ShortcutEnabler – iPhone X以外でもロック画面にフラッシュライト&カメラボタンを、タップで実行も [JBApp]

(9)

iPhone X以外のデバイスでもロック画面にフラッシュライト&カメラボタンを表示出来る『ShortcutEnabler』のご紹介。

iPhone Xではロック画面に3D Touchで動作する「フラッシュライト」と「カメラ」ボタンが配置されていますが、iPhone 8以前のデバイスでは備わっていません。
そこで『ShortcutEnabler』を使うとiPhone 8以前のデバイスでもロック画面にボタンを配置してくれるように。
また、3D Touchが必要なボタンですが、これを通常のタップで実行出来るようにするオプションも。こちらはiPhone Xでも使用可能です。

スポンサーリンク

詳細情報

ShortcutEnabler

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): NoisyFlake
Repo(配布元): NoisyFlake (https://apt.noisyflake.com/)

インストール

Cydiaへ下記のリポジトリを登録し、通常通り「ShortcutEnabler」をインストールしてください。

https://apt.noisyflake.com/

jbapp-shortcutenabler-2

アプリ紹介

ShortcutEnabler』を使用すると、iPhone 8以前のデバイスでもロック画面にボタンを配置してくれる様に。
通常はiPhone X以降に備わっているロック画面の「フラッシュライト」と「カメラ」ボタンですが、これを配置してくれちゃいます。
また、ボタン位置を変更することも可能で、それぞれ別々に移動可能。

jbapp-shortcutenabler-3jbapp-shortcutenabler-4

iPhone Xで使うと…

こちらはiPhone Xでも使うことが可能で、ボタンを非表示にしたり、配置の変更、3D Touchではなく通常のタップで実行…などのオプションが使用可能です。

jbapp-shortcutenabler-5

設定方法

設定アプリ内に追加される『ShortcutEnabler』項目より行います。
Enabled』: フラッシュライトのボタンを表示する
X』: 横方向の表示位置を数値で指定
Y』: 縦方向の表示位置を数値で指定

Enabled』: カメラのボタンを表示する
X』: 横方向の表示位置を数値で指定
Y』: 縦方向の表示位置を数値で指定

Require 3D Touch』: ボタンを実行するには3D Touchを必須に(オフにすると通常のタップで実行可能)

コメント

  1. はやくA12脱獄来ないかなぁ!

    • あ、cydiaが使える脱獄のことね。

  2. 脱獄アプリで双方向ワイヤレス充電を可能にするものがあると聞いたけどほんと?

    • ソフトウェア側でどうこうできる部分ではないのかなと…

  3. Fluid UI移植系はNeptuneでだいたい解決するよね
    無料だし

  4. iPhone7+ですがRequire 3D Touchをオフにしないと機能しませんね…

    • 6splus同じくです。

  5. HomeGestureでこれできなかったっけ

  6. 良いかも、SEでは擬似3DTouchになるんだ