FastLPM – バッテリーアイコンをタップや長押しして低電力モードをオン・オフ [JBApp]

(1)

ステータスバーのバッテリーアイコンを操作し、低電力モードのオン・オフを行えるようになる『FastLPM』のご紹介。

通常、低電力モードのオン・オフはコントロールセンターや設定アプリなどからオン・オフを行いますが、頻繁に切り替える使い方をしている場合には…ちょっと不便。
そこで『FastLPM』を使用すると、ステータスバーをタップしたり長押しするだけで低電力モードをオン・オフ出来る様に。
他にも【SmartBattery13】など…同等の機能を持つ脱獄アプリはありますが、操作方法の幅が広く、デザインに影響しないため、ステータスバー系の脱獄アプリと組み合わせて使う場合は今回のFastLPMがオススメです。

スポンサーリンク

詳細情報

FastLPM

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks (Requests)
Author(制作者): RedenticDev
Repo(配布元): Redentic’s Repo (https://redentic.dev/)

インストール

CydiaやSileoへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『FastLPM』をインストールしましょう。

https://redentic.dev/

jbapp-fastlpm-2

アプリ紹介

FastLPM』を使用すると、バッテリーアイコンを操作するだけで低電力モードのオン・オフが行える様に。
ステータスバーのバッテリーアイコンを操作するだけで低電力モードのオン・オフが可能となり、操作方法は設定から「タップ」、「長押し」、「スワイプ」、「3D Touch」より選択可能です。
また、それぞれの操作方法もタップ数や長押し時間、スワイプ方向、反応エリア…といった具合に細かな設定も用意されているため、他の脱獄アプリとも組み合わせやすいです。

jbapp-fastlpm-3

設定方法

設定アプリ内に追加される『FastLPM』項目より行います。設定変更後は画面右上「Respring」より適用しましょう。
Enable』: 機能を有効にする

Activation】: 操作方法に関する詳細設定

Vibrations』: オン・オフ時にフィードバックを実行する様に
Vibration Settings】: フィードバックに関する詳細設定

Reset Preferences』: FastLPM設定をリセット

Activation

Tap / Hold / Swipe / 3D Touch』: 操作方法を選択

Enlargement of the activation area』: 操作反応エリアをスライダーにて調整

Number of taps』: タップ数を設定(Tap選択時)

Holding Time』: 長押し時間を設定(Hold選択時)

Left / Right / Up / Down』: スワイプ方向を設定(Swipe選択時)

Vibration Settings

Light / Medium / Heavy / Soft / Rigid』: 触覚フィードバックの強さを選択

Light / Medium / Strong』: バイブの強さを選択(6s / 6s Plus向け)

Repeat vibrations』: フィードバックを繰り返し実行
Number of repetitions』: 繰り返し回数を設定
Repetition interval』: 繰り返し時の待ち時間を調整

コメント

  1. そのままだと指届かないから手間的にはCC呼び出すのとあんま変わらない気もする
    まあiPhoneの持ち方次第か

タイトルとURLをコピーしました