BattiBar – バッテリー残量に合わせてステータスバーの色をグラデーションで変更 [JBApp]

(10)

バッテリー残量に合わせてステータスバーの色を変更してくれる『BattiBar』のご紹介。

ステータスバーにはバッテリーアイコンが配置されていますが、通常は白(or 黒)で、20%を切ると赤になる…という、バッテリー残量による変化は2色しか設定されていません。
ですが『BattiBar』を使用すると、バッテリー残量に応じてステータスバーの色をグラデーションで変化させることが出来るように。
100%と0%の色を2種類設定しておくことで、その間のバッテリー残量ではグラデーションによりステータスバーの色が変化。単体で使うのもイイですが、テーマと組み合わせても面白そうです。

スポンサーリンク

詳細情報

BattiBar

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): HallieHax
Repo(配布元): Packix (https://repo.packix.com/)

インストール

CydiaやSileoへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『BattiBar』をインストールしましょう。

https://repo.packix.com/

jbapp-battibar-2

アプリ紹介

BattiBar』を使用すると、バッテリー残量によりステータスバーの色を変化させてくれるように。
例えば100%に「青」、0%に「赤」を設定した場合、バッテリー残量に応じて青から赤へ徐々に変化していく…グラデーションでステータスバーの色が変化。

jbapp-battibar-3

上記では100%に近いため青色のステータスバーとなっていますが、こちらは50%程度なため、青と赤の中間色である紫色に。
こういった具合にバッテリー残量に応じてステータスバーの色が変化します。
ちなみに、初期設定ではステータスバー全体の色が変化しますが、オプションよりバッテリーアイコンだけに適用することも可能です。

jbapp-battibar-4

ライトモード・ダークモード

また、色は「ライトモード」と「ダークモード」それぞれ別々に設定することが出来ますので、ダークモード基準で設定したせいでライトモードでは見えない…といったこともなく、便利。

設定方法

設定アプリ内に追加される『BattiBar』項目より行います。設定変更後は画面右上「Respring」より適用しましょう。
Enabled』: 機能を有効にする

【LIGHT MODE BATTIBAR COLOR(ライトモード時)】
Charged Color』: バッテリー残量が100%時の色を選択
Dead Color』: バッテリー残量が0%時の色を選択
Alpha Value』: 透明度をスライダーにて調整

【DARK MODE BATTIBAR COLOR(ダークモード時)】
Charged Color』: バッテリー残量が100%時の色を選択
Dead Color』: バッテリー残量が0%時の色を選択
Alpha Value』: 透明度をスライダーにて調整

Color only battery view』: バッテリーアイコンにのみ色変化を適用する

コメント

  1. 別記事にもコメントしたが
    cookieを全て拒否するtweakて
    どなたか知らないでしょうか

    • SafariのFLEXパッチならあったが全てのは見てないな
      r/jailbreakに質問してみれば?開発者さんが作ってくれるかも…?

      • いやー
        とても有意義な回答ありがとうございます
        聞いてみます!

        • いいってことよ

  2. 4Gとか5G通信のバンドを固定できるtweakとかってないですかね?

    • 無い

  3. WWTC2021楽しみやね!

  4. TwitterがSnsNoAds有効にしてるとタイムライン表示がされなくなりました。
    もし悩んでる方がいたら参考までに…

    早くアップデートにて対応してもらいたいですねぇ、プロモーションツイートが無いものになれるとあると煩わしくて。

    もし他にプロモーション対策アプリ知ってる方いましたら教えてください!

    • バージョンを下げて使うのは?
      私は面倒なのでアップデートしてません。どうせ広告が目障りになるし、そこまで機能の向上を求めてないので

      • 確かにそのほうが良さそうですね。

        早速試してみます!

タイトルとURLをコピーしました