RAMUnderTime – ステータスバーの時計下部に空きメモリ量を表示 [JBApp]

(0)

ステータスバーの時計下部に空きメモリ量を表示してくれる『RAMUnderTime』のご紹介。

個人的にはあまり気にしないのですが、ゲームをプレイしている方などは空きメモリ量…ちょっと気になるところかもしれません。でも、確認するのって意外と面倒…。
そこで『RAMUnderTime』では、ステータスバーに空きメモリ量を表示してくれるようになります。
ただし、更新タイミングに少し癖がありますので、この辺りについても後述いたします。

スポンサーリンク

詳細情報

RAMUnderTime

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): Ginsu
Repo(配布元): ginsu (https://ginsudev.github.io/repo/)

インストール

CydiaやSileoへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『RAMUnderTime』をインストールしましょう。

https://ginsudev.github.io/repo/

jbapp-ramundertime-2

アプリ紹介

RAMUnderTime』をインストールすると、ステータスバーに空きメモリ量を表示してくれます。
デバイスにより異なるのですが、基本的には「ステータスバーの時計下部」に空きメモリ量が表示されるように。

jbapp-ramundertime-3

更新タイミング

毎秒更新される…といった様な仕様にはなっておらず、数十秒に1回、もしくはアプリ起動時などに更新が行われます。
バッテリー的にはこちらの仕様が有利ですが、リアルタイムで常に監視したいという様な使い方は出来ないため、ご注意ください。

空きメモリ量について

また、空きメモリ量の算出方法にはいくつか種類があり、どの方法を採用しているか…で空きメモリ量が少し異なってきたりします。
そのため、例えば他のアプリと空きメモリ量が異なる…という場合がありますが、仕様です。どちらが間違えている…というわけではないため、この辺りは理解しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました