへ下記のリポジトリを登録し、通常通り「AskBeforeCalling Too 12」をインストールしてください。

http://tateu.net/repo

jbapp-askbeforecallingtoo12-2

アプリ紹介

AskBeforeCalling Too 12』を使用すると、電話発信時などに確認アラートが出現する様になります。
ダイヤルや履歴、連絡先などからの発信はもちろん、アプリ中の発信などでも「本当に電話をかけてもいい?」という確認アラートが出現してくれます。
これにより、間違えてタップしちゃって発信が始まる…という悲劇が防げる…!

jbapp-askbeforecallingtoo12-3jbapp-askbeforecallingtoo12-4

プレフィックスを追加して

また、事前にプレフィックス番号を設定しておくと、確認アラートからプレフィックスを追加して発信が行えるようになります。
Yes – Block Caller ID』というボタンから電話を発信するのですが、名前の通り元々の目的は【184】などの非通知発信。
ですが、プレフィックス番号は自分で変更出来るため…格安電話用プレフィックスを設定しておけば、各MVNOなどの専用アプリを使用せずにプレフィックスを追加して発信が出来ちゃう!

jbapp-askbeforecallingtoo12-5

日本語化も

初期設定では確認アラート内の文章は英語で表示されていますが、この部分は自分で好きなテキストへ変更することが可能です。そのため、日本語化する事も可能。
分かりやすい文章にしておいたほうが誤発信も少なくなりますし、使いやすいです。そのため、文章の変更はオススメ設定。

jbapp-askbeforecallingtoo12-6

メールやメッセージ送信にも

電話(FaceTimeなども含む)はもちろんですが、純正メッセージやメールの送信時にも確認アラートを出すことが可能。
確認アラートが不要な場合はそれぞれ設定から個別にオン・オフ出来ますので、ほしい部分だけをオンにしてあげましょう。

jbapp-askbeforecallingtoo12-7jbapp-askbeforecallingtoo12-8

特定の連絡先は確認無しに

また、特定の連絡先への発信は確認アラートを表示しないといった設定も可能になっています。
かなり細かく設定出来ますので、この辺りは使いながら弄っていくのがオススメかなと思います。

設定方法

設定アプリ内に追加される『AskBeforeCalling Too 12』項目より行います。
Enabled』: 機能を有効にする
Swap Button Order』: キャンセルと発信ボタンを反対に
Email』: メール送信時に確認アラートを
Messages』: メッセージ送信時に確認アラートを
Messages Notifications』: メッセージ返信(通知バナーから)時に確認アラートを
Phone Calls』: 電話発信時に確認アラートを
FaceTime Audio』: FaceTimeオーディオ発信時に確認アラートを
FaceTime Video』: FaceTimeビデオ発信時に確認アラートを
Enable for Siri Phone/FaceTime』: Siriから発信時にも確認アラートを
Disable iOS Call Permission Alert』: iOS純正アラートを無効に(一部機能しない場合あり)
Enable Block Celler ID Option』: プレフィックス追加発信ボタンを追加

**』: プレフィックス番号を入力(日本の非通知は184)
List of CellerID Block Codes』: 各国の非通知番号を確認

Whitelist all Contacts for Calls』: 連絡先に登録されている番号は全て確認アラート無しに
Add Contact』: 確認アラート無しで発信したい連絡先を追加
Remove Contact』: 上で追加した連絡先を削除
Whitelist』: 確認アラート無しで発信するリストを確認
Email: All Recipients Must Match』: メールアドレスが完全一致する必要がアリ
Messages: All Recipients Must Match』: メッセージ先が完全一致する必要がアリ

Custom Strings』: 確認アラート内の文章を変更

コメント

  1. 前バージョンのAskBeforeCalling Too 11を使っていますが、こっちに置き換えたほうがいいんでしょうか?

    • iOS 12をご使用の場合は、こちらがiOS 12にきちんと対応したものなので、乗り換えるのがおすすめかなと思います。
      また今後こちらがアップデート等されていきますので、そういった意味でも…でしょうか。

      • iOSは12.1.2だったので、さっそく乗り換えてみました。
        前バージョンのAskBeforeCalling Too 11を削除してから、現行バージョンの12をインストールしたところ、CallerIDの設定もそのまま引き継がれて問題なく動作しているようです。
        ありがとうございました。

  2. Appleが標準でつけるべきものなのに

  3. ツッコミどころ多いなw

  4. PCから送信

  5. この機能と同じアプリを240円くらいで売り出しても売れると思うけど、なんで出ないんだろう?

    • システムの挙動に割り込むから、脱獄アプリでないと実現できないか審査が通らないのでは?

  6. これがあるから、Call Enhancerはもうアプデされないのかしら…

  7. 本当に早くiOSに取り込んで欲しい機能

  8. ダウンロードエラーになるのは私だけ? iPhoneXR

    • 手持ちのいくつかの環境で試してみましたが、今現在は問題ないようです。
      リポジトリの更新が正常に完了出来ているかを確認してみてください。

  9. お返事ありがとうございます。
    たしかに、リポジトリの更新でもワーニング(status 404)をたくさん吐き出しています。
    tateuリポジトリはstatus 0でエラーになっています。
    一度削除し再登録でリトライしてみます。