WaggleTunes – コンパクトな音楽プレーヤーを画面端から引き出して使えるように [JBApp]

(1)

コンパクトな音楽プレーヤーを画面端にピン留めし、どこからでも引き出して使える様になる『WaggleTunes』のご紹介。

通常の音楽プレーヤーといえば、再生アプリに移動するか、ロック画面や通知センター、もしくはコントロールセンターの音楽ウィジェットを使用する必要があります。
ですが『WaggleTunes』では、どこからでも引き出して使えるコンパクトな音楽プレーヤーを追加してくれます。
必要最低限の音楽操作に限られていますが、簡易的な音楽プレーヤーがほしかった方にはいい選択かもしれません。

スポンサーリンク

詳細情報

WaggleTunes

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): HallieHax
Repo(配布元): Packix (https://repo.packix.com/)

インストール

CydiaやSileoへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『WaggleTunes』をインストールしましょう。

https://repo.packix.com/

jbapp-waggletunes-2

アプリ紹介

WaggleTunes』を使用すると、コンパクトな音楽プレーヤーを画面上に常駐させることが出来るようになります。
例えば以下画像では、画面上部に音楽プレーヤーをピン留めしている場面。スクリーンショットではだいぶ見えちゃってますが、実際にはノッチがある部分なため、見えているのはごくごく一部。
こちらをタップすることで音楽プレーヤーが引き出され、曲送り・戻し・一時停止の操作が可能。また、長押しによる再生アプリへの移動なども行えます。

jbapp-waggletunes-3jbapp-waggletunes-4

ピン留め位置

画面上部だけではなく、設定より画面左右橋へのピン留めに切り替えることも可能です。
この場合は画面上の好きな位置へ音楽プレーヤーを移動することも出来るため、この辺りは好み次第で設定すると良さそうです。

音楽プレーヤー

また、音楽プレーヤーは再生曲のアートワークに合わせて背景やボタンの色が変化するようになっています。
大きさについては3段階用意されていますが、個人的には一番小さいサイズで十分かな…という印象でしょうか。

jbapp-waggletunes-5

設定方法

設定アプリ内に追加される『WaggleTunes』項目より行います。設定変更後は画面右上「Respring」より適用しましょう。
Enable』: 機能を有効にする
Enable on lockscreen』: ロック画面でもプレーヤーを表示
Hide in screenshot』: スクリーンショット時には映らないよう非表示に

WAGGLETUNES CONTROLLER POSITION』: ピン留め箇所を選択(上部 / 好きな位置)

LONG-PRESS ACTION』: プレーヤー長押し時の動作を選択(無し / 歌詞を表示 / 再生アプリを起動)

WAGGLETUNES HAPTICS』: 操作時の触覚フィードバック強度を選択(無しも可)

WAGGLE TUNES CONTROLLER SIZE』: プレーヤーサイズを選択

WAGGLE TUNES CONTROLER COLOR』: プレーヤーの色を選択(アートワークに合わせる / 白&黒)

WAGGLETUNES CONTROL BACKGROUND STYLE』: プレーヤー背景のスタイルを選択

WAGGLETUNES CONTROLLER BUTTON STYLE』: プレーヤー内のボタンスタイルを選択

Horizontal Sensitivity』: 横方向の感度を調整
Vertical Sensitivity』: 縦方向の感度を調整

Reset Preferences』: WaggleTunes設定を初期化

コメント

  1. 画面左右橋への
    bridge?

タイトルとURLをコピーしました