SmartTap – スリープ状態の画面をダブルタップでロックを解除!

(8)

スリープ状態の真っ暗な画面を直接ダブルタップ、もしくは上 or 下へスワイプするだけでロック解除等の動作が実行出来る様になる『SmartTap』のご紹介!

通常、画面が真っ暗なスリープ状態を解除するためには必ずホームボタンやスリープボタンなど、物理ボタンを押す必要があります。
ですが『SmartTap』を使用すると、スリープ状態の真っ暗な画面を直接ダブルタップ or スワイプすることで「スリープの解除」や「ロックの解除」、また「好きなアプリの起動」といった動作を実行させることが可能に!
サクッとロック解除まで行いたいという場合にも良いですし、ボタンが壊れ掛かっている…という状況ではピッタリかもしれませんね!

スポンサーリンク

詳細情報

SmartTap

Price(価格): $1.99
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Elias Limneos
Repo(配布元): BigBoss(デフォルト)

インストール

Searchタブより「SmartTap」と検索すると出てきます。

jbapp-smarttap-02

CydiaStoreより購入し、インストールを行ってください。詳しい購入方法は【超便利!有料脱獄アプリを買う!「Cydia Store」の使い方!】をご参考いただければと思います。

jbapp-smarttap-03jbapp-smarttap-04

より詳しいインストール方法は【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】をご覧ください。

アプリ紹介

SmartTap』を使用すると、スリープ状態の真っ暗な画面を直接ダブルタップやスワイプすることで、ロック解除や特定のアプリ起動といった動作を実行させることが可能となります!

具体的にはスリープ中の画面に【ダブルタップ】、【画面上から下へスワイプ】、【画面下から上へスワイプ】のジェスチャーが使用可能で、これらに【スリープ解除】、【ロック解除】、【○○アプリを起動】を好きな様に割り当てることが出来ます。
物理ボタンの操作が不要になりますので、かなりスムーズなロック解除が実行出来ますね!

jbapp-smarttap-05

ダブルタップでスリープも

逆に、ホーム画面やロック画面をダブルタップするだけでスリープが実行出来るようになるオプションも備わっています。
ボタン類が壊れかけている、壊れているという方には便利かもしれませんね!

jbapp-smarttap-06

バッテリー消費について

「スリープ中に何かを動作させる」という脱獄アプリで気になるのはバッテリー消費ですよね。
作者さんの説明では「バッテリー消費は最低限で、日常使用であればたぶん気がつかない程度の違いでしょう。」とのこと。

またFlipswitchトグルが同梱されていますので、ActivatorやCCTogglesなどから機能をオンオフする事も可能です。

*執筆時点(v0.1-954)での状況
実際に使用してみた感想ですが、説明されているよりは消費があるのかな?という感じ。
ただし、環境によっては思った以上にバッテリー消費が進んでしまう場合があるという報告も出ており、執筆時点のバージョンではもしかしたら相性の悪い物やバグが残っている可能性があります。

設定方法

動作の割り当てやオプションの設定を行っていきましょう。

設定アプリ内に追加される『SmartTap』項目より行います。
Enabled』をオンにすると機能が有効となります。

jbapp-smarttap-07jbapp-smarttap-08

WHEN SCREEN IS OFF
Double tap screen』: スリープ画面をダブルタップした時の動作を選択
Swipe up from bottom』: 下から上へスワイプした時の動作を選択
Swipe down form top』: 上から下へスワイプした時の動作を選択

下記の動作から選択
・No action: 何もしない
・Turn on screen: スリープ解除(ロック画面を表示)
・Unlock device: ロックを解除
・Launch Application…: 指定したアプリを起動

WHEN SCREEN IS ON
Double-tap homescreen to lock』: ホーム画面をダブルタップしてスリープ
Double-tap lockscreen to lock』: ロック画面をダブルタップしてスリープ
SMART TOUCH DETECTIONS
Smart touch detection』: ポケットなどに入っている際の誤タッチを無視する。もし通常時も上手く反応しない場合はこれをオフに。
PREVENT IDLE SLEEP
Prevent idle sleep』: 常にタップを認識出来る様に待ち受け状態を維持する。オフにすると、スリープ後2分程度で通常のスリープ同様にタップを認識しなくなります。機能を100%使用するにはこれをオンにしましょう。

ただし、オンにするとスリープ中も待ち受け状態となりますので、「使用時間」と「起動時間」が同じになり、バッテリー消費が増える場合があります。

ACCESSIBILITY
Speak event』: ダブルタップ等のジェスチャー実行時に、ジェスチャーや動作を声で知らせてくれるようになります。

コメント

  1. 別なところでコレ見つけて、先程まで試してました。
    こちらの環境では(5c 7.0.6)、
    スリープのままで2時間放置で7パーセントの減少(92%→85%)。
    普段は同条件なら2〜3パーセント程度なので、やや喰われてるなという印象。
    大変便利なギミックですし、考えようでしょうね。

  2. こんなこともできるなんて・・・JBの闇、もとい奥は深い
    バッテリーのことは気にかかりますが、こういう面白いtweakが出るたびiPhoneに興味が引き戻されちゃいますねw
    Appleにもこういったユニークな機能は柔軟に取り込んでいただきたいものです

    • Androidの幾つかに既にそのような機能があります。
      これはやってる事はディスプレイを切っているだけ、なので消費電力はなかなか厳しいものがあります。
      専用部材でも載せれば効率的になるでしょうがそんなことをする暇あったらホームボタンを押せとiPhoneでは言われますからなかなか難しい。

      起こすハードボタンが平置きでアクセスしにくい端末以外ではあまり需要もなさそうです。

  3. iOS5用でこれと同じようなものは無いでしょうか

  4. このアプリを使うとバッテリーの減りが半端ないので使っては無いのですが、アプリを入れているとスクリーン画面2タップでスリープさせる事が出来るので使っているのですが、このアプリを入れないでもアクティベーターなどで、割り当て出来る方法やアプリってないでしょうか?

  5. お世話成って居ります。
    Smarttapをインストールしました。
    バッテリー消費が激しく即、削除しました。

  6. この作者のアプリは、物欲そそられてほぼ持ってるが、1日か2日で全て消してる。
    想像力は良いが、開発力に欠けると思う。
    アイデアだけで、開発は他の人に任せれば良いのにと思う。

  7. 6s 10.2です
    当方ではどうも不具合が多く、app storeやcydiaからのインストールやアンインストールもセーフモードにする必要があります。
    iCleanerで現在使用していない初期設定ファイルの掃除をしてみましたが、状況は変わりません。
    対処方法をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました